« 鎌倉に潜入せんとす | トップページ | 2008年の最終釣りレポートおよび2009年あけましておめでとう »

二週間前のアジ釣り

二週間前、私は、須原屋のアジ釣り船に乗ってきたのだった。
それをなぜ、今までブログに書かなかったのか。
忙しかったから、というのが、毎回恒例の理由である。
しかしだ。この二週間の忙しさは、仕事が原因では無かったのである。
いろいろと実家で騒動があって、まだ解決していない、というか予断を許さない状況だったりしているのだった。
金の都合での騒動って嫌ですね。
いい加減にしてくれ。

今日になって、とりあえず気分が落ち着いたので、ようやく記事を書ける気分に至ったのでした。
前回、カワハギ釣り船に乗ったのですが、渋い。食い渋り。
というわけで、アジ釣り船に乗ったのでした。
相変わらず、電動リールもビシアジ竿も買ってません。レンタル道具一式で攻略中だったりします。
3

須原屋の貸し竿ですが、見た目はみんな一緒なのですが、よく見ると、微妙に長さが違ってたりします。
そして調子も、それぞれ微妙に違っていたりします。
しかし須原屋の人も、どの竿がどんな調子かっていう情報は把握していないと思います。
お気に入りの竿を使いたければ、当たり前っちゃあ当たり前ですが、レンタルでなくて購入することをお勧めします。

で、ここ最近の状況は、良好な感じっぽいですね。
トップで80匹とか出てます。
我が家的には、20も釣れば十分。というわけで、今回は、目標20。ただし良型が釣れれば数にはこだわらないという、熱くならない適度な目標を設定しました。

いつも観音崎あたりに船が行くわけですが、ここは色んな船が通過して面白い場所です。
米海軍さんの船もよく通るんですよね。
4
遠くから見ると小さく見えるのですが、近づくと、案外でかいです。
この日は、こんな感じの艦が6隻くらい通過していったような。

で、肝心の釣りです、釣り。
赤タンおよび青イソメを針につけるのですけれど、私の場合は、いつも
1.赤タンつける
2.3センチくらいに切った青イソメを追加して付ける
で、やってます。
1
赤タンだけの場合と、上記の場合、あと青イソメだけの場合の3種類で試してみたのですが、正直言って、違いがよくわかりません。
タナさえ合っていれば、どうにかなるって感じなんじゃないでしょうか?
よくわからないから、一つの針に、赤タンと青イソメをつけているわけです。
それじゃだめだ、という情報ありましたら連絡願います。

そんな餌のつけ方が功を奏したのかどうかは分かりませんが、この日、最初の一投目から、いきなり目標である、良型のアジというやつが上がりました。
37センチのでっかいやつです。アタリの感じから、鯖だと思ってやり取りしていたくらいです。
それが2回連続。
その後にヒットするのは、ほとんどがレギュラーサイズのアジ。25センチ前後のやつですね。タナは大体、底から2メートル前後でした。はい。

2

最終的には、おおむね20匹前後釣れたのですけれど……
最後の最後で、ちょっとしたバトル勃発!

時間にして、午後2時辺り。
竿先が、ビビっと動きました。
おお、来た、と思って、ちょこっと様子を見てから、リール巻上げボタンを押したら……
なんかデカイのが付いている!?
根掛かり……じゃ、ないのは確実。パワフルな何かが引っ張る。
で、20メートルほど巻き上がった後、急激な突っ込みがあああ。
電動リールのモーターが悲鳴を上げて、一時、巻き上げがストップするほどの引きが。
そして、ガツンと……
糸切れた。

あああああ。
どんなやつなのか、顔見たかった。
がっかり。

とまあ、そういうこともあるもんでして、アジ釣りは、単にアジ釣るだけが楽しみじゃなくて、こういう未知との遭遇もありえる、スリリングな一面も併せ持った釣りなんですよね。

で、最終結果。
5
でっかいなあ。
40センチに迫る大きさのアジは3匹。

6
他にも多数つれたのですが、25センチくらいのやつが、17くらい。
あと、鯖が一匹。

そんな釣りだったのでした。
次回は、どうしようかな?
メバル釣り始まってくれるとうれしいな。

|

« 鎌倉に潜入せんとす | トップページ | 2008年の最終釣りレポートおよび2009年あけましておめでとう »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鎌倉に潜入せんとす | トップページ | 2008年の最終釣りレポートおよび2009年あけましておめでとう »