« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

メジナの刺身が美味しいので捕獲しに行ってきた

メジナの刺身は、美味いです。
ただし、メジナの皮とかワタの部分は、ちょっと、いや、かなり磯臭いです。
なので、苦手な人もいるかと思いますが……
要は捌き方次第だと思うのですよ、はい。

稀に、スーパーでメジナ20cmくらいの奴が売ってるのを見かけることがあります。
でも、ほんとうに稀なので、一般の人に、メジナと言っても、何それ的な反応が返ってくる事が多いのではないかと思います。もしくは、語感と文字数のお蔭で、メバルと勘違いされることもあるんじゃないかと思います。
メジナがスーパーとかに並ばない理由は、網でとれなさそうな魚だという事以上に、その磯臭さにあるんじゃないかと思うわけですが、しっかり捌けば大丈夫。
だと思う。

要するにメジナを食べたいので、またもや夜釣りというか朝釣りに出発した次第なんでありますよ。
釣り方は、単なる浮き釣りです。
電気浮きをつかって釣りをするわけですが、夜だと、竿先に仕掛けが絡まって大変です。
こういう時こそ、竿の中を道糸が通るタイプの竿が良いと思うのですが……
除湿機を購入したので、竿は先送り。
糸絡みは、根性で耐えます。

で、例によって夜釣りは写真不可能なので、成績の方を。
1
2
平均して24cm級を中心に、メジナが15くらい。
ウミタナゴが8。
あと、おまけでセイゴが1。
メジナの一番でっかいのが、約30センチです。
このクラスになると、つっこみが激しいので、かなり面白いのであります。

魚によって、それぞれアタリの出方が違いまして、メジナなどは、一度針掛かりすると、まっしぐらに、岸など、障害物目掛けて突っ込んでいきます。だから、しっかり竿を操ってツッコミをかわさないと、そのまま根掛かりしてしまいます。
ウミタナゴも似たような感じですが、こいつの場合は真下に向かって突進します。
セイゴの場合は、突っ込まずに、その場で右に左に暴れます。
だから、最初のウキの動きだけ見れば、魚種はだいたい分かるのです。
なお、大物ほど、ウキの沈み方はゆっくりですね。
で、合わせると、急激に全力で暴れ出す、といった感じなのです。

では、今回の最大級のやつを料理してみましょう。
3
この、真っ黒な魚が、メジナです。グレとか言われてます。クチブトとかいうやつです。
まずは三枚おろしです。

4
肛門のあたりに包丁を入れて、喉元まで切って、ワタを抜きます。
続いて頭を落とします。

5
その後、お腹から尻尾に向かって、中骨に沿って包丁を入れます。
で、尻尾から背中にかけて、もう一度包丁を入れます。
反対側も切ってしまって、はいこの通り。
綺麗綺麗。

6
皮をはいで、綺麗に切って、はい、お刺身の完成。
ちょっとタイにも見えるお刺身ですよ。
綺麗に捌けば、内蔵とか皮のニオイも移らないので安心安心。

7
おまけ。
これは、メジナとウミタナゴの唐揚げです。
サクサクっときて、じゅわっとうまいのです。
あまり一般的には手に入らない魚ですが、釣れたら是非とも試してみようではありませんか。

| | コメント (2)

メジナを釣って清蒸しと刺身を頂く

夜から朝にかけての釣りの良いところとは、日中と比べてよく釣れることです。
悪いところは、時間的に、人間の活動時間と逆であること、あと暗くておっかない事。
特に波が、ざざーんと打ち寄せてくる状況は、おっかないというか、恐怖というか。
周囲が何も見えないゆえに、危険を回避することが難しいのです。
よって、夜釣りは、絶対に大丈夫と思えるところで、かつそんな場所でも絶対に油断しないで、無理と思ったら即退却するといった心構えが大事だと思います。
あと、竿に糸が絡まると、ほどくのが著しく困難だったり。
こういうシーンは、釣り番組とか見ててもわからんですよね。
絡まった糸を解くのに一生懸命な釣り番組とか、見ててもつまらんから放送するわけないのですが……

で、ダイジェストの通り、釣りしてきました。夜から朝までの行動です。で、成績の写真。
1

こちらは、大きい奴。
セイゴ34センチが2匹。
メジナ29センチが2匹。
アジ1匹、ショゴがおまけで一匹。
2
こっちは20cm級のメジナ、あとウミタナゴ。たぶん10匹くらい。
というわけで、数日の晩御飯になりそうです。

まずは、メジナとセイゴとウミタナゴで天ぷらを作ります。
作り方は至って簡単、ですが、捌くのが大変。
セイゴとウミタナゴは、わりと素直に捌けるのですが、メジナが……。
まずウロコ。
かたくて、剥ぐのが大変。
包丁で地道に剥いでも良いんですけれど、ウロコ剥ぎ器を使った方がいいでしょう。
でもあちこちにウロコが飛び散ります。
水を張ったボウルの中にメジナを入れてウロコを剥ぐと、飛び散らなくてグッドな予感なのですが、やりにくいのだな。
ともかく三枚卸にして、天ぷらの衣をつけて、油にin。
さあ出来上がりだ。
3

油に入れると、皮が縮んで、くるっと丸くなるけれど、まあ自宅で消費するものだから良しとしましょう。
この時期のメジナは、磯臭いというか何と言うか……。でも高温の油で揚げてしまえば、そんな臭いも消し飛びます。
淡白でけっこう美味い魚なんですよ。
あとセイゴ。白身で、これもいけます。でっかいキス天みたいな気分になれるです。

ちなみんこの日、油ものを食いすぎてしまったせいか、じんましんができてしもうた。

翌日の料理は……
メジナの清蒸し、あと刺身ということで。

まずは下ごしらえ。ウロコを剥いで、ワタを取ります。
次に、皿を用意し、ネギの青いところを並べ、ショウガを刻んで並べ、そこにメジナを置きます。
今回は、メジナが鍋に入りきらないので、頭を尻尾を落としました。
4

で、上の方にもネギの青い部分を重ねます。で、深底の鍋に皿ごと入れます。
5

鍋には水と酒を適量入れます。蒸すのですよ、はい。
6

そして、蒸し上がるのを待ちます。待ちすぎて水が無くなって、空焚きしないように注意してください。私はそれで、鍋を一つ失った事があります。

7
で、取り出します。
刻んだネギをメジナの上に並べ、しょうゆを適量かけましょう。

8
ここからが本番です。
おたまに、油(ごま油が良いらしいのですが、今日はないのでサラダ油で代用……)を適量入れて、熱します。それを、さっきのメジナにかけるのです。

9
そしてこれが、できあがり。
メジナの清蒸し、あと右にあるのはメジナの刺身。

磯臭いメジナの、磯臭さの源は、はらわたと皮だと思います。
というわけで、綺麗に捌くことができれば、臭いは一切気にする必要がないというわけです。
あと清蒸しにしてしまえば、熱で臭いが消滅するのでOk。
ほくほくしていて大変美味しいこの料理、大きめのメジナを捕獲したら、ぜひやってみて下さいませ。

| | コメント (0)

南房でメジナ釣りのダイジェスト

金曜の晩、22:00~今朝の06:30まで、南房をうろうろしながら、メジナ釣りしてきました。
あちこちを歩き回っていたので、どこで何が釣れたってのはあまり覚えてないのですけれど、千倉~布良の辺りを、夜通しうろついていたという次第です。
で、メジナ29cmのが2匹、あとセイゴが2匹と、アジ1匹と、ショゴ1匹。
小さいメジナとか、ウミタナゴとか一杯。
今夜はメジナ天と、メジナの刺身です、はい。

しかし、現在、疲労でボーッとしてるので、後でレポート書きます。
夜釣りの場合は写真が少ないのですが、そこはそれということで。

| | コメント (0)

サバタイフーン

6/1は、ビシアジでサバの日。
そう、沖釣りはじつに一ヶ月ぶりな日曜日。この日も須原屋さんに出かけました。
本当はボートの予約を入れるかもしれなかったのですが、土曜日が雨。なので、ボートの釣り場に濁りが入ってやりにくい予想があったので、ビシアジを選択したのであります。
予想が当たったかどうだか分からないですが、乗船して航行中、ちょうど富津岬のあたり、見事に茶色に濁ってるところがありました。浅瀬だと濁りのきつさが分かりやすい。
とはいえ、海上はベタ凪もいいところでして、おまけに気温高め。
1
おかげで一度も船室に入ることなく過ごせましたです。

この日の目的は、アジ釣りもあるのですが、もう一つ、どうしてもやってみたい事がありましてですね。それは、サバを生で食う事、なのです。

サバ。
生き腐れとか、アニサキスとか、仕掛け目茶苦茶にされるとか、色々と釣り人にとっては良くない印象がある魚ですが、その刺身の美味さたるや、他を圧倒する事は意外に知られておりません。
死後、あっと言う間に身が悪くなる特性に加えて、寄生虫率が高いと言われているこの魚に、今回、挑むのです。

で、出船して、しばらくしてから気がついた。
捌くためのナイフもってくるの忘れたgawk

まあナイフくらい、言えば貸してくれるでしょとか思いつつ、一投目。
私の左側で、4人くらいの仕掛けがいきなりオマツリしてしまって大変な事になってますが、なんとかそれを回避してタナを取り……、
と、いきなりゴゴンと来た。そしていきなりサバである。
2

わりとよく肥えたサバ。マサバです。
いきなり目標達成か!
というわけで、まずは処置その一。
サバ折り。
前回、この船に乗ったとき、隣の人に教えてもらったサバの処置法です。
やり方は簡単。サバのエラに指をつっこんで、首をボキっと折ります。
簡単ですが、生理的に受け付けない人もいると思いますが、まあそれはそうとして。
で、あとは海水の入ったバケツに突っ込んで、水が真っ赤になるのを待ちます。

そして処置その二。
腹を裂いてワタを抜く。
これは、隣に座ってる人が、良く切れる包丁を貸してくれたので、ありがたく拝借できました。
肛門のあたりに歯を入れて、そのままズバっと割きましょう。
後は内臓を海に放棄します。

最後に処置その三。
氷で冷やした海水で締める。
要するに氷を入れたクーラーボックスに海水を入れて、そこにサバを入れましょうということです。

という感じでやっとけば、家に帰ったころでも刺身でいけるサバの完成。
後はアジが釣れてくれれば良い!
が。
午前中一杯、ずーっとサバの嵐だ。
かろうじて隣の人がアジ1匹釣り上げたものの、大半の獲物はサバ、サバ、サバ。
サバはアジよりも高い層で泳いでいるものらしく、仕掛けがアジのいる層に着く前にサバが食ってくるのです。
対抗手段、無し。
午前中でサバ8本が釣れてしまい、上記のサバ締め処置をしきりに行う事に……
ああ、こんなにベタ凪だというのに。

ただし午後に入ってから、アジ入れ食いポイントに船が到着したらしく、一時的にアジラッシュ。
この時、タナを底から2メートルにするだけでサバが食ってくるので、タナ1.0~1.5メートルで勝負してみた次第。もうほとんど底ペタに近いのですが、それでもアジが食ってきた。
この状態が40分程度続いたのですが、ここで一気にアジ20匹くらいをゲットできたのは幸運というものでした。
アジ入れ食いが、ずーっと続いてくれれば良かったのですが、そうは問屋が卸さない。
アジに段々とサバが混じり始め、一匹、二匹とサバが増え、やがてサバだらけに。
しまいにゃタナ0.5メートルでもサバが食う始末。
そんなに沢山サバ持って帰っても仕方ないので、この段階で、サバはひたすらリリースするのみ。

結局、サバの嵐で一日が終わり、帰途についたわけでした。
4
なお、この日、見事な好天にも関わらず帽子を忘れてしまい、顔が日焼けでいたかった。

で、成績総合。
5
サバが11匹、アジが20くらい。
まな板に乗らないので、流し台で記念撮影です。

さて、本命の、サバの刺身だ。
実は船宿のおばちゃんに、
「この時期のサバは、脂が落ちて美味くない、ていうか、昨日食べたけど、ちょっと美味しくないよ」
と、ショッキングな事実を知らされてしまったのです。
で、マサバとゴマサバがいるわけですが、ゴマサバだと味が落ちにくいとかいう情報を仕入れたので、ゴマサバの方を刺身にしてみました。
6
釣れてから5時間しか経過してないにも関わらず、早くも身がふにゃふにゃになり始めていたのですが、とりあえず食べるぶんには問題なさそう。
で、一口。

うまい!

気持ちを込めて、もう一度。

うまい!!

釣れたてのアジの刺身よりウマイ。いやアジというか、これ以上に美味い刺身を、過去10年以内に食った覚えがないぞ。
これでマズイというならば、冬に釣れたサバの刺身ってどんなもんなんだろう?
手間とスピードが勝負のサバ刺身、それは釣れた当日でないと味わえないのであります。

なお、寄生虫とか心配な人は、味噌煮とかがオススメです。

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »