« ギョウジャニンニク! | トップページ | コシアブラとコゴミとワサビを手に入れる。 »

千葉県の沖ノ島というところ

沖ノ島なる地名は、探せば日本中どこにでもあります。
私が住んでいる千葉県にも、館山の方にあります。

ここに行くには、千葉の釣りファンなら誰もが名前を聞いたことがある「自衛隊堤防」を目指します。
そして、自衛隊堤防を横目に通り過ぎ、そのまま道なりにまっすぐ進むんです。
館山湾を右手に眺めつつ、最近整備された道路を快適に走ると、やがて見えてくるのが、これです。

20110507_134403

島というわりには地続きですが、じつはこれ関東大震災の時、海底が隆起して地続きになったんだそうです。
ちょっと前までは、「ほんとか? 何かの伝説が大げさに伝えられてるだけじゃないの?」とか思っていたわけですが、この度の東日本大震災の脅威を見るにつけ、ああなるほど、地形が変わるのも納得です。

ちなみにここ、周囲は遠浅のため、釣りに向いてそうでいて、全然向いてません。全般的に浅いんです。なので、島で釣りする人の姿はめったに見ません。
ここに行き着く途中の道が、いくらでも釣りできる広大な場所になってます。釣りするなら、島の手前の道でやりましょう。

20110507_134729
島の入り口には、地図があります。
小さい島のわりには社とかトイレとか、謎のオブジェとか色々あります。
しかしシマヘビやスズメバチを目撃したこともあり、ここでキャンプしろといわれると、正直どうでしょうかと、怖気づいたりしちゃいます。

20110507_134721
島のいたるところにクワの木が生えてます。
撮影時は、まだ熟してません。この後、実が赤くなり、そして黒くなります。
真っ黒になったときが食べごろ。採取するとき、服に汁がつかないように気をつけましょう。染まって取れなくなっちゃいますよ。
経験者は語る。

20110507_135753
島の中央部にある東屋およびトイレ。
この日は雨上がりだったので、周囲の草がずぶ濡れ。
私はいいけれど、嫁が嫌がったので、建物に接近して撮影はしてませんでした。
ちなみに周囲の藪には、マムシグサが沢山生えてます。
面白い花の形をしてるけれど、毒草ですよ。食べたくなる形ではないけれど、決して食わないようにしましょう。

20110507_135501
島を突き抜けると、謎のテーブルと椅子。ここで一服といきたいところでしたが、付近をスズメバチが飛翔してたりしたので、我々、速攻退避させて頂きました。
真正面に見えるのは館山湾の入り口ですよ。

というわけで、そもそもなんでここに足を運んだのかというと、食べれるレアな野草を探す旅をしていたからであります。
アシタバやクワの実など、ちょこっと生えていましたが、ちょっと時期的に早かったようで、収穫はいまいち。
もっとも、アシタバやクワの実は、ここ以外にもあちこちで取れるものですし、また色々と歩き回ってみようと思います。

|

« ギョウジャニンニク! | トップページ | コシアブラとコゴミとワサビを手に入れる。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギョウジャニンニク! | トップページ | コシアブラとコゴミとワサビを手に入れる。 »