« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

めしくれ

この生き物は、一応、うさぎなのです。

| | コメント (2)

南房総でカンパチ(の子供)を釣る

金曜から土曜にかけて、夜釣りで南房総方面に行ってまいりました。
ちなみに家では、もちまるが留守番。
6
いいもん釣って来いよ。

さて、今回の目的は、基本的にメジナ狙いです。
そのため、色々とエサやら針やら買い込みです。
現地到着すると、まず真っ先に思うこと。
湿気すげえ。
10分も外にいると、何だかTシャツが湿って重くなってきてしまうのです。
と思っていたら、何と、右のコンタクトレンズが、ずれた。
瞼の裏側に貼りついてしまって、どうにもこうにも、元に戻らない!
これは自分の夜釣り史上、初めての大ピンチだ。
なにしろ暗闇に浮かぶ電気ウキが、左目なら見えるけど右目だと見えぬ。
ウキが沈んだも何もわからんのです。

その後、あれやこれやと手をつくし、レンズが戻ってきたのが2時間後くらい……

その間、アタリがたぶんあったんだろうけれど、取り込みが遅れて根掛かり、などが連発。ううう。
これはまずい、遠征(しょっちゅうだが)してきた意味が無いではないか!
うおおお。
視界が悪ければ釣り場の調子も悪い。
あちこち移動しながら釣りを続けるも、どうにも調子が悪かったのだった。

ところが、次第に日が昇り……。
いわゆる朝まずめという時間帯。
まいたコマセに、ウミタナゴそしてメジナの群れが突っ込んできたのだった。
ついでに足元に、40cmオーバーなメジナの影が見えたけれども、これはすぐに姿を消してしまった。しかし、いるんだなあ、あんなのが。
ところで、釣れてくるのは木っ端メジナにウミタナゴばかり。
入れ食いというか、餌瞬殺状態。アオイソメだろうが何だろうが、たちどころにぶっちぎられる阿鼻叫喚の餌取り嵐に、今回ばかりは為す術がない。
と思っていたら、黄色い尻尾な魚の影が、姿を現してきたのでした。
ああ、あれはカンパチの子供、すなわちショゴじゃないですか。
大きめのメジナが釣れない以上、あれを狙って何とか……

どうやらカンパチの子供は、コマセの中からこぼれ落ちたオキアミじゃないと食わないようでした。
ということで、コマセを頑張って挿餌と同調させる。これを繰り返してみたのです。
餌取りが食うか、カンパチの子供が食ってくるか。
確率は9:1くらいか、いやもっと少ない。
でもカンパチの子供は、散発的に食ってきたのでありました。
というわけで、今回の成績。

1
ショゴ11匹
メジナ(26cmくらい)1匹
ウミタナゴ 3匹
カゴカキダイ 1匹

2
ちなみにこれが、カゴカキダイであります。
針を飲み込んでしまったので、かわいそうだけれどお持ち帰り。
なお、かなり美味しい。よって、釣れたら食ってみるべし。

5
おお、これで豪華な晩御飯食えるじゃん。

3
そんなこんなで、土日は、こんな感じのご飯が続いたのでありました。
ショゴの刺身と、ショゴのあら汁。
後は色々です。
カンパチづくしな休日でした。

4
どーでもいいけど、連日、暑いのう。

| | コメント (0)

もちまるフットワーク

今日のもちまるは、こんなに元気!
というわけで、動画をアップ。

激しく飛び回るのだった。

| | コメント (0)

もちまる、参上

1

はい、本日から我が家の一員となった、ロップイヤーなウサギの、もちまるです。
♀です。
生後、2カ月半くらい。
土曜日、初めて我が家にやってきました。
トイレはしっかり覚えてくれてます。
でも時々、トイレの上に乗っかって、おしっこした……のに、外してしまうこともあるのです。
今のところ、とりあえずケージで大人しくしてもらってます。
おおむね一週間程度は、落ち着くまで、そっとしてやる必要があるんだそうです。

土曜に、ショップから家に持ってくる間に、怖くてお漏らししてしまったりですが、日曜、そして月曜と、時間が経過するにつれて、、なんだか随分と元気良くなってきました。
とにかく、よく食うわ。
今はともかく、慣れてもらうのが先決です。
でも、しばらくしたら、どこかウサギを見てもらえる動物病院に、健康診断に行こうかと考えてます。

そんなわけで、週末は、当然ながら釣りに行けるわけもなく……

| | コメント (0)

クロダイ釣れてしまったの本編

土曜の晩から日曜の朝にかけて、南房総での釣りの結果は、じつに意表を突かれたものとなってしまいました。
なんといっても、あれです、あれ。クロダイが釣れてしまったのです。
釣った、でなくて、釣れてしまった、というのがポイント。
全然狙っていなかったんだもんなあ。

さて、いつもどおり、唐揚げ、または天ぷらの食材を手に入れんがため、南房総にレッツゴーした土曜の晩でした。
途中、なんだか濃霧、というか、ほとんどミストサウナ状態な道路を走り抜けて、海についてみたら、そこもまた濃霧。
これはちと怖い。
でも、濃霧というだけで、とくに風も強くなく、波も強くなく。
まあ要するに、湿度最高状態で、無風で不快指数うなぎのぼり状態での夜釣りだったわけです。
そして、釣り場について道具を用意しているときに、ふと足元に落ちている物に気づきました。
コーンとかオキアミとか、ぱらぱらと落ちてます。あと砂とか落ちてます。
誰かが一日前くらいに、ダンゴ釣りやってた形跡に違いないなあ。
まあ自分はクロダイ知らんし、と思いつつ、とりあえず、アオイソメでの電気浮き釣りの準備完了。そして、仕掛けを防波堤沿いに垂らしてみたのでした。
買ってきた冷凍オキアミは、まだ溶けきってないので、溶けるまではアオイソの電気浮き釣りをするのがいつものパターンです。
で、アオイソメでコマセ無しで浮き釣りをする場合、投入して、ぼーっとしてるだけだと、なかなか魚はかかりません。
アタリが出てくるタイミングは、投入してから1~2分経過するまでの間です。餌が落下中、ゆらゆらとした動きに誘われて、魚が食ってくるようなのです。
だから自分の場合、何度も何度も餌を落とします。
今回も例外なく、場所を転々としながら仕掛けを投入してました。
時間は忘れましたが、上げ潮の頂点付近、潮止まりの30分くらい前の頃だったんじゃないかなと思います。
海面に浮かんでた浮きが、つつーっと水中に。それが再び浮上するでもなく、そのままゆらーりと水中に沈み続けた……。
浮きの動きを眺めつつ、水中で斜め下にゆっくりと走り始めたのを見て、よっと合わせてみると、ぐぎゅーんとアタリが来た!
メジナじゃないです。メジナなら、堤防の際に向かって突進するはず。でもそれがない。代わりに頭を振るような、ゴゴゴっというアタリ。
隣で見ていた嫁が、網を取りに駆け出して、すぐ戻ってきた。しかし暗くて相手がよく見えない……
ので、なんとか竿の操作で、網の方に相手を誘導。で、無事にすくい上げたのだった。
体型はメジナっぽいが、なんだか銀色に光ってるぞ。
で、灯をあててみると。
1

お、おおお、クロダイだ。
大きさ、たぶん30センチ。(家で計ってみたら、30センチちょうどでした)
これは紛れもなく、あのクロダイじゃないか。
この時使った針は、マルセイゴの7号。クッションゴムもつかっていたので気化毛が切れずに済んだらしい。
いやあ、こりゃいきなりノルマ達成というか、目標達成というか。
この後、なんにも釣れなくてもイイヨイイヨ、という気分。
それにしても、頑丈な口ですねえ。奥歯と犬歯と、なんて強そうな口。これは絶対に指を入れてはいけません。ペンチで針をどうにか外して、氷締めです。

その後、日が昇ってきてから、コマセをまいてみました。
すると、くるわくるわ、木っ端メジナにウミタナゴの群れ。
そこを写真にとってみました。
2
うーむ、これじゃ、ちょっと様子がわかりませんね。
そこでちょっと画像処理してみました。
3
どうでしょう、これ、全部メジナの群れです。
この中に仕掛けを投入すると、餌が瞬殺されます。オキアミ使おうがアオイソメ使おうが関係無しです。
こういう時は、コマセをまいたところより離れた位置に仕掛けを投入するしかありません。
そうしているうちに、4センチ前後のカタクチイワシの群れも現れて、ああもう、どうしようもない。海の中は水族館状態というか、大宴会状態。
やがて、尻尾が黄色い魚もちらほら。
おお、あれはショゴではないか。
しかしショゴ、なかなか用心深く、コマセの煙幕が無いところに漂ってる餌には見向きもしなかったのでした。
そこで一計案じて、まずコマセを投入。その煙幕に、オキアミをつけた仕掛けを垂らす。
ウミタナゴとメジナの乱舞が始まりかけたそのとき、ショゴが突っ込んできて……、で、ショゴが釣れたのでした。

トータルで見ると、この日は、終始、ウミタナゴがつれ続けました。
コマセに寄ってきてたのはウミタナゴが大半です。タナゴ7、メジナ3といった感じですね。
しかし、タナゴとメジナの層の、さらに下には、型の良いメジナが潜んでたみたいです。
一応、29cmのメジナを一匹釣り上げることに成功しました。
コマセをまいたところから離れた場所に仕掛けを垂らすのが、やっぱりポイントみたいです。

で、今回の成績。
4
クロダイ30cmが1匹
メジナ29cmが1匹
ショゴ25cmが2匹

5
20cm級のウミタナゴがいっぱい

6
25cm級のメジナが5匹。

これで一週間の食材になりそうです。
で、さっそくクロダイを料理。

まずはウロコを剥ぐのですが、嫁がいい案を提示してくれました。ペットボトルのキャップを使うと、ウロコを剥ぎやすいのだそうです。テレビでやってたそうです。
というわけで、さっそくチャレンジ。
確かに剥ぎやすい!!
包丁でやるよりも剥ぎやすい!!
専用のウロコ剥ぎ器を使うより剥ぎやすいかもしれん。

で、感動しつつ、ささっと三枚卸にして、頭と中骨その他は、かぶと煮に。
7
身の方は、当然ながら刺身だ。
ショゴもついでに刺身にしてしまった。

8
そしてこれが、日曜の晩御飯。
上から、

クロダイのかぶと煮
クロダイの刺身
ショゴの刺身
ご飯
ショゴのあら汁。

ああ、美味かった。
クロダイって、味はやっぱりタイなんだね。
ほんのり甘味がありつつ、身は良く締まって歯ごたえ最高であり……

また釣れたら嬉しいなあ。

| | コメント (0)

クロダイ釣れてしまった

たった今、帰宅したところです。
クロダイ釣れてしまったのです。
生涯初クロダイです。
30cmです。
詳細は後ほど……

| | コメント (2)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »