« 夏のビシアジ船に乗る | トップページ | 草食系男子、もちのすけ登場 »

ボート釣りで、マゴチを2匹釣り上げた!

ずいぶん久しぶりでございます。
ボートに行くこと自体が久しぶりだったのでございます。
ボート釣りというのは、私の大物釣りの原点みたいなものでして、ある意味、生活の一部になっていたものでした。
なかなかボート釣りに行かなかった理由は様々ですが、とにかく、ようやくボート釣りに行くことができたわけです。
場所はもちろん、富浦湾。
ここは過去に何十回も通った場所なだけありまして、海底の様子がなんとなく分かります。
ボート釣りで重要なのは、海底の地形なのです。根際の砂地とか、岩礁帯とか、完全な砂地とか、海草帯とか。
さらに、過去に、どの辺で、どんな魚が、どんな方法でつれたのか。
これら経験を積み重ねることにより、釣果を伸ばすことができるようになるわけですね。

今回は、新兵器のHT-03Aを携えて洋上に。
GoogleMapで自分の居場所が分かるので、とても安心です。
1_2
周りの地形を見れば、大体の自分の位置は分かるのですが。
手漕ぎのボートゆえ、移動はそれなりに体力を使います。
当然、潮の流れもありますので、行きたい場所に移動した、と思っても、やっぱりずれていることがあるわけです。
そんな時にはHT-03Aの地図を見て、居場所を確認するわけですね。

ただ、最初の3時間で、体力の都合で、地図見るのがめんどくさくなってしまいましたが。

さて、富浦で釣りをするとなれば、私の目的はただひとつ。泳がせ釣りでマゴチまたはヒラメ狙いです。
ということは、まずは小型のキスなりイワシなりを釣り上げる必要があります。
経験上、死んだ餌だと、ヒラメは食ってくるのですが、マゴチは食ってきたことがありません。

キスを釣るには、一般的な型テンビンの仕掛けに、市販の普通の2本針のキス仕掛けを使います。餌はジャリメがお勧めです。
アオイソメでもいいのですが、食い逃げ率が高いような気がします。

で、開始30秒。
アンカーをおろさずに流し釣りですが、さっそくキスが一匹。ただしサイズが15センチ前後です。これは泳がせにはやや不向きです。10センチ前後が最適だと思います。
続けて仕掛けを投入したところ、今度は10センチ程度のハゼが1匹。
元気が良いので、ハゼを餌にすることにします。

マゴチ仕掛けは、親針、孫針の2本針仕掛けです。
親針をハゼの上あごにひっかけ、孫針を肛門の皮一枚にひっかけます。
そして投入。
2
マゴチ泳がせ釣りの重要な部分は、タナです。
餌が海底から50センチほどの高さを常にキープして泳げるように調整しなければなりません。
タナが大事なので、こまめに調整しましょう。ボートは流れているのです。当然、水深も変わります。
タナが低くても高くても、食いが悪くなるような気がします。
あと餌は、イワシが一番食いが良いような気がします。
過去に5,6匹はこの海でマゴチを釣りましたが、いずれも同じパターンです。
まあ上記の注意を守っていても、アタリに遭遇しないことの方が遥かに多いのですが……

で、午前6:30頃。
マゴチ竿の先端に、ククッと微妙なアタリが!
ほんとうに微妙です。
波のゆれとは違う、不自然な動きが竿先に現れます。
これであわせてはいけません。我慢していれば、そのうち竿先が絞り込まれます。
じっくり待つ。待つ。待つ。おおむね20から30秒。
竿先が、ぐぐぐっとしなり、水面に突き刺さるくらいになり……
ここで、竿を手にもち、ぐいーっと合わせます。
ここで重いのが水中で暴れ始めるのです。これでヒット!
あとは慌てず騒がず、糸のテンションを緩めないように巻きます。
そして最後は網でしっかり掬い上げる!!
3
うむ、ちょっと小さい、けど40センチクラスのマゴチ!
これはうれしい、開始早々、ターゲットが釣れた!
ああ、かつて何度も通い、そしてアタリの無いまま撃沈していった日々が懐かしい。
とにかくやりました。目標達成だ!

ところでマゴチですが、別に朝早くなければ釣れないということはありません。
かつて13:30とか、12:00という時間帯でヒットしたこともあります。
いずれも50センチオーバーの大物です。

ということは、今回は、2匹目のマゴチも期待できるわけですね。
気合を入れて、あちこち移動しては流し釣り……

で、あっという間に12:00過ぎ。
アタリが無い。キスはぽつぽつ釣れるんですがねえ。
浅場ならばどうかと思って移動してみたら、クサフグの猛攻。次々とハリスを切られてしまって、ろくな釣りになりません。
泳がせ釣りの仕掛けも、何の気配も無し。
前日が強風で、水が濁っていたのが原因だと思うのですが、そんな厳しい中、30センチくらいのイシモチが1匹ヒットです。塩焼きが最高にうまい魚ですよ。
イシモチは群れる魚だから、連続イシモチヒット、といきたかったのですが、クサフグの猛攻にあえなく撃沈。仕掛けの損耗が激しすぎるので、大人しくその場からは撤退し深場方面に移動しました。

が、これが功を奏することになろうとは、誰が思ったでしょうか。
泳がせ仕掛けを、移動直後の第一投。いきなりひったくるようなアタリがきたのです。
アタリの出方がエソっぽかったのですが、水面に姿を現したのが、ややサイズダウンながらもマゴチ2匹目!
今日はついてる!
4
この段階で、ボートのイケスの中身はこんな感じです。
ほとんど目的達成した辺りで、タイムアップ。
本日のボート釣りは、こうして幕を閉じたのでした。

実は最近、2代目のうさぎが家族になりました。
その名は、「もちのすけ」。
6
お帰りなさいませ。

|

« 夏のビシアジ船に乗る | トップページ | 草食系男子、もちのすけ登場 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏のビシアジ船に乗る | トップページ | 草食系男子、もちのすけ登場 »