« 須原屋でビシアジに行って来た20091220のダイジェスト | トップページ | クリスマスのケーキ »

須原屋のビシアジ乗合い編 サバ避けのお守りは無い

さて、先日。日曜日のことでした。
しばらくビシアジやってないので、ビシアジ乗合いに出かけてきたのです。
アジって良いですよね。
刺身は美味い。焼いても最高。なめろう美味しい。干してもいけるぞ。

ところで最近、須原屋では最近、タチウオ~アジのリレー船が始まりました。
しかし、不詳私、電動リールその他を持っておりません。
というわけで、一式欲しいです。はい。
須原屋では、電動リールおよび竿一式を借りて、釣りしてるわけです。
もう何十回、借りたことでしょう。
いいかげんに新しいのを買ったほうがいいんじゃないかって思うんです。
そのうち一式買うぞ。
うん。

さて、この日は船は金谷沖まで直行。
西風が強くて、うねりが凄くて、ものすごくやりにくい一日の始まりでした。

1
東京湾の場合、富士山がきれいに見える時は西風が強くて大変です。
おまけに金谷沖まで来てみると、風は南西になっております。
東京湾を地図で見ると分かりやすいんですけれど、南西が吹くと、うねりがもろに押し寄せてきます。
金谷のあたりは直撃コース。山というか壁みたいな波が押し寄せてくるのであった。

しかし、潮が動いているせいか、第一投から入れ食い。

サバが。

一投目から待つこと7秒。2本針にダブルでサバ。しかも40センチ級ですよ。
ゴマサバとマサバが4対6くらい。
引きだけはすばらしいぞ。

ちなみに、このポイントの水深は70メートルくらい。
アジは底から3メートルの辺りくらいにいるらしい。
仕掛けがそこまで到達してくれればアジ釣りのチャンスはあるのですがね。
行く前にサバが食ってきちゃいます。
酷いときには、水深15メートルのあたりで食われますよ。
あんまりなので、仕掛けに付け餌をやめました。
でも食ってきます。
ならば、と思い、発光ビーズも取りはずし。
しかしサバ、ものすごい食い意地です。食ってきます。
針が2本あるのがいけないんだと思い、一本針にしてみました。
やはりサバです。
ビシにコマセが入っているのがいけないんだと思い、コマセ抜き。
それでもサバです。
凄い。
最初に5匹釣れた後、次々とリリースしましたが……
全部あわせたら、平気で50は突破していたと思います。
たまにアジも食ってきますが、なんか取り込みの段階で、サバがぐるぐる回って、アジを振り切っちゃうんですね。
憎たらしいぞサバ。

というわけで、聞いてみました。

Q:「サバ避けのお守りはありますか?」
A:「ない」

以上です。
2
それで、アジだけは一応確保。
午前中は2匹だけですかい。

ちなみにサバは、この時点で40前後は釣れていた。
5匹はキープしたけれど、それ以外全部リリース。
出荷するほど釣れました。

その後、天候悪化につき、船は風裏、観音崎の方面に移動しました。
こっちに来て見ると、あれあれ、ものすごい数の大船団。
タチウオとかイシモチとかアジとかの船です。
みんな風裏を求めて移動してきたんですね。

ところで、ここに移動してきたら、全くつれん。
ちょうど潮どまりだったということもあるんですけれど、本っ当に、アタリが無い。

というわけで。

いかにして電動リールを買う許可を得ようかとか、色々と雑談をしていたわけです。
小さいアジが釣れたら、泳がせ釣りやって大物狙おうとか言っていたけれど、残念。
最後に、40センチに迫る大アジがつれましたが、その後が続かない。
最終的な釣果は、なんとアジ3匹ときたもんだ。

船中3位。ただし下から数えて。
3_2

最終的には、この日の釣果はこんな感じでした。
アジ3匹(うち1匹は40センチくらい)
サバ5匹(うち50くらいリリース)

この日の晩御飯は、当然、これだ。
4
アジの刺身!

5
サバの味噌煮!

このサバの味噌煮が最高なんですよ。脂が乗ってて最高に美味い。
お世辞抜きで、今まで食ってきたサバの味噌煮の中では最高級の味です。
濃厚なうまみが、ぶわっと口の中で広がって最高です。

冬は魚が美味しいので、また行くぞ。
次は電動リール買って行きたいな。

|

« 須原屋でビシアジに行って来た20091220のダイジェスト | トップページ | クリスマスのケーキ »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 須原屋でビシアジに行って来た20091220のダイジェスト | トップページ | クリスマスのケーキ »