« メジナ30cmの奴を釣った | トップページ | サバタイフーン »

メジナとナスの天ぷらを作る

さて、今週末は、土日にかけて、梅雨前線が接近して雨天になる予報……
ですが、良く見ると土曜日の、少なくとも午前中はまだ雨がふらない様子。
晴れたらボート予約入れようと思ってたのですが、怪しい天候なのでやめておき、先週に引き続きの陸っぱりになったというわけです。
場所は、千倉~布良あたりの、女性にも優しい釣り場全般。
この場合、釣行中の写真は、例によって、暗いので写真ナシ。

で。

夜半から午前8時にかけて、一応釣れました。
1

20cm前後のメジナを中心に、あとウミタナゴ3匹。
途中で一発、強烈なアタリがあって、一瞬でハリスが千切られました。たぶん30cmくらいのメジナだったんじゃないかと思うのですが、正体不明。

釣り方そのものは、一般的なウキ釣りでした。
メジナという奴は、自然に海中を漂う餌に食いつくっぽい。

で、食べ方はどうするかといいますと、天ぷらにしてみようと思いました。
ついでに昨日、余ったナスも天ぷらにしようと思います。

天ぷらだろうが何だろうが、魚は捌かないと食べれません。
メジナの骨は、硬い方だと思うので、三枚卸にして、骨抜きでしっかりと小骨を抜いておきます。
ウミタナゴは骨が柔らかいのですが、やっぱり食感重視なので骨は抜いときます。
2
捌いてて思ったことは、

1.ウミタナゴは身が柔らかいので、よく切れる包丁を使わないとボロボロになっちゃうよ
2.頭を落として、背開きの要領で包丁入れると、わりと綺麗におろせるっぽいよ。
3.メジナも一緒。皮がけっこう切れにくい(うちの包丁が切れないせい? たぶんそうだ)ので、誤って指を切らないように注意!
です。
上記の言い伝えを正確に守って捌くと、
3
これは三枚卸の途中経過、片面だけだけど、ほら、こんな感じに綺麗に捌ける。
右に見える、でっかい毛抜きみたいな奴が骨抜き用の道具です。
どこで買ったかというと、浦安の西友です。
あると便利。

5
さて、揚げます。
我が家では、2分ほどの時間で揚げることにしています。
2分で揚げると、ちょっとした小骨も気にせず食べれるようになるからです。
温度が高すぎると焦げるので注意。

6
ほい完成。
どうしても、身がくるっと丸くなっちゃうのですが、これはたぶん皮に包丁でも入れておけば回避できるんじゃないかと思いますが、どうだろう?
見た目よりも味重視で調理してみた今回の結果ですが……

結論。

ウマイ。
この季節のメジナは磯臭い魚ですが、そしてその臭いのもとは皮部分にあるようなのですが、揚げてしまったことにより、臭いが消滅。
ほくほくした身が、天ぷらに合ってます。
メジナの天ぷらというのを、あまり聞いたことが無かったもので、ろくに調査もしないで料理してみたのですが、これはいけます。
ついでにナス天もウマイ。
野菜の天ぷらと一緒に食べるとOKでしょう。

で、次回の予定は……

そろそろボートで釣りしたいんですよ、はい。

|

« メジナ30cmの奴を釣った | トップページ | サバタイフーン »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メジナ30cmの奴を釣った | トップページ | サバタイフーン »