« メジナを釣って清蒸しと刺身を頂く | トップページ | クロダイ釣れてしまった »

メジナの刺身が美味しいので捕獲しに行ってきた

メジナの刺身は、美味いです。
ただし、メジナの皮とかワタの部分は、ちょっと、いや、かなり磯臭いです。
なので、苦手な人もいるかと思いますが……
要は捌き方次第だと思うのですよ、はい。

稀に、スーパーでメジナ20cmくらいの奴が売ってるのを見かけることがあります。
でも、ほんとうに稀なので、一般の人に、メジナと言っても、何それ的な反応が返ってくる事が多いのではないかと思います。もしくは、語感と文字数のお蔭で、メバルと勘違いされることもあるんじゃないかと思います。
メジナがスーパーとかに並ばない理由は、網でとれなさそうな魚だという事以上に、その磯臭さにあるんじゃないかと思うわけですが、しっかり捌けば大丈夫。
だと思う。

要するにメジナを食べたいので、またもや夜釣りというか朝釣りに出発した次第なんでありますよ。
釣り方は、単なる浮き釣りです。
電気浮きをつかって釣りをするわけですが、夜だと、竿先に仕掛けが絡まって大変です。
こういう時こそ、竿の中を道糸が通るタイプの竿が良いと思うのですが……
除湿機を購入したので、竿は先送り。
糸絡みは、根性で耐えます。

で、例によって夜釣りは写真不可能なので、成績の方を。
1
2
平均して24cm級を中心に、メジナが15くらい。
ウミタナゴが8。
あと、おまけでセイゴが1。
メジナの一番でっかいのが、約30センチです。
このクラスになると、つっこみが激しいので、かなり面白いのであります。

魚によって、それぞれアタリの出方が違いまして、メジナなどは、一度針掛かりすると、まっしぐらに、岸など、障害物目掛けて突っ込んでいきます。だから、しっかり竿を操ってツッコミをかわさないと、そのまま根掛かりしてしまいます。
ウミタナゴも似たような感じですが、こいつの場合は真下に向かって突進します。
セイゴの場合は、突っ込まずに、その場で右に左に暴れます。
だから、最初のウキの動きだけ見れば、魚種はだいたい分かるのです。
なお、大物ほど、ウキの沈み方はゆっくりですね。
で、合わせると、急激に全力で暴れ出す、といった感じなのです。

では、今回の最大級のやつを料理してみましょう。
3
この、真っ黒な魚が、メジナです。グレとか言われてます。クチブトとかいうやつです。
まずは三枚おろしです。

4
肛門のあたりに包丁を入れて、喉元まで切って、ワタを抜きます。
続いて頭を落とします。

5
その後、お腹から尻尾に向かって、中骨に沿って包丁を入れます。
で、尻尾から背中にかけて、もう一度包丁を入れます。
反対側も切ってしまって、はいこの通り。
綺麗綺麗。

6
皮をはいで、綺麗に切って、はい、お刺身の完成。
ちょっとタイにも見えるお刺身ですよ。
綺麗に捌けば、内蔵とか皮のニオイも移らないので安心安心。

7
おまけ。
これは、メジナとウミタナゴの唐揚げです。
サクサクっときて、じゅわっとうまいのです。
あまり一般的には手に入らない魚ですが、釣れたら是非とも試してみようではありませんか。

|

« メジナを釣って清蒸しと刺身を頂く | トップページ | クロダイ釣れてしまった »

釣り」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
あなごに、そういう地方名?があったとは、初めて知りました。
なんとも紛らわしいというか、何と言うか……。
地方名と言えば、我が故郷の青森では、アイナメをアブラメと言っていました。
というか、逆にアイナメというと通じない可能性があります。うちの両親は、アイナメというと、何それ状態になります。
ちなみに、房総半島の南の方で、ヒイラギが、「ぎら」という名前でスーパーに並んでました。
色々あるものですね。

投稿: いち | 2008年7月 3日 (木) 午後 07時51分

 はじめまして、定期的に拝見させていただいているkmlと申します。
 わたしの実家近辺ではスーパーのデリコーナーの常連に「メジナの天ぷら」があります。
 ただ、ここでの「メジナ」とは、そちらでいう「あなご」ですが、、、、
 くだらない書込み失礼しました。次の更新を楽しみにしております。

投稿: kml | 2008年7月 2日 (水) 午後 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メジナを釣って清蒸しと刺身を頂く | トップページ | クロダイ釣れてしまった »