« 黒豆で納豆作りにチャレンジする(2) | トップページ | 2016年あけましておめでとうございます »

正月の年越し蕎麦の具を用意する。

もう年末です。早いです。早くてびっくりです。
そして私はともかく、嫁は仕事です。
嫁はイラストデザインとか、漫画とかの仕事をしているのですが、締め切りが1月7日とかの都合上、年越しは絵を書きながらになってしまいます。
私の方だけのんびり休むのもどうかと思い、なんだかんだで仕事をしながら年越しになるのは間違いありません。

それはともかく、年越しといえば蕎麦。
蕎麦には具が必要。
そして、ちょっと前に作った、しいたけ蕎麦がものすごく美味しかった。
となれば、作らないわけにはまいりません。

しかし、前回、収穫したしいたけの菌床は、現在、休養中。
自作の簡易恒温器で、21度前後をキープさせているところですが、ここから取り出すには、まだあと1週間は待たなければいけないはずです。
そして、取り出した後にふたたびしいたけが発生するかどうかも分かりません。

で、あるからによって、もう一個、しいたけ菌床を買いました。
買ったのが12月の26日くらい。順調に育てば、元旦にベストな状態で収穫できるはず。

Dsc_0497

購入初日はこんな感じです。
しいたけ発生を予感させる、白と茶色のイボがチャームポイント。
今回は、菌床を直接、容器に置かないでみました。
直接おくと、どうも底面が湿気過多で、ぐちゃぐちゃになりがちでした。そこで割り箸で井桁を作って、その上に配置です。

Dsc_0503

で、3日後にはこんな感じです。
栽培環境の温度ですが、夜間は11度くらいまで低下、昼間は20度前後です。
夜が寒すぎかもしれませんが、一応育ってるので、良しとしましょう。
どうでもいいけど、てっぺんに生えてるしいたけ、2身が1体化してます。

そして本日。
Dsc_0507
食べごろです!
今晩、蕎麦を作る直前に収穫してやりましょう。

いやー、よかったよかった。これで食う蕎麦、むちゃくちゃ美味いんです。

|

« 黒豆で納豆作りにチャレンジする(2) | トップページ | 2016年あけましておめでとうございます »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/98333/63234642

この記事へのトラックバック一覧です: 正月の年越し蕎麦の具を用意する。:

« 黒豆で納豆作りにチャレンジする(2) | トップページ | 2016年あけましておめでとうございます »