« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

せっかくだから、アナジャコを……

土曜日、AM07:00~AM11:00くらいの間、江戸川(妙典側)の、京葉線の下のあたりで、アナジャコを捕獲しに行こうと思いました。
久しぶりだなあ。

| | コメント (2)

うさぎのオスとメス

気が付けば釣りに行ってない日々が続いていて、体調が極めて悪化してしまいました。
これはよくないです。船でもボートでも乗らなければ。

ところで、うさぎという生物は、オスとメスとで性格の差あります。
固体毎の性格の違いも大きいわけですが、とりあえず一般的には、

オスの場合
・好奇心強く元気一杯
・でも甘えん坊
・発情してくると、ほぼスプレー行為(尿を飛ばす!)をやる

メスの場合
・おっとりしているが気が強い
・子供を生まない場合の子宮、卵巣疾患にかかる可能性が高い
・ゆえに子供を生まない場合は、2,3歳頃までに避妊手術することでリスクを回避できる
・スプレー行為は……する奴はする。もちまるの場合は……大変でした。

みたいな感じだと思います。
メスの、おっとりしているが気が強い、というのは矛盾しているのではないかと思いますが……
これは要するに、なでたり触ったりしても、ぼーっとしてるけれども、嫌なこと(抱っこなど)されたりすと、どこまでも抵抗してくれたりするとか。そんな感じです。

もともと、うさぎのオスはスプレー行為があるから、それじゃ室内飼いは大変だからメスにしようと思って、そうしてもちまるを選んだのでした。
でもメスだけれども、しょっちゅう飛ばしてくれて大変でした。
ひねりジャンプ180度放射攻撃。いやほんと。
というわけで、スプレー行為回避のためにメスを飼っても、その期待は叶えられるとは限りませんです。

| | コメント (0)

うさぎと一緒に暮らすということについて

もちまるの弔いその他で、すっかり疲れてしまって、体調崩しまくりです。
落ち着いてきたところで、あらためて、うさぎと一緒に暮らすという事について思い起こしてみました。
うさぎという生物は、想像以上に神経質です。
おまけに、想像以上に暑さ、というより温度変化に弱い生物でした。
ですから、これからうさぎを飼いたいと思っている場合は、次の事に注意が必要です。

温度管理
・一般的には、20度前後がうさぎにとっては適温らしいです。
・しかしそれは人間にとっては寒すぎます。ここは23~25度前後で妥協してもらいます。
・そのうえで、湿度は60%以下になるように心がけましょう。
・ところで、上記温度は確かに目安にはなりますが、最も注意すべきは、急激な温度変化を起こさないようにすることです。
たとえば学校で飼育しているうさぎは、室外飼育で、夏などは30度前後まで上昇します。それでも耐えていられるのは、急激な温度変化が無いためです。要するに、その付近の温度に慣れていれば何とかなるらしいのですが……。


・揚げ物、炒め物をしているときの音が苦手で、恐怖の表情で隅っこに丸くなっていました。
・人間の爪きりの、パチンパチンという音は嫌いなようで、いつも足ダンをしていました。
・テレビの音は、大音響でもなければ、そうそう気にすることはないように見えました。

食事
・ある程度育ってきたら(8ヶ月くらい)、牧草中心の食事にするように心がけましょう。
・牧草はチモシー主体ですが、味の問題もあり、アルファルファ等をそこそこ与えるのも悪くは無いでしょう。
・チモシー主体の食事になると、おなかにガスがたまりにくくなります。

というわけで、けっこう気を使うことが多いです。
宝物みたいに扱わないといけないですね。

| | コメント (2)

さよなら、もちまる

1
2009年07月19日、推定、AM03:30。
我が家のマスコット、素敵でわがままで臆病で、でも可愛く大切な家族、「もちまる(♀)」が、月に還りました。

ちょうど一年前。出会いはホームセンターのペット売り場。
手のひらに乗るくらいの小さな奴でした。
でも、私達夫妻がケージに近づくと、両手をかけて鼻をふんふん言わせて寄ってきました。
それが、もちまるとの、一年間の付き合いのはじまりでした。

日に日に大きく成長していき、とうとう体重は2キロを超え。
おまえは一体、どこまで巨大になるんだい?
と餌をやりながら問いただすこと、ほぼ毎日。

うさぎは、長くて10年は生きるそうなので、もちまるがお婆さんになるまで一緒に暮らすつもりでした。
ところが、この夏。
数日間、猛暑が続き、もちまるの食欲は急激に衰え始めました。
エアコンで室温を調整していたのですが、食欲は増えたかと思えばまた減り。
元気なときは、朝、ペレット餌をあげようとすると、サークル内を全力で走り回って喜びを表現していたものでした。
それが次第に見られなくなり。
そして2009年7月18日。
頭をなでようとした私の手を、もちまるは噛み付いてきました。
あと、普段なら間違えることのないトイレの場所を、めずらしく間違えて床に出してしまっていました。
ひょっとして、体のどこかが悪いのではないか。そう思って、ただちに病院に連れて行きました。

血液検査を行ったところ、結果は正常の範囲内。内臓疾患の類は全く無く、そういう意味ではほっと胸をなでおろしました。
しかし18日の夜、たぶん18:00から20:00の頃だったと思います。
常に顎をあげ、呼吸が荒くなりはじめました。
興奮しているときもこんな呼吸になりますが、30分もすれば普通の呼吸に戻ります。
しかし18日の夜は違いました。
サークル内をあちこちうごきながら、激しい呼吸。
頭をなでると、気持ちよさそうな目をするのですが、しかしすぐに激しい呼吸。
ストレスがたまりすぎているのかと思い(実際、そのとおりだったと思われるのですが)、冷房を入れて室温を23から24度に。そして人目につくとイライラがつのるかもしれないと思い、隣の部屋に私達夫妻は退避。
一時間おきぐらいに様子を見たのですが、次第に表情が和らいできたように思え、やや安心していました。

午前3時頃、私は夢を見ました。はっきりとは思い出せないのですが、概ね以下の感じです。
やたら元気なもちまるが、私と、嫁とを相手に、足元をぐるぐる回って遊んでいるのです。
とてもうれしそうな表情で。
かなり現実味のある夢でした。だから、午前3時ごろ、様子見をしませんでした。
かすかに、どたっ、という音が聞こえたような気がしました。夢の中なのか現実の音なのか、今ではよくわかりません。

午前4時半、ふいに目が覚め、もちまるの様子を見に行くと、もう倒れ、硬くなっていました。心臓はとまっていました。
でも、やすらかな、気持ちよさそうな表情でした。
1年一緒に暮らしてきたので、もちまるの表情が、どんな感情をかたっているのか分かります。間違えようがありません。

最後に、私に、楽しかったと報告してきたのかもしれません。

たった一年でしたけれど、私達にとっては最高の家族であり、かけがえのないパートナーでした。
今、もちまるは、とても空気が良く、涼しく、静かで、うさぎにとっては理想的な場所で眠っています。
いままでありがとう。

それから。

獣医さんに、この件の一部始終を電話にて報告しました。不覚にも涙声での説明になり、非常に聞き苦しいところもあったかもしれません。お話によると、

  • やはり夏場ゆえに体力が低下し、ストレスが耐え難いほどに蓄積していたのではないか?
  • 通院および検査のストレスもあったと思われる。
  • うさぎは、限界まで我慢する生物で、精一杯がんばってきたと思う。そして夫妻(筆者)は大変よく勉強してくれていたので、獣医もなんとしても協力しようと思っていたけれど、こういう結果になって申し訳ない。

ということでした。こちらこそ、今まで大変お世話になりありがとうございましたと、声にならない声で伝えておきました。

見てはおられないと思うのですけれども、改めてこの場を借りてお礼申し上げます。今までありがとうございました。

| | コメント (3)

HT-03Aで写真を撮る。

夜釣りに行ってきて、朝帰ってきたのですが、せっかくなので写真を撮りました。
もちろんHT-03Aで。

クリックすると原寸表示します。
1
ちなみに釣果は、メジナ2匹とウミタナゴ1匹。
澄み潮かつ潮があまり動かないのが原因なのではなかろうかと思ってます。
コマセまいても、魚の警戒心が強く、いまいち反応良くありませんでした。

2
夏場とは言え、朝方はやや涼しいのがうれしかったなあ。

3
その後、家に帰ってきて、コンビニに移動中に猫と遭遇した。
彼は避暑していた。

とまあ、こんな感じです。
色々いじくってますよ。

| | コメント (0)

HT-03AでGoogleMapとGPSを使ってみる。

まず、外に出ます。
たぶん上空が開けている場所がいいと思います。

続いて、[地図]を起動。
続いてmenuボタンを押す。
メニューが出るので[現在地]を押す。
すると、GoogleMapが表示され、自分の居場所が丸のマーカーとして表示されるのであります。
あとは、歩いたりして移動すると、マーカーも一緒に移動します。
その誤差5mくらい?
あと、現実の自分の座標よりも、気持ち遅れ気味にマーカーが移動してきます。
見知らぬ土地に移動した際は、かなり使える頼もしいアイテムになると思われます。

やっぱ面白いぞこれ。

| | コメント (0)

Android携帯 HT-03A を本日購入してみた

いいよいいよ~。
色々と素敵でいいよいいよ~。

| | コメント (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »