« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

ボートでカワハギを釣り肝を食う。

そもそもボート釣りというのは、私の洋上釣りの起源であり、生活の一部となっている釣りでもあります。
慣れないうちは、ボートを漕いで移動するのも一苦労。
狭いボートの上で、しかもわずかな波で揺れてしまうボートの上で、道具を広げて釣りをするということの難しさ。
それさえ慣れてしまえば、こっちのもんです。
富浦湾でのボート釣りといえば、主目標はキスになります。魚影が濃いので面白い釣りです。
シーズン中ならいつでもキスは狙えますが、秋になると、別の奴を狙いたくなってきます。
そう、今流行かどうかは知らないけれど、カワハギですよカワハギ。
食って美味い、あと肝最高。

というわけで、23日、シルバーウィークの最終日に、カワハギ釣りに出かけてみることにしました。
本当は18日に仕事休みだったので行きたかったのですが、台風が接近していた上に、別件の用事もできてしまったのでパス。
予定決めてた時に、天災だろうが人災だろうが、邪魔が入るというのはイラっときますな。
今回は天災なので、地球に対してイラっとしました。はい。
ともかく23日は、うってかわってベタ凪な日でした。

私がボートに乗る場合、こんな感じで荷物を配置しています。
1

竿は2本。場合によっては3本目を用意しますが、私は腕が2本しかないので、3本目を用意したとしても、全部出すことは稀です。
今回のボートは座席にイケス付きですが、敢えてバケツも用意します。手前に見える奴です。海水を汲んだりするのに便利だからですね。
座席にはクッションを配置。
道具箱も手元に配置。
クーラーボックスおよび、ナップサックは、座席の向こう側に置いときます。
ナップサックには、昼ごはんとか、ビニール袋とか、予備のタオルといった雑用品を入れておきます。
クーラーボックスには2リットルのペットボトルに塩水を入れて凍らせたものを入れておきます。その他、釣り餌類も入れておいたりしてます。
クーラーボックスの氷を長持ちさせるコツは、濡れたタオルをクーラーボックスにかぶせておいて、日光を直接当てないことです。
濡れタオルから水分が蒸発するとき、熱を奪います。したがってクーラーボックスの氷は長持ちします。お試しあれ。

ところで私、カワハギ専用竿は持ってないのです。そこで今回は、キス竿の穂先が折れて5センチほど短くなったやつを用意しました。浅場だし何とかなるでしょう。
釣り餌は、アオイソメ、アサリ、オキアミの三種類。
本命はアサリですが、アオイソメやオキアミでも食ってくるはず。たぶん。

というわけで釣り開始。
カワハギ仕掛けは、よく雑誌に載ってるようなやつです。3本針に集器つけたやつ。錘は15号。
釣り場が、根の上とか、根際の砂地とかなので、根掛かりは当然予想されます。
そこで多めに仕掛けを用意しておいたほうが好ましいと思います。

とりあえずアサリを針につけて、投下。
直後は特にアタリらしいものは無く、しばし竿先に集中。
1分ほど経過したところで仕掛けを上げてみるも、特に餌をとられた様子なし。
再び投下し、聞き合わせながらまた1分。やはりアタリらしきものなし。
今度はたるませ釣り。
たるませて、10秒ほど経過したら聞き合わせ……
と、ここでゴツンとパワフルなアタリ。
ラインの張りを保ったまま、巻き上げてみると、さっそく手のひらサイズのカワハギ1枚!
良いですねぇ。良い出だしですねえ。
考えてみたら、カワハギ狙って最初にカワハギ釣れたのって今回が初めてじゃないだろうか。
通常、トラギスとかベラとかがヒットする確率の方が遥かに高いものでして。

で、2投目。直後のいいアタリ、と思ったら、竿がガンガン引っ張られる!
紛れも無く良型のカワハギのアタリだ!
で、その正体は、25センチのカワハギであった。

3投目もまた、手のひらサイズながらもカワハギが釣れてしまい、水面下にはカワハギの群れが集結している様子が目に浮かぶ……
のだが、運のよさもココまで。
後はベラだらけ、おまけに餌取られまくりでした。
ある意味、いつものパターンになってきたので安心というか残念というか。
ネンブツダイが数匹釣れたので、これは、おまけに泳がせ釣りの餌用に。

2本目の竿にはネンブツダイを泳がせる、泳がせ釣りを開始することにしました。
砂地ならマゴチを狙えるのでしょうが、根の上では何がくるのだろうか?

さて、時刻は、午前10時。
生簀の中身は、
2
大賑わいです。菱形の魚が乱舞しています。

ところが、ここに来て、次第にアサリの量が少なくなり始めました。
ほとんどが餌取りに献上したものになります。
アタリだけあって、餌だけ消失というパターンが多すぎです。
ここにきて、アオイソメやらオキアミやらも動員して釣りをすることにしました。
仕掛けの三本針に、それぞれアサリ、アオイソメ、オキアミを付けてみます。
その結果、以下の事が分かりました。
カワハギは、アサリ、アオイソメの順に好きっぽい。
まずアサリが食われ、次にアオイソメが食われる。オキアミは、たぶん、その他大勢の餌鳥が食っていってしまってるっぽいなあ。
そんなわけでして、オーソドックスにアサリを使うのがよさそうですよ。

ともかく、カワハギ相手に悪戦苦闘してる最中、ふと泳がせ釣りの竿の方に目をやると。
竿先が、ぐい、ぐいと、何かに引っ張られているのでした。
やがて竿先が、ぐぐぐっと水面に突き刺さり……
何かきた!!
ということで、合わせを入れてから巻き上げると、そこにいたのは!!
3
エソ。オキエソです。
すいません。呼んで無いのでお帰りください。
ということで、この悪人顔には海に送り返しました。

結局、この日の成績は、
カワハギ8
でした。
4

大小さまざまですが、どれも肝がいっぱいです。
大変美味しく頂かせてもらいました。

5
広い海よりも、狭いところが大好きです。

もちのすけ。

| | コメント (0)

イイダコとサビキアジのリレー船、その攻略法とは!?

南房総が悪天候になる予感な土曜日でしたので、急遽予定を変更し、イイダコ・サビキアジのリレー船に乗ってきました。

もはや説明不要ですが、わが研究会の推薦船宿「須原屋」での乗船です。

ここはお客さんを大事にする、サービス行の鏡みたいな船宿でして、初心者にとっても親切なので、沖釣り初心者にはお勧めです。
でもやっぱり海の上は危険が一杯なので、船長をはじめとした皆さんの言うことは、よーく聞いて慎重に、かつ楽しく釣りをしましょう。安全第一です。

で、今回はイイダコがメインのつもりで出かけました(サビキアジは、個人的にはオマケのつもり)。
ついでに、Android携帯を使って、位置情報を記録させつつ釣行です。
イイダコを釣るのに大事なことは、
・感覚をつかむこと
の一点に尽きると思います。

その仕掛けは、スッテまたはイイダコテンヤです。
伝統的なのはイイダコテンヤで、ラッキョウを付けて釣るのです。
しかし今回は、スッテをチョイス。船宿でも、スッテの方が乗りが良いとの事で、お勧めです。
ちなみに須原屋では、当日、スッテは貸し出してくれます。
根掛かりとかでロストしたら1個につき300円頂戴されますので、100円玉をたくさん用意しておきましょう。
で、竿は、一般的なキス竿で十分だと思います。キス竿でなくとも、7:3調子で、先端がやわらかく、胴がしっかりしていれば良いのではないでしょうか?
個人的には、竿先は、一般的なキス竿よりも、もうちょっと柔らかい方が使い勝手が良いような気がします。でもそんな竿売ってるのだろうか?

釣り方ですが、相手がタコゆえ、ブルブル来るようなアタリはありません。仕掛けが急に重くなるので、そこを一気に巻き上げるのです。
……と言えば簡単に聞こえますが、やっぱりコツを掴むまではそれなりに時間が掛かるのではないかと思います。
私も、じつに久々のイイダコ釣りとあって、どうもなかなか、コツが思い出せず……。

文章で書いても、やっぱり釣りしてみないとコツって分からないものなんですが、とりあえず以下の感じです。
・仕掛けを落とす。できるだけ真下に落とすのがいい。
・重さを確認するために、竿先をちょいちょい上げてみる、のだが、竿先を上げたとき、スッテが海底から離れるようではいけない。スッテが海底から浮き上がると、タコは散会してしまうらしい。基本、スッテは海底を引きずるように心がける。
・タコがスッテに乗る時間を与えるため、重さ確認でチョイと竿先を上げるのは5秒程度の間隔で行う。
・少しでも重いなと思ったら、迷わずリールを巻く。軽かったら最初からやりなおせばよし。

大事なのは、たぶん、スッテを海底からなるべく浮かせない事じゃないでしょうかね?
船は波で上下してるので、加減を覚えるのに少々時間がいるのですが、慣れてしまえばそれまでです。

さて、前半はイイダコ釣り。
Iidako

江戸川から出て、アクアラインの橋の下が、イイダコゾーンになりますです。
どういう風に船が向かうか、一目瞭然ですね。
それにしても、携帯でこんな座標が取れる時代になってしまったとは。Android携帯っておもしれー。

Iidako1_2
これは、イイダコを釣ってる最中の船の航跡。
アクアラインの橋の下は、イイダコゾーンになってるらしく、この日も色々な船が集結していました。

1
まあ天候としては、こんな感じで悪天候です。
海の上も、雨が時折降ったり止んだり。
陸は土砂降りになったりしたみたいですが、海の上はそこまで酷くなくラッキーでした。

最初の一時間は、イイダコの感覚が掴めずに困っていたのですが、そのうち分かってきて、それからが面白い。
投入後、すぐイイダコヒット。これが3,4回も連続すると、夢中になってしまいますね。
たまにヒトデとか海草とかがヒットしますが、それはまあ仕方ない。
あと、油断してると墨をひっかけられます。
2_2
言ってるそばからひっかけられました。
これはもう取れん。
なので、汚れても文句言わなくて済むような服装必須です。

そうしているうちに、やけに重いものが。
あがってみると、イイダコにしては、でかいタコが!
たぶんイイダコ? 違う? マダコのちっちゃいの? 良く分からん。
4
隣のイイダコと比べると一目瞭然。
イイダコの大将ということにしておきましょう。

で、38匹ほどイイダコを釣り上げたしだいですが、この日のイイダコ釣りでは、竿頭になることができました。
コツをもっと早く思い出していれば、50近くまで釣果を伸ばすことができたかもしれません。
やっぱりコツを掴むまでが修行だということですね。

で、後半のサビキアジは……
サッパの群れにアジが混じる程度だったりして、結果、アジ5匹、サッパ10匹という冴えない釣果でした。
まあタコ釣ったから良しとしようか。
せっかくなので、サビキアジの航跡も。
Sabikireturn
グリーンのマーカーがスタート地点です。
木更津沖をぐるぐるまわって、アジの群れを探すわけですね。
で。15:00辺りになると沖上がりの時間になるので撤収するというわけです。

リレー船は、一度で2種類の釣りができるので、面白い釣りだと思いますよ。
イイダコを狙うなら、波が静かなときを狙っていきましょう。

で。
次回は……
どうしよう?
ボートでカワハギ釣りに行くかね?

| | コメント (0)

12日は、ボート中止、代わりにイイダコ・アジサビキのリレー船

そういうことでございます。
12日は天候悪化の可能性があり、安全のためにボート中止。
ボートは悪天候に弱い乗り物なのだ。

そこで、ある程度の風波につよい、乗り合い船に作戦変更。
イイダコとサビキアジで攻めてみよう。
サビキアジの乗合は初めてである。
さあどうなる?

| | コメント (0)

12日はボート釣り

カワハギあたりを狙ってみたいですが、どうしよう。

| | コメント (0)

エア焼肉

さっき見つけたのですが。

エア焼肉
http://airyakiniku.cosaji.jp/

こんな深夜に何を見つけてるんだ俺は…

| | コメント (0)

聞き耳

2
隠れていても、耳だけはしっかりとこっちを向いています。

おやつがもらえそうな音を聞いたら、一気に飛び出してくるのです。

1
そして、こんな風におねだりします。

| | コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »