« 実況メバル船 | トップページ | もちまる避妊手術 »

3/15メバル・キスのリレー船まとめ

釣れない釣りって疲れるだ。
今日はそんな一日でした。
やはり先日まで大荒れの天気だったのが後を引いているのでありましょうか?

今日、須原屋のメバル・キスのリレー船に乗ってきた次第でした。
朝方は若干の波があったものの、すぐに凪の海模様になってくれて、まさに釣り日和の一言に尽きる天気。
だったんだけど。
天気はよくても釣果が伴わなければ、つらいだけだったりしてしまうわけです。

そもそも昼のメバルというのは、そんなに釣りやすい相手じゃないです。目が良いらしいから、仕掛けの存在を見破られてしまうんだそうです。
だからこそ、昼にメバルを釣るには、曇天かつ濁りが入り、かつ凪が良いというわけです。
今日は、濁ってるかどうかはよくわからないのですが、凪という条件は当り。でも青空広がる晴天であって、メバル相手には、やや不利な天候だったりしました。
1
ほら、とってもいい天気。
でも、不利にしても、ここまで釣れないのはねえ。

船長も、あちこち色々と移動してくれてアタリがある場所を探してくれているのです。
でも、なかなかあたらない。
本牧の海釣り公園の周辺とかも流してみるけれど、うーん。
なぜかカタクチイワシがかかったりしてくれるけれど、メバルが欲しいのよね。
途中でかろうじてカサゴが一匹釣れたのがせめてもの幸い。
棚を変えたり誘いを入れてみたり、あの手この手で粘るものの、何の反応もないまま、午前11時頃。
ほとんどやけくそで、船首にあぐらをかいて座って糸をたらしてみたところ……
ゴゴゴンと来た。
ああ久しぶりのこの感触。
巻いてる途中で、ゴゴン、ゴゴンと引っ張るこのアタリ、間違いなくメバルのものです。
そしてお見事。
2
25センチくらいの良いサイズじゃないですか。
メバル釣れなかった人もいたくらいですから、この一匹の存在は大きい。高価なメバルです。

で、午後のキス釣りの部に突入したわけですが……
こちらはこちらでまた不調でした。
最初こそアタリはよくあったものの、次第に食いが浅くなってきたのでした。
キスって食いが立ってるときは、針を飲み込む勢いで食ってきます。
でも食いが浅いと、唇に針がちょっと引っかかった程度になってしまいます。
さらに悪くなると、アタリはあるものの針掛りしない、という状況になっていきます。
キスも最初の1時間は良かったかもしれないのですが、以下のように段階を踏んで、次第に食わなくなってきて……。

1.最初は針を飲み込む勢いで食ってきた
2.ちょっとつれなくても、誘いをかけると食ってきた
3.そのうち、キスの唇にしか針掛りしない状況が増えてきた
4.誘っても食わなくなってきた。
5.たまにアタリが出ても、すぐ上げず、15秒くらい経過して遅あわせして、掛かるか掛からないか、という状況になってきた
6.どうにもこうにも(´・ω・`)ショボーン

てな感じです。
4のあたりから潮止まり気味だったのが影響してると思います。

結局、
3
メバル 1
カサゴ 1
キス 11

という成績で終わってしまいました。

荒れ後の荒食いという言葉がありますが、自分の経験上、東京湾に関しては、荒れ後の翌日ではなく翌々日、天候が2日ほど安定してくれれば食いが良くなってくるような気がします。
つまり今回の条件によれば、月曜が曇天かつ凪であれば、成績は好転していた可能性が
あると思うのです。
この理論は、なかなか証明する機会がありません。だって金曜が荒れ模様かつ土曜日好天、日曜曇天かつ凪っていうタイミングそんなに無いし。
あと、上記のやつは、理論というより自分の希望というような気がします。

4
わたしゃもう寝るよ。

|

« 実況メバル船 | トップページ | もちまる避妊手術 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実況メバル船 | トップページ | もちまる避妊手術 »