« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

ウキフカセでニザダイを捕獲した

急性の胃炎で悶絶していました。
金曜の午後2時あたり、急激に胃袋が痛くなり、我慢したけれどどうしようもないので、早めに帰宅。
歩く振動が胃に響いて、一歩ごとに泣きそうです。
胃炎は本当に痛いです。
医者にかかると、案の定、胃炎ということで。
出された薬飲むと、一発で痛みが消えるのね。すごいすごい。
でも、治っても胃の辺りが違和感あるため、今週は釣りお休みです。

で、ニザダイ釣った話は、実は先週なのよねん。
書こう書こうと思って、書き忘れてしまっていたのです。

南房総で、磯っぽいところで、軽く浮きで釣りしてみようかと思って、えっちらおっちら出かけてみたんですよ。
メジナとかクロダイとか、ボートや沖釣りだと、あまり出会えない魚を狙えるからなんです。
というわけで、今回は以下の道具構成でやってみました。

・針は9号の丸セイゴ
・ガンダマ無し
・クッションゴム20センチ
(クッションゴムについてるサルカンが、錘の役割を果たすでしょう)
・付餌はアオイソメ、またはオキアミ
オキアミはSサイズ
あとはコマセ。メジナ用のやつにオキアミ3キロ混ぜたやつ。

いたってシンプルです。
浮き下は2ひろからはじめてみました。
まずはコマセの投入。
……
しばらくすると、魚影が見えてきます。
順調にコマセに魚が集まっているようです。
では早速、仕掛けも投入。
餌はとりあえずアオイソメを採用。
普通ならオキアミを使うところだと思うのですが、アオイソメは餌持ちが良いので、これを使ってみることにしているのです。
魚がすぐそこにいるだけに、浮きもすぐ沈む。
でもすぐまた浮上してくる。
これは、魚が餌をかじって引っ張っているけれど、すぐ放しているという感じです。
長めに餌をつけているため、針まで口が到達しないというところでしょうか。
しかし、そのまま我慢して浮きの動きに注目。
やがて餌は沈みっぱなしで、浮いてこなくなります。
この瞬間に、あわせを入れると、魚がかかってくるわけです。
最初は手のひらサイズのメジナ!
メジナ用のコマセを使っているにもかかわらず、アオイソメに反応するんですね。

そんな中。
日が昇ってきた頃、ゆらーり、ゆらーりと浮きが沈んで上がってこなくなりました。
やる気のないアタリですが、こういうときは大物である場合が多いのです。
例によって、浮きが浮いてこなくなった頃を狙って、一気にあわせ。
それから後の引きは強烈!!
四千円で買った安い竿だから、力負けしちゃってるんですな。
パワーだけでなく、重量もそれなりにある模様。
それでも糸が切られなかったのは、クッションゴムを使っていたからでしょう。
アジつり用のクッションゴムです。竿の弱さと糸の細さが、これでカバーできている模様。
上げることができたら、かなりの良型メジナか!?
でもちょっと引き方が違うような……
メジナって首振ったっけ?
とか思いつつ、一時期、根に潜られかけたけれども、どうにか引きずり出して浮上させてみる。
その正体は。
1
でっかいニザダイでした。
サンノジとも呼ばれます。
アオイソメをしっかりと食っておられます。
このとき使ってた針は、9号の丸セイゴ。釣具屋で、30センチくらいの糸が付いて6本セットくらいで売ってるやつです。
よく切られなかったもんだと感心してます。
クッションゴムの力のおかげです。

さて、この日の成績は、
2
メジナ20センチ前後が、5匹。
ニザダイが1匹
あと、イシガニ? ワタリガニが1匹。

3
ニザダイのサイズは40センチでした。

内臓がかなりアンモニア臭かったのですが、身はうまい。
刺身にして食いました。
あと、残った頭とか中骨とかは、味噌汁の出汁にしました。これも最高です。
うまい魚だと思うので、釣れたらきちんと締めて持って帰りましょう。

5
頭なでられるのが大好きです。

| | コメント (0)

GW最終のアジ釣り

GWの最終日は、どうにか仕事が終わりました。
おめでとう俺。
そういうわけで、アジが食べたい気分になってきたので、アジ釣りの船に乗ることにしました。
場所は、もちろん須原屋です。
ほかにも船宿はいっぱいあるのですが、やっぱり通い慣れたところが一番だと思います。

ちなみに当研究会の今月の予定ですが、

5/16~5/17…タイフェスティバルに出発予定
それ以外……ボートで釣りか、船で釣りか、気が向いたら夜釣りか

という、いたって前向きなものであります。

さて、5/6のアジ釣り船の状況です。
初回から、35センチ級のアジが釣れてきます。
一番小さいやつでも25センチ。いい感じです。
この日は、大潮前の中潮です。が、やや潮が早く、仕掛けが大きく流されてしまうのが辛いところ。
こんなときは、とりあえず仕掛けを着底させ、ちょっと持ち上げて巻いて、また着底させ、を繰り返し、どうにかまっすぐ下に来るように誘導します。
ただし、あんまり潮が早いと、それすらままならないので、基本的に大潮の日はアジ釣りには行かないことにしています。

とにかくアジ釣りは、世間一般で言われているように、やっぱりタナ取りが大事です。
まっすぐ下に仕掛けが来たら、まず1メートル巻いて、大きく竿をあおってコマセをまきます。続いて1.5メートルまできたところで、再びコマセをまきます。
さらに2メートルまで巻き、とりあえず、ここで1分ほどアタリを待ってみます。
来ないようであれば、1.5メートルまで再び仕掛けを下ろし、竿をあおってコマセをまきます。また2メートルの位置まで巻き上げ、ここでもコマセをまきます。そして2.5メートルの地点で、1分ほどアタリを待ちます。
それでも来なければ、たぶんコマセが空になっているので、仕掛けを回収してコマセを詰めなおします。
これの繰り返しです。

5匹ほど釣れたあたりで、目の前を……
1
空母が通行中。たぶんジョージ・ワシントン。
東京湾のアジ釣りでは、日常では関わらない乗り物をたくさん見ることができるので、別の楽しみがあります。

アジ釣り、というか釣りに必ず付き物なのは、潮止まりによる食い渋りです。
どういうわけか、潮が止まると、魚が全然餌を食わなくなります。
その時間は1から2時間くらい。まったく食わないわけじゃないのですが……
15匹ほどつれたところで、アタリが止まってしまいました。
2
家族二人で食うぶんには十分なんですが、ちと物足りない。せめて20はほしいところです。
でも20より多いと、こんどは食べるのが大変なので、釣り過ぎも考え物。
なので、そういう場合は、周りの人の迷惑にならないような釣り方で、あえて外道狙いをやってみることにしています。
今回は、イソメを3本ほど針につけ、底ぎりぎりを狙ってみることに。
場所が根の近くであれば、たとえばカサゴとかが釣れたり。前回はシロムツが釣れたりしました。
根掛かりによる仕掛けロストに注意しましょう。
で、今回はというと、やたらトラギスが釣れてしまった。
築地では高級魚らしいんですが、釣りしているこちらにしてみれば、この上なくうざい。
ので、ただちに海にお帰りいただきます。

しかし、ちょっとアタリの感じがちがうのが釣れてきました。
砂地の上でのアタリなので、たぶんトラギスではない、しかもけっこう引きが……
と思ったら、おお。平べったい魚が!
3
31センチのカレイ!
ここ10年ばかし、手のひらサイズしか釣ったことがなかったので、これはうれしい!

しかしその後、雨が降り始めてきました。
5/6といえば、雨が降ったり止んだり。でも小雨で済むでしょうと天気予報で言ってたような気がしたんですが、だんだん強くなってきたりして非常に辛い。
もちろん上下防水の装備なんですが……

14:30には沖上がりなんですが、その直前、14:00頃。
さっきまで遠のいていたアタリが、急に出始めました。しかも入れ食いモード。
ここぞとばかりに数を伸ばし、最終的にはアジ26匹。

しかもアジがでっかいのばかり。アベレージ30センチときたもんだ。
4
ほらでっかい。
カレイが31センチ。この日つれた最大サイズのアジがこれ。36センチくらい。
5
そのほかのアジの皆さん。
サバも4匹つれました。

毎回思うんですが、やっぱり釣れたてのアジは最高に旨い!
というわけで、料理も一工夫してみました。
6
アジのカルパッチョです。
水菜にカルパッチョ液を漬けるだけ。簡単なつくりです。
そしてこれがまたうまいのです。
どれくらいうまいかというと、ご飯3杯はいけるくらい。

今年は、アナゴ釣りにも行ってみたいぞ。

| | コメント (0)

GWは、仕事です。

GWは絶賛仕事中です。
工期の都合上、いまのうちに仕上げておかねばならないやつがあります。
ううう。天気良いなあ。

そんなわけで、運がよければ最終日あたりに船に乗ると思います。
アナゴ釣りです。アナゴ。
船長が捌いてくれるから安心です。

どうでもいいけれど、我が家のメモリ4G、クアッドコアマシンはいいなあ。
Oracle10g動かして、VisualStudio2005(2008使いたいのだけれど、2005時代のコードなので)の構成で、一人クライアントサーバ状態で仕事してます。
さくさく動いて快適。仕事もはかどる。うむ。

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »