« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

浅草でのんびり

今日は、じつに久々に、浅草に観光に行きました。
浅草といえばてんぷらということで、大黒屋というところが良いとか聞いたので、さっそく行ってきました。

ちなみに大黒屋のURLは
http://www.tempura.co.jp/
です。

エビ4本の天丼が1900円とかしますが、普段は50円高い安いで注文するかしないか悩んだりするところですが、今回ばかりは野暮なので値段は気にしないことにします。

とりあえず注文。

待ちます。

……けっこう待ちます。

……ひょっとして注文忘れているんじゃないかって心配になるくらい待ちます。

最初に急須でお茶貰うのですが、それが冷めるくらい待ちます。

約30分待ちます。

いい加減、心配になってきたので、
「けっこう時間かかるものなんですか?」
と、店の人に聞いてしまったくらい待ちます。

その後、出てきました。
1
たれが衣にしみこんでるらしく、黒いです。
だから大黒屋というのかな?
けっこう迫力あります。そして美味いです。
とっても美味いしボリュームあります。
今まで自分も天婦羅作ったことありますが、とてもこういう風には作れません。
何ていうんですか、今まで自分で作ってきた天婦羅は、プロにはとてもかないません。
すばらしい。

というわけで、ここは素敵な天婦羅を食べることができるお店でした。
ただし時間かかりましたです。我慢。

ちなみにその後、妙なTシャツを買って、お台場に水上バスで移動して、そしたら雨降ってきたので、適当に歩き回って帰宅したという、いたって普通の散歩になってしまいました。

たまには陸を歩き回るのもいいもんです。

| | コメント (0)

ウツボを釣った。

土日は、南西の風が強くなるとかで、ボートが出ないという連絡を頂きました。
ということは、南西が風裏になるような場所に行くしかない。
というわけで、陸から釣りをすることにしてみました。
房総半島は、釣り場が一杯ある、ように見えるんですが、全般的に浅いし、クサフグが多いので案外やりにくいような気がします。

というわけで、白浜とか館山とか、あちこちをウロウロしていました。
良いポイントを探すというのは、非常に骨が折れるものです。
あと、誰がここで何釣った、って情報を聞いて、その場所で挑戦してみても全然ダメということはよくある話です。
その場所で、釣れる釣り方というのがあるんですよね。
だから、移動するのがいいかというと、そんなわけではありません。
場所にあった釣り方を発明するのがいいと思います。
どうすれば釣れるか、それは誰にも分からんです。

というわけで、今回はどうだったか?
というと。
Dsc_0042
本当は、もっと色々釣れました。
手のひらより小さいメジナとか、10センチくらいの鯖とか。
そういうのは全てリリースです。
食べるにちょうどいいサイズのメジナが2匹。
でも、それよりも注目は、この長い奴。
みんなご存知、ウツボです。

Dsc_0041
凶悪な顔してます。
そして、けっこうぬめります。
塩ふって、よく揉んで、ぬめりをおとしてやりました。

ウツボと言えば、毒はないけれど、その鋭い歯が危険といわれてます。
実際、どんなもんなのか?
この目で見てみないとわかりませんですね。
Dsc_0043
口をあけてみました。
この顔だけでもすさまじいうえに、この鋭い歯。
これで顎の力も強力みたいだし、噛み付いてぐるぐる回転されてしまったら、大怪我間違いなしです。
危ない危ない。

で、今、とりあえずハラワタを捌いて抜いときました。
が、皮膚がずいぶん弾力あって分厚いものです。
よく磨いだ包丁じゃないと、切りにくいんじゃないかと思いますです。
どうやって食べようかと思案してますが、蒲焼がいいかな?

ところで、先週釣ったアジの干物ができました。
Dsc_0040
うまそうでしょ?

| | コメント (0)

マイ電動リールでビシアジ釣り

ええと、まず最初に告知しておきます。
今回、釣りしてる最中の写真ファイルを、誤って喪失してしまいました。なので写真無しです。
ごめんなさい。

去る日曜日、久々にビシアジやりにでかけてきました。
シマノの電動丸 1000 PLAYSを買ったけれども、いまいち活躍の機会が無かったわけでありますが、使わないと買った意味がない。
というわけで、ビシアジです。

船宿の先日の記録を見ると、トップで71匹!
最下位の5匹というのが気になりますが、こういうのは大抵、船酔いでダウンという感じです。
ここ3,4年ほど須原屋さんに通ってますが、知る限り、釣果の数字は正直です。
なので、本当につれてるか、フェイクかという心配はしなくて良いのが安心です。
最近は長浦沖、水深15メートルでやってるようで、そんな浅ければ電動じゃないほうが楽でよさそうな気もしますが、せっかくの電動だから活用しなければ。

さて、前の日が良かったからといって、翌日が良いとは限りません。
ビシアジという釣り方は、想像以上に腕の差が出てくる釣りです。
調子が悪ければ、常に誘いをかけないと食ってこない時もよくあります。そうかと思えば置き竿で十分なことも。たかがアジ、されどアジ。かなり奥が深い釣りです。

この日は長潮で、一日中、潮の流れがゆるい日です。
ということは、黙って竿を持っていても、コマセがうまく出て行きません。なので常に揺さぶりをかけてコマセを出そうという魂胆でした。
130号のビシですが、水深15メートル。オーバースペックですね。
50号くらいのライトアジビシで十分な気がしますが、ここは130号のビシの船なので、皆に従うことにしましょう。

最初の一匹目がつれたのが、午前9時くらいでした。
サイズは25センチ以下。食べて美味しいレギュラーサイズです。
付け餌としては、赤タンを針につけ、さらに、アオイソメを3センチほどの長さに切ったやつを追加します。
こうすると、アジ以外の何かが釣れる可能性も高まります。
で、実際、2匹目の釣果は25センチくらいのイシモチでした。
塩焼きが美味い魚で、これ大好きです。
アオイソメに反応したのでしょう。

で、こんな感じでポンポン釣れれば嬉しいんですけれど、そうは行かないのがこの釣り。
アタリはどんどん遠のき、極稀にイシモチが釣れる程度……
ここで船長、ポイント移動を始めます。
アジの反応を求めて、あちこち動き回るのですが、どうも良い群れに当たらないらしい。
ちょっと暑めの天気だけれど、船が動くと風が心地よい、そのうえ前の日、あんまり寝てないので、今頃眠気がさしてきた。

……で、大逆転の爆釣タイム!
が来ればよかったのですが、終始、良いとこはなく。
結果として、アジ10匹、イシモチ4匹で終了しましたとさ。

でもこの日、これはまだマシなほうで、アジ0匹というお客さんもいたから大変。
やっぱり奥が深い釣りなんだな。

| | コメント (0)

明日はビシアジ

最近、ビシアジ用に、電動リールその他もろもろを買い揃えてしまったので、ビシアジに出かけようと思っています。
干物を作る網も買いました。
じつはアジの干物は冷蔵庫でも作れるのですが、面積食うので、やっぱり網も必要だと思いまして買いました。
ところで、そろそろ、富浦でマゴチ釣りたいです。
でもせっかく買った電動リールをばんばん使いたいです。
いや、そういや中古で買ったメバル竿も1回しか使ってない。
いやいやお前、その前にAndroid用のゲーム開発中じゃないか。
とか色々あります。

じつはここ最近の忙しさと私的な精神的圧迫により、ふたたび悪夢のメニエール症が勃発しかけてました。どうにか回復したけれど、ぐるぐる目が回るのは最悪です。

ここは一発リフレッシュということで、ビシアジ釣りに出かけることにしましたです。

ところで、こんなの見つけましたが……。好きかもしれん。

| | コメント (0)

ハクビシン

さっき家に帰ってきたんですけれど、途中でハクビシンがうろうろしてました。
船橋にもいるんだなあ。

いや、それだけなんですけどね。

精神的と体力的にずいぶん疲弊している今日この頃です。

| | コメント (2)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »