« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

ひさびさの海ボート釣り

のっけから反省しています。
なれない事をやるもんじゃありません。
でも、男なら冒険するのは悪いことではないと思います。

そんな私は、土曜日、久々に、つりボートおきむらに出張してきました。
団子釣りを、ボートでどうしてもやってみたかったんです。

いや、それ以前に、ボート釣りはじつに一年ぶり。
何しろ去年は、あちこち行ってたように見えるのですが、ほとんどが近場の船宿でした。
富浦までは距離があるうえに、連日、仕事の帰りが遅くて富浦まで行く体力が喪失していたのでして。

ボート釣りの最大の魅力は、自分が船頭になれること。釣りかたは自由。あとお祭りがほとんどありえないことです。
欠点というか、それは船の動力が自分の二本の腕ということと、あとボートゆえに、ずっと座りっぱなしで腰が痛くなることと、女性はトイレが不自由というあたりでしょうか。

それはそうとして。
なぜにボートで団子釣りをしてみたくなったのか。
理由はひとつ。
団子釣りのビデオを何本か見て、その気になってきたからです。
でも防波堤で団子釣りやって、今まで釣ったものと言えば、
・ボラ
・カワハギ
・ごんずい
・ふぐ
・ネンブツダイとかカゴカキダイとか
なのでした。
この問題は、やはり場所の選択の悪さにあると考えたのです。
ボートならば、場所の選択は比較的自由。
さあ試してみよう!!
というのが、今回の趣旨でした。

1
ボートの上で、えっちらおっちら、団子の材料を練りまして、さっそく一投目。
着低前に団子、割れる。
もうちょっと水足して、粘りを強くして二投目。
こんどは着低。
でも波の上下で、竿が必要以上に煽られて、団子から餌がずるっと抜けたっぽい。
付け餌(オキアミ)がずたずた。
三投目。今度は糸を余裕を持って伸ばして……
1分くらい後、団子がわれたっぽい。
アタリなし。
巻き上げる。
餌ついたまま。

四投目、五投目……
で、気がついた。
ボートって、アンカー下ろしていても、アンカーを軸にして流されています。
団子は、同じところに数打ってポイント作るのがコツらしいのだが、ボートが左右に振られているため、さっき落としたところと同じところに団子が落ちているかどうかわかりません。
さらに、付け餌がそのまま戻ってくる状況連発。
困った。
そんなこんなで、場所をあちこちに移動しつつ団子を投入してみるのですが、結果は一緒。
どうやればいいのかさっぱり。
次第に団子もなくなってきて、時刻は……
ああ、もう11時。
6時出発で、5時間も団子やっててかすりもせず。

そこで団子も尽きたことだし、あきらめてキス釣りに移行したのでした。
……
で、結果はキス20匹。
誘いをかけるよりも、単純にボートを流して、仕掛けもずるずる引っ張ってるだけのほうが針掛かりが良かったみたいで、11時から2時までの時間で、かろうじてキス20匹ほど釣り上げることに成功し、それで終了したしだい。

この季節だと、おきむらさんでは、冷凍ワカメを残念賞で頂けます。
これを適当に切って、シラスボシと一緒にご飯にかけて、醤油かけると最高においしいワカメ丼の完成です。
キス20匹はから揚げにして、土曜日の晩御飯が完成しました。
3
これはこれでおいしい。

次回からは、いつもどおり、まじめにキスと泳がせマゴチをやりましょう。
2_2
どーでもいいけど、こっちにもご飯くれ。

| | コメント (0)

本日はカレー研究会の日。タイ屋台料理「カオタイ」

今日はカレー研究会の日です。
カレー研究会には、おおきく3つの活動内容に分かれています。

1.釣り(カレーと関係ねえ)
2.カレー屋に出かける
3.作る

タイ料理屋は、気になったところは色々と出かけていますが、最近は自分の家でグリーンカレーを作ることがほとんどでした。
何しろ、ココナッツミルク大量買い&タイ米まとめ買いとかやってて、たくわえがたっぷりあったりしますので。
店開けるかもしれん。
それはさておき。
さすがに自分らが作って食ってるだけだと、あれです。井の中の蛙になってしまいます。
やはりプロの作った料理を食わないと、カレーを極めることはできないのだと思うのです。

そういうわけで、本日は、高田馬場まで出かけてきました。
場所は、カオタイ。
http://r.gnavi.co.jp/g501102/
これです。

ランチバイキングやってる所でして、つまり食べ放題。
炒め物とかサラダとか、あとグリーンカレー、レッドカレー、あとトムヤムクンぽいの。
タピオカとか。
これらが全部、1時間制限の中、食べ放題なのです。

なんか前に、みのもんたがここをテレビで紹介したことがあって、その翌日はすさまじい混みっぷりだったそうで。
あまり混んでる所に行きたくない我々としては、余計な事すんなみのもんた、と思っていたところですが、行ってみないと始まらない。
というわけで行ってきました。

我々は、店内で食品を撮影するより、食うのを優先する主義なので、ここに写真は無いです。
ぐるなびの写真が、店内そのまんまの雰囲気なので、ぐるなびの写真を参照してくだされ。

で、きわめて正直な感想。
米がタイ米じゃなかったのは、とっても残念。日本の米が日本人向けと思ってのレシピなのかな? ここは好き嫌いあると思うけれど、我々研究会としては、タイカレーにはタイ米の組み合わせが好きなのだった。
グリーンカレーとレッドカレーが用意されていたけれど、レッドカレーがアジが濃厚でうまかった。これは文句なし。ああ、また食いたい。
一方、グリーンカレーは、ちと薄くて水っぽかった。もちっと濃い目でも良かったと思います。
あとは色々、タケノコとかの炒め物(名称不明)。これうまかった。バイマックルーの柑橘系の香りと味が、鼻を刺激して、今思い出しても涎があああ。

この店、座席が屋台風。いすがベンチ状になってて、座席の下に手荷物を入れとく籠がおいてました。
こういうオプションは有難いところです。
いすがベンチ状になっていて床に固定。ということは、いすが前後にうごかない。バイキングなので、よく立ち上がって食い物を取りに行く。なのでいすが動くと通路が狭くなって歩きにくい。でもそれが無いときた。
というわけで、うまいだけでなく、快適なバイキングタイムをおくる事ができる、それなりに機能性ある店舗でした。

東西線の高田馬場駅の6番出口から出て、右を向いたらすぐそこにあるので交通も便利。

今後は利用させてもらおうと思います。

| | コメント (0)

土曜日は、もちまるの抜糸です。

避妊手術の術後の経過も順調な、うさぎのもちまる氏。
いよいよ抜糸は、明日です。

色々なところでいわれている話ですが、避妊手術をすると、確かにうさぎの性格が変わります。
おとなしくなる、とよく言われることですが、もちまるさんの場合は、ちょっと違います。
大将の場合ですと、

・縄張りの主張をしなくなった?
・上下関係の意識が消えてしまった?

が、大きな特徴です。
以前は、餌をやろうと、ケージの中の皿を取ろうとしただけで、怒って鼻を鳴らしてパンチして噛み付いてきました。
痛いです。けっこう深く噛まれます。
それが一切なくなりました。
ケージに手を入れても、怒ることなく、むしろ、「餌? 餌? はやくよこせ!」と喜ぶかんじです。

あと、今まででしたら、撫でられるのが好きなんだけれど、だけれど……。
気分しだいで、いきなり怒るとかしていました。それが一切なくなりました。

一方、噛み癖は治りません。これはうさぎの習性なので、どうしようもありませんなあ。
撫でられるのが大好きになりました。
私の手が伸びてくると、ぎちぎち奥歯を鳴らしながら気持ちよさそうにしています。
私のあごを、もちまるの頭に乗せても、全然怒りません。今までは猛烈に怒ったのに。

そんなもちまるさんの、術後、やや回復してきた頃の姿。
2
こちらは、先週頃のもちまるさん。
手術後数日の頃で、まだやつれています。

一方、手術前の、もちまる大王。
3
出しやがれこの野郎!!

4
出して。ね? ね?

避妊手術については、色々と言われています。
子供を生まないうさぎの場合、子宮・卵巣疾患にかかる可能性が、かなり高いという事なので、今回は避妊手術したわけですが、ついでにずいぶんといい子になってしまいました。

もちまる氏も、縄張り主張やら何やらで、ずいぶんストレスたまっていたかもしれません。
しかしその鬱憤が、一挙に消滅してしまったようです。

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »