« コシアブラとコゴミとワサビを手に入れる。 | トップページ | うさぎ堆肥の成果…? »

コシアブラとコゴミの天婦羅、あと葉ワサビのしょうゆ漬け

コシアブラ、およびコゴミの、天婦羅料理の用意完了。

20110515_191621
水洗いして、ごみを除いてから、よーく水を切っておきます。
でないと油に投入した後、熱い目にあるかもしれません。

さて、コシアブラといえば、天婦羅です。
これを天婦羅にしないで、どうしろと言うのだ。
そう本能的に思うほど、天婦羅が似合う食材です。

ちなみに油の温度ですが、目安としては、菜箸を油に入れて、表面から泡が出てくるくらい。
あるいは、衣を一滴、油に落としたら、着底前に揚げ玉になって浮上してくるくらいが良いようです。その状況だとおおむね180度くらいになっているはずです。
コシアブラとコゴミ、ともに、揚げる時間は、30から40秒くらい。
それ以上だとこげ茶色になって、焦げちゃいます。

出来上がりの姿が、これ。
20110515_194439
見事な山菜天婦羅。
揚げた後、心なしか、緑鮮やかに爽やかに見えるような気がしますね。

動物性たんぱく質としては、サイボクハムのウインナーを用意。
軽くボイルして温かくしました。
20110515_195340
見た目は平凡なウインナーなんですが、そこらで買える量産品よりも味が良いですよ。

そして最後に、葉ワサビのしょうゆ漬け。
20110517_190405
これは文字通り、醤油に葉ワサビを漬けといたものです。
まず、葉わさびを水洗いします。
次に、お湯を沸かして、10秒くらい湯通し。
その後に写真くらいの長さに刻んで、醤油に入れる。
30分~1時間くらい漬けたものです。

それでは早速、夕飯!
20110515_194523
この鮮やかな、コシアブラの天婦羅。
サクっとした歯ごたえ、癖のない味。なるほど人気の天婦羅素材というわけだ。
あっという間に全部食してしまいました。

20110515_171156
コゴミは、半分くらい、湯通しして食してみました。
マヨネーズを付けて食べてみると、癖が無く食べやすい、ワラビ系の味でしたが、個人的にはワラビよりこっちの方が好きかもしれん。

20110515_195452
サイボクのウインナーは、やはりサイボクのマスタードを付けて食べる。
このマスタードがまた美味いんですよ。

こういう至福の夕食、望むときに望むだけ食べれるようになりたい。

|

« コシアブラとコゴミとワサビを手に入れる。 | トップページ | うさぎ堆肥の成果…? »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コシアブラとコゴミとワサビを手に入れる。 | トップページ | うさぎ堆肥の成果…? »