« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

須原屋でトラギ……じゃなくてカワハギ釣りに言ってきた本編

トラギスって美味しいですよね。
てんぷらにすると、シロギスよりも美味しいですよね。
実際問題、カワハギ釣りの乗り合い船に乗ると、ベラとトラギスを大量に釣ってしまいますよね。
というわけで、土曜日は、須原屋さんで、カワハギ乗り合い船に乗ってきました。

私、カワハギ釣るのはたぶん下手です。カワハギの顔は見れましたが、トラギスの顔は、もっともっと沢山見ました。
だから今回は、トラギス釣りしてきた気分になってます。
……なんだか悔しいのう。

ちなみにこの日、私のブログを見てくださっている方々も同乗していました。
(一応、プライバシーの問題があると思うので名前はひかえておきます)
ここを見ていますと言われると、小生の書いた物が多少なりとも役に立っているようで嬉しいものです。
しかし私、単に釣りが好きなことは好きですが、このカワハギ釣りだけはいまいち苦手で、アドバイスなどできる訳も無く申し訳ないです。ていうかアドバイス欲しいくらいです。せっかく買った釣竿が泣いちゃう(;;;´Д`)

さて、土曜日の天気は、前半は潮が動いて北風。
船がポイントに到着するとそこそこ強めの北風です。白波が多少立ってます。
しかし、東京湾の北風というのは、そのうち止む風です。多少強くても、いずれはおさまるので、わりと安心できます。
逆に南西風は大変です。まずおさまらない上に、波が高くなって大変危険です。
なので南西の風の予報のときは、あまり東京湾には出ないほうがいいと思います。

そんなわけで、確かに午前中は風が強かったのですが、我慢できない程じゃあありません。
それよりも潮がよく動くので、あたりが頻繁にあって楽しいです。

まあほとんどトラギスなんですけれど……

ベラとトラギスを5,6ばかり釣り上げた後、わずかにアタリがあり、
「どうせまたトラギス……」
と思ってあげてみると、
1
本命きた!!
まあ、見てのとおり極小サイズなんですけれどね。
生意気にも肝が入ってるのがわかると思います。
食えるところなんて少ないので、当然リリース。

思えば、一番最初にこれが釣れたという時点で、この日の運命は決まっていたということか。
その後、あがるのはすべてトラギス。
仕掛けが海底に着いたら、すぐに上げないと外道が食ってくる、というのは知っているのですけれどね。1メートルくらいタナ切っても、トラギス食ってくるんです。
這わせて釣ると、やっぱりトラギス。
そして、稀にカワハギときたもんだ。

目の前を通り過ぎるのは、海上自衛隊のむらさめ。
イージス艦の姿よりも、こういう一般の護衛艦のスタイルって結構好きです。
2

で、撮影しているために置き竿にして、再び竿を手に取ると、アタリ。
もちろんトラギス。
……

それが、この一日のすべてだったということです。
外道を回避してカワハギだけ釣るテクニックが欲しい!
と思って調べていたら、
http://fishing.shimano.co.jp/fishing/report/takahashi/29.html
こういうのを発見しました。
実際問題、やってみてもうまくいくかどうかは微妙なところと思いますが、ともかく、次、試してみようかなあと。

というわけで晩御飯。
食材は、もちろんこれ。
3
トラギスいっぱい、約30匹。
カワハギは3枚(リリース除く)。

これらを料理にかかります。
まずカワハギは、すべて捌いて肝を取り出します。
うちの一匹は肝と一緒に煮付けます。
4
ほら美味しそう。
肉離れがよくて大変美味しい味わいです。
肝もまた絶品。これが一番好きな食べ方ですね。

続いてトラギスです。
これはてんぷらにするのが最高だと思います。
捌き方はシロギスと一緒で、開いて頭を落として、中骨取って。
ただしシロギスと違って皮が固め(というか粘るというか)なので、よく磨いだ包丁で捌きましょう。でないと身がぐずぐずになってしまうかもしれません。
後は衣をつけて、180度の油で約90秒ほど揚げます。
5
どうでしょう。いかにも美味そうな予感がしませんか?

今回は、切り取った中骨を素揚げにして、骨せんべいをつくってみました。
トラギスの骨で骨せんべいができるかどうかはわからなかったので、実験開始してみたという次第です。
骨せんべいの作り方は簡単で、中骨を180度の油に投入することです。
最初は、じゅわーっ、と泡が大量に出てきます。
そのうち骨は浮上してきて、さらに待つと、泡も出てこなくなります。
そうなったら油から上げましょう。
6
これが骨せんべい。
その食感は、美味い! の一言です。
香ばしいうえに、奥深い甘さがあって、箸が止まらなくなりますよん。
トラギスのてんぷらそのものも、奥深い甘さがあるという点では共通です。
シロギスよりも味が深いのです。

というわけで、トラギスはリリースしないで持って帰ってきて、てんぷらにしましょう。
大好評ですよ。

7
次はカワハギ? それともアジ釣りに行く?

| | コメント (3)

11/28 須原屋でトラギス釣りダイジェスト……

本日、いつもおなじみの須原屋さんにて、トラギス釣りをやってきました。
(;;;´Д`)カワハギは外道です。
本編は後ほどアップします。
今、恐ろしく眠いです。
あと、夜なので、もちのすけがウルサイです。
俺を寝させてくれよう。




| | コメント (0)

40インチのテレビを買った!

11年使ってきたテレビが、ついに壊れました。
ブラウン管が壊れて、映像が出てこない!
横一直線の線が表示されるのみ……
音声だけしか出てこない!

というわけで、テレビ買い替えすることになりました。
個人的にはシャープが好きなので、シャープのAQUOSに。
部屋の面積で考えると、40インチが限界か……
というわけで。
1
おお。
でかい。
さっそく、レンタルビデオで借りてきた「装甲騎兵ボトムズ」を見ます。
おおお。
地獄を見れば、心が乾く。
すげええ。

2
すげえええ。

| | コメント (2)

嵐のカワハギ釣り

ちょっと前にカワハギ専用竿を買ったことだし、天気も良いので、カワハギ船に乗ろうと思ったのは、土曜の19:00の事でした。
場所はもちろん、いつもの須原屋です。
というか、乗合い船に関して言うと須原屋にしか行った事ありません……

ところで気になったのは、天気。
土曜はかなりの強風でカワハギ釣りなんてできなかったぽいのです。
日曜はどうか?
予報では、凪になるような事を言ってました。
ただ風の予報が、西南西の強いのになってる気がするのですが……
あと、自分的な予想からしても、7割くらいの確率で強風になりそうな気がしてたのですが……

人間、こういう時は、理屈より願望に賭けたがるものです。
で、願望に賭けてしまった自分だったのでした。
須原屋に、「カワハギ1名予約お願いします!」と電話をかけてしまったのでした。

翌日、AM07:00。
1
これは旧江戸側の東西線の橋。
いい天気じゃないですか。風なんて吹いてないじゃないですか。
実に久々に好調な釣りを迎える予感がするじゃないですか。

それが、あんなことになるなんて。

で、船は一路、南下するわけです。
ところが富津岬にさしかかったあたりで、どうも海の様子が……
やたら白波たってるし。
それに風が、急に強くなってきたとくる。
ひょっとして、今日は駄目なんじゃないか、と嫌な予感。
でも船は引き返す様子は無いのでした。
たぶん、カワハギのポイントは、波が落ち着いてるんじゃないかとか思ってまして、その予想は概ね的中してました。

ポイント到着すると、よその船宿のカワハギ船が7隻ほどいます。
波風高めなのですが、無理ってほどじゃない。
AM08:30頃、仕掛けのセットが終わり、釣り開始です。

投入直後、すぐに鋭い当たり、が、3発。
餌、瞬殺です。
鈍いアタリではなく、鋭いアタリというのがカワハギっぽい予感を感じさせます。
再び仕掛け投入。
今度は、一息遅れてアワセを入れる……、と、ゴゴゴッツと叩くようなアタリが。
うまいこと乗ってくれたようで、巻き上げてみると、25センチの立派なカワハギ!
2
いや、良かった!!
これを釣る為にきたのであって、トラギスやベラはお呼びではないのです。
開始5分でこの快挙!
ほかのお客さんも、
「今日は波高いけど、食いが良いっぽいからいけそうだ!」
と希望がわきあがります。
船中テンションが高くなった、ちょうどその頃。
波風も同時に高くなってきたのでした。うう。

3
こんな感じですよ。
これ、船に座ってまっすぐ撮影したんですけれどね。
水平線が右に傾いてますよね。
つまり船が傾いているんですよね。
4
一面、こんな感じです。
たぶん、私の席から海面までは1.5メートルくらいあるんですけれど、
海面が席より高くなる瞬間があったりします。
もう気分はジェットコースター。
足の裏が両方とも宙に浮く場面もあったり、いろんな意味でドキドキです。

こういう場面で、ダメ押しにカサゴ一匹釣り上げることができたのは、奇跡といっても良いんじゃないでしょうか?

結局、釣りにならんし、がんばって釣りしても外道一匹すら掛からなくなってきたしで、船は12:00に沖上がり。
安全第一です。

というわけで、本日の成績。
5
カワハギ、カサゴ、1匹づつ。

まあジェットコースターと釣りをいっぺんに楽しんできたと思えば。
これほどゴージャスな一日を楽しめる機会など、なかなかありませんよ。

| | コメント (0)

カップ麺とシュークリーム

シュークリーム貰いました。
とってもうれしいです。
でも食べ方に、一つの制約が入りました。

カップ麺に乗っけて食いなさい。
後で写真撮りなさい。
そして感想を言いなさい。

なんてむごい。
そう思いました。

1
とりあえず悩みました。

2
3分悩んでいたら、通常の麺の方が完成してしまいました。
次はシュークリームですが。

本当に入れていいんかいな?

でもこれは指令なのです。

ええい。

3
間違って落としたわけじゃないんです。
事故ではないんです。
入れたんです。この手で。
ううう。

で、感想。


うまい。
でも、なんだろう、この悔しさは。
ともかく、濃厚な味になりました。
濃厚すぎる気もします。もうちょっと混ぜ混ぜしたほうがいいかもしれません。

次はカレー味で勝負か……

| | コメント (0)

つりボートおきむらさんで、(たぶん)今年最後のボートカワハギ

色々と忙しい時期で、なんとなく鬱になる気持ちがわかる今日この頃。
精神状態を健全に保つために、自分ができることは何であろうかというと、それはずばり、海に出ることだったりします。
洋上に出て釣りすれば、気分が晴れる!
さあ海へ行こう!

というわけで、カワハギ釣りに出かけることにしました。
実は先週、新しいカワハギ竿とベイトリールを買ってきたのです。
新しいというか、タックルベリーで売ってた中古の竿ですけれど。
なお、新しい道具を買うということは、不漁の言い訳を、道具のせいにできなくなるという副作用もあります。

そして本日……
1
予約を入れる時期がちと遅かったので、イケス無しの小型のボートになりました。
ですが、小型ゆえに移動が楽です。反面、イケス付きボートに比べて横揺れがやや大きくなります。
あとエアポンプ付きのバケツがあるので、イケスが無くても特に問題にはなりませんです。
ボート釣りに行く際には、当然ながら、クッションが利いた椅子など無いので、座布団になるものを持っていく必要があります。

さて、釣り開始ですが……
序盤から、奪われまくるアサリ。
アタリはかすかにあるのですが、ヒットしません。やはり難しい。
仕掛けを投下し、糸ふけをとり、2,3秒ほど経過すると、ピピッという感覚が伝わってくるのですが……
それが3回続くと、アサリ3つが消失しているという感じ。
正直言って、どうすりゃいいのか分かりません。
空アワセを何度も入れてれば、運がよければ引っかかるかもしれない。と思って、シャカシャカ竿を上下に動かしてたら、ヒット!

2
……で、これ。
カワハギはカワハギですが、小さい。
5,6センチくらい?
生意気なことに、このサイズでも肝がパンパンに膨れ上がってます。
当然リリース。

本日、ほとんどの場面でこういう状況が繰り広げられるとは。

ともかく、カワハギはいるのです。
ならば大きいのが来るまでがんばって釣ろうじゃないか。
ベラもトラギスもチビカワハギも元気なことだし、でっかいカワハギだって元気なはず。そうだろう?
で、似たようなポイントで粘り、時刻は11:30頃。
西風が強くなってきたので、ボート屋さんの判断で沖上がり。

3
可食サイズのカワハギが3、あとでっかいトラギス1、針を飲んでしまったベラ1。
これがすべてなのよね。ぐうう。

4
風のせいだよ。腕のせいじゃないんだよ。そう信じて現実逃避しようじゃないか。うん。
ていうか気分転換のつもりが、かえってストレス溜まってないかい?
文句は天気に言うしかないよね。

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »