« 千葉の醤油サイダー | トップページ | プラネテスと宇宙強大 »

チンゲンサイを収穫だ!

我が家のベランダは、日照時間が4から5時間という、野菜栽培などには悪い環境です。
でも、その中でもきっと栽培できるものがあるに違いない。
そう思って育て続けたチンゲンサイ、今日、無事収穫できました。

20110621_182901
一株あたりの大きさはというと、市販のチンゲンサイの1/2から1/3くらい。
土には相当、気を使ったのですけれどね、日照が短いのが致命的です。
これ以上大きくならないうえに、葉が次第に黄色く枯れつつあるのをみて、ここらが限界と思い、収穫にいたったわけでした。

ちなみに土ですが、もちのすけの糞を発酵させた堆肥、通称「もち肥」を施してました。
窒素分が多めだと思うので、葉物野菜には多分最適なんだろうなと勝手に予想。
日照の悪さにも関わらず、それなりの量が収穫できましたよ。

ちなみにプランターには、チンゲンサイのほか、うまい菜というやつも植えています。
こちらはまだ収穫してません。
大きくなった葉を摘むようにして食べていこうと考えています。
20110621_182916
これらがうまい菜。
大きい葉っぱを摘んで食べていけるので、長く楽しめそうです。

さて、ここまでチンゲンサイを日当たりのやや悪い環境で育ててきたわけですが、色々と困難らしきものがありました。
大きく分けて2段階で、大変さがありました。

1.発芽した頃
発芽そのものは、良好です。チンゲンサイって発芽率はとても高いです。
土にすじを作り、種をぱらぱらと蒔いたのですが、90パーセント以上は発芽してくれました。
おかげで間引きが大変。もっと少なめに種を蒔くべきだったのかもしれません。
ちなみに、双葉が出た状態のチンゲンサイは、土を洗い落として食べてみました。
クセのないしゃきしゃきした、食べやすいカイワレダイコンといった風味がありますです。

2.本葉が出てきた頃
数十本あった芽を、概ね8本程度にまで間引きました。
この辺りから、ハモグリバエの猛攻が。
本葉に、白い筋が出てきます。その先端には、1ミリくらいの白い何かが。これ、ハモグリバエの幼虫です。
見つけ次第潰す、潰す、また潰す。でもきりがない。
仕方が無いので、ホームセンターで、ハモグリバエ対策の農薬を買って散布。
幼虫には効かないようで、主として成虫にダメージを与えるものらしい。
幼虫はともかく、成虫さえ退治できれば、その後の被害を抑えることができるはず。
というわけで、散布。
ああ無農薬とは、かくも難しいものよ。
しかしながら、これ以上の食害ダメージはなかったので、ひとまず良しとしてやりましょう。

という経緯で、今、収穫の成功と相成りました。
チンゲンサイという野菜は、プランター菜園でも入門用としては良いものなんじゃないでしょうか?
発芽は早く、育ちはよく、害虫さえ何とかすれば、美味しくいただけること間違いない!

20110621_182925
さっそく俺にも食わせろよ。

|

« 千葉の醤油サイダー | トップページ | プラネテスと宇宙強大 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 千葉の醤油サイダー | トップページ | プラネテスと宇宙強大 »