« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

喘息は辛い

自慢じゃないのですが、自慢できるはずもないのですが、実は小学生の頃に気管支喘息やってました。
今も、秋から冬に変わる際には、一週間ほど呼吸が苦しくなります。
気管がぐっと締まってしまうので、息を吸うのに力が要ります。

どうでもいいけど、北斗神拳に喘破という秘孔があって、これにやられたゲイラ様が、息が吐けるけど吸えない状態になり死亡しました。

そういう感覚は、わからんでも無いです。
というわけで、さっさと寝たいのですが横になると多少苦しくなるので悩みどころです。

調子が上がらなくて関係者各位にご迷惑おかけしている事を、心からお詫び申し上げます。
機嫌が悪いみたいに見えるらしいんです。そんなことはないです。申し訳ありません。

1
隠れたつもり。

| | コメント (0)

私はFalcomの「英雄伝説5」が好きなのであった

最近、何年か前に購入した、Falcomの「英雄伝説5」のCD-ROMが出てきたので、久しぶりにプレイしてみてます。
実は私、けっこうFalcomのゲームが好きです。
PC-8801MRでYs、Ys2、Ys3をプレイして、ドラゴンスレイヤー英雄伝説1,2、ダイナソア、そしてぽっぷるメイルなどで遊んでました。
それからしばらくの間、ゲーム自体をやってなかったのですけれど、たまたま英雄伝説5を買ってみたんですね。
3も4も遊んで無いのに5です。
買ってから気づいたのですが、当時、Windowsには英雄伝説3は出ていて、4はまだ出ていなく、5が発売されて間もないという状況だったようでした。

ともかく遊んでみたのですが、これが以外に気に入りました。
3Dグラフィックスではない、2Dのグラフィック。派手さこそ、それほど無い。内容的には、一つのストーリーにそって展開してゆくオーソドックスなスタイル。
音楽が良いです。全般的に好きですこの作品。物語そのものと音楽が良いです。

昔プレイしたゲームで、話の展開も分かっているにもかかわらず、再び遊んでしまいたくなるこの気持ち。
読み終えた小説を、再び読み返したくなる気分と同じです。
そういうゲームって良いじゃないですか。

そんなわけで、今日もまた、1日1時間程度のプレイをしているのでありました。

| | コメント (2)

須原屋でカワハギ船に乗ってきた……だけ……

さすがに大人気のカワハギ釣り。
行きつけの船宿、須原屋さんでは24日に開幕しました。
別の船宿よりも2,3週間ほど遅れての開幕になりましたが、その理由は、イイダコ等が絶好調だったりしていたからとか。
あとカワハギの釣果で、他の船宿でも活気づいてきたからとか。
とにかく良く釣れるタイミングで開幕となったわけです。
で、開幕なので早速行って来ました。
そしたら満席。想像を絶する大活況だったわけです。
私も釣れました。

トラギスが。
1

しかも途中で雨降ってきました。
2
天気予報が外れたわけです。
寒いって。ぐぐぐ。

というわけで、釣果は聞かないでください。
いつに無く文章が投げやりなのも、調子が振るわなかったためです。
満員というか人多すぎだと釣りにくいので、また今度、タイミングを見計らって出発することにしましょう。

……そんなんばっかりだと暗いので、明るい話題も出すか。
ベランダでサルナシを栽培していて、けっこうたくさん実がついたのです。
で、収穫したのを追熟させといて、食べごろになってきました。
3
親指の第一関節くらいの大きさのキウイだと思ってください。
こんな風に皺がよってきて、ぶよぶよな指ざわりになってきたときが食べごろですよ。
皮が酸っぱくて、果肉は甘いですよ。

あと、Docomoから出ているAndroid携帯のHT-03A、アップデートが始まってますよ。
バージョン1.6になって、有償のソフトも買えるっぽいですよ。
ただ、一斉アップデートではなく、順次アップデートらしいので、私のところにはまだアップデート来てないなあ。
発売日初日に購入したんだし、優先してアップデートするくらい気の利いたことしてくれてもよさそうなもんだけどなあ。

| | コメント (0)

富津新港で久々に釣りをする

去る日曜日、ちょこっと富津新港に釣りに行ってみました。
富津新港と言えば、広大な釣り場で、それゆえに場所の選択がわりと自由なのが魅力です。
ただし、広いゆえに荷物を担いでの移動が、少々面倒な場所でもあります。

普段はボートや釣り船に乗ってるわけですが、たまには陸から釣りしたくなるのです。
ウキ使った釣りって、楽しいじゃないですか。
じっくりウキを眺めていて、そいつがスパッと水中に消しこむ姿を見て、ほれ来た、と合わせを入れる。
すると餌だけ取られてるパターンが結構多いんですが……
で、たまに糸が変に絡んでイライラすると。
そして根掛かりして仕掛けロストしてイライラすると。
そうかと思えば、クサフグがかかってきてムカムカすると。
そんな苦行を乗り越えて、たまにレギュラーサイズの獲物が釣れたりして満足すると。
そういう庶民的な部分がいいんじゃないですか。

で、富津新港は初心者には最適かというと、必ずしもそうでないような気がする場所です。トイレまで微妙に遠いし、自販機ないし。
初心者の人は、江戸川放水路でハゼ釣りするのが一番いいんじゃないかと思います。あそこはトイレ近いし、周辺に自販機あるところもあるし。
でも、富津新港には、ハゼ以外の魚が釣れるという魅力もあります。

というわけで、早速言ってきた次第なんですが……
1
良い天気です。
でも人多し。
うーん。

ここは、沖に突き出ている堤防と、あと船が停泊している水深が深い部分の2箇所があります。
写真は、船が停泊している水深が深いところです。
この辺の海底は泥になっているようで、はぜとかキスとかメゴチとかつれます。
ちなみに壁際にはウミタナゴ、ただし6センチ前後の奴が大量に沸いていて、餌あっという間に取られてしまうのでした。

仕方が無いので、荷物をかついで、沖に突き出ている方の堤防に、えっちらおっちら歩いていくことにしました。
そっちは、ゴロタ石に海草が生えているという、いかにも根魚狙いポイント的な場所になります。
実際、アイナメとか釣れます。
が、この日は、どこもかしこもウミタナゴだらけ。
干潮になると、海底が透けて見えるのですが……
仕掛けを投入すると、わっとウミタナゴが寄ってきます。そしてもみくちゃにして、餌だけ持っていってしまうんですね。
ならば、ウキはやめて、錘付けて底狙い。

すると、今度はベラの猛攻。細長い姿が、餌に向かって集結してくるのが良く見えるんですよ、はい。
ただ、この日に釣れて来たのはキュウセンベラ。同じベラでも、これは美味しい。
よってサイズがちょうどよさそうなのだけ3匹ほどキープです。

午前6時から10時までの成績が、すべてこれ。
ウミタナゴとキュウセンベラのみ。
よって、載せる写真を撮る気もないまま、家に帰ってきたのでありました。

ベランダ見たら、3日前にまいたはつか大根の芽が生えてきてたのでした。
3
これと魚で美味い料理作るんだ。

| | コメント (0)

台風通過二日後、ボートでカワハギ釣り

久々に強烈な台風18号のおかげで、電車は止まるわ何やらでした。
一方、海の方はというと、これまたすさまじい荒れっぷりだったそうです。
何でも、地元に戦前から住んでる年配の人でも、こんな凄い荒れっぷりは見たことが無いと言わしめた勢いだったそうで。

そういう荒れた二日後の海は、果たしてどんなもんなのか?
荒れ後の荒食いとなるか?
それとも、まだ荒食いな状況には至らないか?
そんな微妙なタイミングで、洋上に出発することになりました。
狙いは、ちょうど今がベストシーズンなカワハギです。

が。

海の様子が、ちと怪しい。
ベタ凪で良いんですけれど、色が薄茶色。
海底の砂が舞い上がっちゃって、要するに濁りが入っちゃってるんですよね。
カワハギに濁りってどうなんだろう。

そんな疑問の答えが、この時に出ました。
1
すんごい良い天気なんですけれどね。
写真じゃよく分からないんですが、実際には濁りが入ってます。

まず、典型的なカワハギ仕掛けにアサリを付けて、投入。
いつもならば、しばらくすると、何らかのアタリが来るものなんですけれど……
来ない。
仕掛けを上げてみても、アサリが食われてる様子も無し。
そのまま20分ほど粘るものの、根掛かり以外に抵抗を感じられるもの何もなし。

仕方がないので、場所移動。
アンカーをあげて、漕いで、アンカーをおろす。
ポイントにとどまりたいので、流し釣りではなく、アンカーは必ず下ろすことにします。

根際の砂地に移動してみたものの、ここでもやはり、アタリはなし。
台風の影響が、海中にどんな現象をもたらしているのかが分からないのですが、開始1時間たっても一匹も釣れない。ボート釣りにあるまじき状況です。
台風で魚が散ってしまって、まだ戻ってきて無いとか、そんな嫌な予感が。それほどまでに釣れないのでした。
かと言って、カワハギ専門でやるつもりでしたので、アサリ以外の餌は持ち合わせておらず、したがって釣り物を変更することができません。
こうなれば、まずはベラだろうがトラギスだろうが構わないから、とにかくアタリを感じられるところを探すことです。

で、散々移動しまくって、午前8時。かすかなアタリと共に、アサリが無くなる現象が2度ほど発生。
これは、と思い、今度は神経を集中して仕掛け投下。
で、アタリがあったので即合わせ。
すると、ガガガっと強烈なアタリが来た!
あがってみたら、26センチの良い型のカワハギでした。

だが後が続かず、その後もポイントを転々とする羽目に。
ポイントを転々と、と言えば簡単に聞こえるのですが、移動するということは、
1.アンカーを上げる。えっちらおっちらとロープを引っ張って碇を引っ張り上げるのです。
2.漕ぐ。漕いで移動する。えっちらおっちらと。
3.アンカー投下。
という工程を経ることになります。
疲れるんだなこれが。
一体、何回やっただろうか、このいい運動を。

その後、ベラがぽつぽつと釣れるようになりはじめ、中にカサゴが混じることもありました。
10時頃ですかね。日が昇るにつれて、どういうわけか食いが多少は向上してきたのです。
明るくなると食いが鈍くなってくるものなのですが、謎だ。

しまいには、カワハギ仕掛けでアナゴまでヒット。
2
アサリに食ってきたアナゴです。
これが昼間につれるということは、つまりは濁りがきついって事。
アナゴって何でも食うんですな。

移動して、たまにヒットするというのの繰り返しは、とうとう最後まで続き。
最終的にイケスの中はこんな感じ。
3
でかいシルエットのカワハギが26センチの奴。
あとは15センチ前後のカワハギとか、20センチ前後のカサゴとか。

最終的には、
4
カワハギ4
5
アナゴ1、カサゴ2

という、渋いけれど何とか、という結果に終わりました。

荒れ後だからって言っても、濁りが収まるのをまったほうがカワハギ釣りには良さそうってことですかね?

| | コメント (0)

HT-03Aの強化バッテリーなどなど

さて、さる日曜日。
秋雨の振る中、貴重な晴れ間が覗いたこの日に、おなじみの須原屋にて、イイダコ釣りの船に乗ってきてまいりました。

外出にはHT-03Aが欠かせない相棒になってきたところでして、今回もHT-03Aを持ち込んだのですが、いくつか気になるポイントがありました。

まず防水。
海水は精密機器には悪いはず。なので防水策が必要になると思われます。

次にバッテリー。
標準で2個バッテリーが付いてきますが、海上でバッテリーを交換する時、落としたりすると嫌です。第一、交換めんどくさい。

というわけで、上記2点を解決すべく、新たな機器を購入してみました。

モバイルプラザというサイトを見つけたのですが、ここに色々とHT-03Aにも使える商品が販売されていました。
http://www.mobileplaza.co.jp/

まず、防水策として
1
これ。
なんていうか、要するにジップロックみたいな。
携帯をポリ袋に包んで防水です。
そんな状態でも、タッチパネルは使用可能です。

次に電源として、
MugenPowerドコモ HT-03A超大容量バッテリ(3650mAh)
3
これは、
http://www.mobileplaza.co.jp/online/list.php?id=7158
ここで買ってみたんですけれど、標準よりも厚みのあるバッテリーです。
よって、蓋も標準のやつでは厚みが足りず、専用の蓋もセットでついてきます。
標準バッテリーの2倍以上の容量があります。

さらに、
2
これは外部バッテリー。
ようするに充電池ですね。
USBケーブルで充電ができるやつです。

この三点セットで望みましたところ……

まず防水策。
これはそこそこ良い感じ。
袋がかぶる分、操作はしにくくはなりますが、濡れた手で堂々と携帯をいじくることができるのは良い。

次、大容量バッテリー。
これは文句なしです。
朝、80%前後(夜のうちにフルチャージする時間がなかった)の容量からスタートし、GPS受信しっぱなしの、Googlemap映りっぱなしの、その他色々操作しっぱなしで、朝07:30から16:00まで十分にもちこたえ、なお電池残容量が30%以上という感じでした。
分厚くなるのが見た目にどうかと思わないでもないのですが、厚いぶん、グリップの幅が広がって持ちやすくなったような。

最後に外部バッテリーですが、大容量バッテリーがその力を示してくれたおかげで、活躍の機会なし。
また後ほど活躍する機会があると思うので、そのときには紹介しようと思います。

で、肝心の釣果。
イイダコは44。
サビキアジは……
サビキ苦手なのよねん。
10匹くらい。

ううむ。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »