« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

カレー研究会の忘年会

どうもこうも、色々と疲労など溜まってしまって、今週は釣り休みました。
土日は、嫁が午前中、パートに出ていて居ないので、一人で居ることになります。

いや、うさぎも一匹いたか。

一人で家にいてもですね、どうも落ち着かないんです。
仕事がコンピュータいじって色々と物造りしてるわけですから、休みの日まで家に居て、キーボードたたきたいとか思って無いです。

で、昔は誰かのところに遊びに行ったりしてたんですが、どうも周りが結婚したりして家庭持ったりすると、そういう機会も非常に少なくなり……

仕方がないからレンタルビデオ屋とか行ってみて、何か面白いの借りてみるわけです。
でも、借りたDVD見るのは自宅じゃないですか。
40インチのテレビがあるのは素敵ですけど、見終わった後の妙な空しさが何だか嫌なんですね。
夜なら空しさって、それほどでも無いんですけれど、昼だと外の明るさがねえ。

土日、午前中が嫁さんの仕事時間なので、釣りに一緒に行くのは難しいんですね。
なので、午後にどっか行くしかないなっと。

というわけで、当研究会は、忘年会として、そこらへんで飲んだりカラオケ行ったりしようかなと考えてます。
参加メンバー。
俺と嫁。

| | コメント (0)

クリスマスのケーキ

クリスマスイブには一日早いですが、本日、クリスマスケーキ頂きました。
嫁の自作です。
1

貴重なうえに美味いです。

そして今年のクリスマスプレゼントは、電動リールを買うにあたって特に文句を言わないで済む権利です。

嬉しいヽ(´▽`)/

| | コメント (0)

須原屋のビシアジ乗合い編 サバ避けのお守りは無い

さて、先日。日曜日のことでした。
しばらくビシアジやってないので、ビシアジ乗合いに出かけてきたのです。
アジって良いですよね。
刺身は美味い。焼いても最高。なめろう美味しい。干してもいけるぞ。

ところで最近、須原屋では最近、タチウオ~アジのリレー船が始まりました。
しかし、不詳私、電動リールその他を持っておりません。
というわけで、一式欲しいです。はい。
須原屋では、電動リールおよび竿一式を借りて、釣りしてるわけです。
もう何十回、借りたことでしょう。
いいかげんに新しいのを買ったほうがいいんじゃないかって思うんです。
そのうち一式買うぞ。
うん。

さて、この日は船は金谷沖まで直行。
西風が強くて、うねりが凄くて、ものすごくやりにくい一日の始まりでした。

1
東京湾の場合、富士山がきれいに見える時は西風が強くて大変です。
おまけに金谷沖まで来てみると、風は南西になっております。
東京湾を地図で見ると分かりやすいんですけれど、南西が吹くと、うねりがもろに押し寄せてきます。
金谷のあたりは直撃コース。山というか壁みたいな波が押し寄せてくるのであった。

しかし、潮が動いているせいか、第一投から入れ食い。

サバが。

一投目から待つこと7秒。2本針にダブルでサバ。しかも40センチ級ですよ。
ゴマサバとマサバが4対6くらい。
引きだけはすばらしいぞ。

ちなみに、このポイントの水深は70メートルくらい。
アジは底から3メートルの辺りくらいにいるらしい。
仕掛けがそこまで到達してくれればアジ釣りのチャンスはあるのですがね。
行く前にサバが食ってきちゃいます。
酷いときには、水深15メートルのあたりで食われますよ。
あんまりなので、仕掛けに付け餌をやめました。
でも食ってきます。
ならば、と思い、発光ビーズも取りはずし。
しかしサバ、ものすごい食い意地です。食ってきます。
針が2本あるのがいけないんだと思い、一本針にしてみました。
やはりサバです。
ビシにコマセが入っているのがいけないんだと思い、コマセ抜き。
それでもサバです。
凄い。
最初に5匹釣れた後、次々とリリースしましたが……
全部あわせたら、平気で50は突破していたと思います。
たまにアジも食ってきますが、なんか取り込みの段階で、サバがぐるぐる回って、アジを振り切っちゃうんですね。
憎たらしいぞサバ。

というわけで、聞いてみました。

Q:「サバ避けのお守りはありますか?」
A:「ない」

以上です。
2
それで、アジだけは一応確保。
午前中は2匹だけですかい。

ちなみにサバは、この時点で40前後は釣れていた。
5匹はキープしたけれど、それ以外全部リリース。
出荷するほど釣れました。

その後、天候悪化につき、船は風裏、観音崎の方面に移動しました。
こっちに来て見ると、あれあれ、ものすごい数の大船団。
タチウオとかイシモチとかアジとかの船です。
みんな風裏を求めて移動してきたんですね。

ところで、ここに移動してきたら、全くつれん。
ちょうど潮どまりだったということもあるんですけれど、本っ当に、アタリが無い。

というわけで。

いかにして電動リールを買う許可を得ようかとか、色々と雑談をしていたわけです。
小さいアジが釣れたら、泳がせ釣りやって大物狙おうとか言っていたけれど、残念。
最後に、40センチに迫る大アジがつれましたが、その後が続かない。
最終的な釣果は、なんとアジ3匹ときたもんだ。

船中3位。ただし下から数えて。
3_2

最終的には、この日の釣果はこんな感じでした。
アジ3匹(うち1匹は40センチくらい)
サバ5匹(うち50くらいリリース)

この日の晩御飯は、当然、これだ。
4
アジの刺身!

5
サバの味噌煮!

このサバの味噌煮が最高なんですよ。脂が乗ってて最高に美味い。
お世辞抜きで、今まで食ってきたサバの味噌煮の中では最高級の味です。
濃厚なうまみが、ぶわっと口の中で広がって最高です。

冬は魚が美味しいので、また行くぞ。
次は電動リール買って行きたいな。

| | コメント (0)

須原屋でビシアジに行って来た20091220のダイジェスト

ご覧の皆様、いつもお世話になります。
先週は一週間通して、体調悪く、胃炎になってダウンしたり苦しい思いをしていました。
それも、どうにか治ってきたようで、本日は須原屋のビシアジ乗合いに行ってきました。

……

南西の風、凄いです。
サバ入れ食いです。
聞いてみたところ、サバ避けのお守りは、存在しないそうです。
アジつりたくてもサバ邪魔です。

といったところで。
本編は近日中に書きます。たぶん、明日か明後日です。

| | コメント (0)

12/06、嫁の制止を振り切って、カワハギ釣り

先週のカワハギ釣りが消化不良だったので、今回もまたカワハギ釣りに出かけることにしました。
ちなみに、二週連続で釣りに行くとは何事か、と嫁に言われましたが……

1
来ちゃった。

そんなわけで、ここに来たなら言い訳無用。
後はアサリを付けて投下する意外に手はありません。

先週と違って、本日はほぼ無風。
波もほとんどありません。
付近を大型船が通過したときだけ、多きく揺さぶられますが、基本的には凪です。

問題は、先週も激しかった餌取りのトラギス。
本日はと言うと、やっぱり入れ食いです。
いつもなら、厄介な餌取りなのですが、今回は、トラギス天ぷらも作りたいので30ばかり捕獲して持ち帰ることにします。
トラギス天ぷらは、かなり美味しいです。
釣り方は簡単。
錘が着底したら、そのまま糸フケを取って待つか、あるいはたるませて数秒待ち、空アワセしましょう。10秒以内に食ってきます。
10~30秒過ぎてもアタリがなければ、それはすでに食い逃げされています。
しかし、3本針の仕掛けを使っているならば、一番上の針だけは餌が残ってる可能性があります。そこにカワハギが食ってくるのを待つ手もありますが……
大抵、3つ目も何者かに食い逃げされてしまいます。ううう……

で、今回は色々とパターンを探ることからはじめてみました。
下に落とすとトラギスが食ってくるので、底から50~100cmほど、錘を浮かせてみようという事です。
さらに、錘が宙に浮いた状態でタタキを入れてみるとか、とにかく色々と動かしてみることにしました。

とりあえず、底から1メートル切った状態で待機。
うん、アタリらしきものなし。
そこで竿をぐーっと持ち上げて、タタキを入れながら下に落としていく。
そして止めて待つ。
を、何十回も繰り返してみました。

護衛艦が時々通過するので、ばっちり撮影しときます。
2
これは、はつゆき型の護衛艦。84年に就役した型です。
SH-60Jヘリコプターを1機搭載可能なのですが、格納庫の中には見えませんでした。
いつも搭載してるわけではないんでしょうかね。

ちなみにこの写真を撮影する前に、逆光の状態でも一枚撮ってみました。
(DocomoのHT-03Aのカメラによる撮影)
そしたら、こうなりました。
3
ほぼ同じ時間の撮影なんですけれどね、まるで夕日の海です。
HT-03Aのカメラは逆光だと赤が強調される癖でもあるんでしょうか。

今日に関して言うと、午前中は、この作戦は概ね当たっていたように思えます。
午前中は、これで3匹のカワハギを釣り上げることに成功しました。
錘が50から100センチ浮いてる状態でのアタリは、ほぼカワハギのものだと思って間違いないようです。
4_2

ところが午後になると、宙に浮いた状態でのアタリがほぼなし。
タナが変わったのでしょう。さらに上かと思って、1.5メートル、2メートルとあげてみたものの、やはりアタリなし。
残るタナは底のみ。
ということは、トラギスの猛攻を回避できない領域に突入しなければなりません。
アタリがあれば、まだ餌取られたって分かりやすいからいいのですけれど、アタリも無いのに餌だけ取っていかれるケースが多発して、非常にやりにくいことこの上ありません。
もはや自分にできる事は、空アワセを連発して、偶然に引っかかるケースを期待する事。それ以外に手が無い!

でも、トラギス10かかるうち、1匹くらいはカワハギが来るものでして、さらに3匹追加し、本日の合計はカワハギ6匹。トラギスは30以上。
5
こうしてみると、ゴージャスな食材ですね。
カワハギの肝は、なかなか食えない食材です。まず売ってないし。
釣ってきた人だけが味わえる特権がカワハギの肝です。
食えると幸せです。

| | コメント (4)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »