« 音響防御システム | トップページ | 音響防御システムの、その後 »

サバと勝負

さて、海のボートの予約をしようと思ったら、予約一杯ということでして。さすがGWの期間は、どこも客で一杯だ。
というわけで、またしても須原屋さんのビシアジ船に乗ってきました。
ちなみに須原屋さんでは、今期のキス・アナゴのリレー船が開始されておりまして、もうしばらくしたら、私も行って来ようと思います。
さて、行ってきたのは土曜日。
遥か彼方に、浦安の釣りスポットとしては有名な、電波塔が見えます(ただし私は行ったことがありません)。
1
この日の潮周りは、小潮。潮止まりは13:00頃だったような。違ったかもしれない。
何度かアジ釣りに出かけたけれど、この潮周りというのは重要です。
潮が止まると、アタリもピタリと止まっちゃうし。
あと大潮の日の場合は、逆に潮止まりのあたりが、潮流がおさまってきて釣りやすい状況になったりするのです。
潮汐表を事前に頭に入れておけば、その日の釣りのリズムを掴むことができるんじゃないかと思います。

で、出だしは水深40メートルという、いつもに比べて浅いところ。
2
こういう浅いところだと、アジのアタリが明確で、とても分かりやすいし釣りやすいのです。
いつも80メートルとかいうところで釣りしてたので、その差は明確。
さて、第一投。

私の場合、いつも、以下のパターンで探りを入れてます。
1.仕掛けを真っ直ぐ落とし、底を取って、1メートル巻いて、竿をあおってコマセを出して、50cm巻いてあおって、また50cm巻いてあおってみる。この段階で2メートル。ここで1~2分待つ。
2.アタリがなければ、そこで竿をあおって50cm巻いて待つ。ここで1~2分待つ。
3.さらにアタリがなければ、竿をあおって、50cm巻いて待つ。
4.駄目なら、1~3の工程を、もう一回繰り返す。
5.それでも駄目なら仕掛けをあげて、コマセ補充。
以下、1~5のループ
です。

で、この日は、3の段階で、まず一発、アタリが来た。
おお、これはいいアタリ。アジの、クンクンというアタリ……、いや、なんていうか、思い切りグイグイ引っ張られるんですけれど。なんだこいつは。須原屋さんの貸し電動リールが、時々、息をつく。
で、ビシがようやく水面に来たとき、その中を高速で泳ぐ魚体が。
そう、正体は、45cmくらいの立派なサバだったのでした。
3
で、肝心のアジが来ないのよ。午前10時を過ぎる段階まで、成績は上記のとおり。
アジ3匹
サバ2匹
なぜかメバル1匹

その後、船はさらに移動。今度は水深20メートルなんだそうな。
ではさっそく、仕掛けを投入……
作戦は、前記の通りなんですが、浅いので、何となく、コマセを振るタナを通常より50cm下げてみる。
すると、ビビビっと明確なアタリが一発。その正体はメバル。
要するに、この時期、メバルは40メートルより浅いところにいるんですね。
そして、隣の人は、オニカサゴをあげてらっしゃる。背びれが危険なので要注意です。刺されたら病院送りなので、要注意。
この浅場では、一応アジはつれたものの、20cm級の小振りなものが中心で、いまいちな感じでした。

その後、船は、80メートルの深場に移動。いままでの経験から、やっぱり深いとデカイのがつれやすいんじゃないかと思います。
あと、餌は赤タンよりもアオイソメの方が良いような気がしますが、それよりもタナの取り方の方が遥かに重要だと思います。
そしてこの80メートルの深場で、ついにアジがよく釣れる状況に。
入れ食いに近い状況となり、ラスト30分で、ついに35cm級のアジが一匹。

というわけで、絶好調な一日でした。
最終成績は、こちら。
5
アジ、たぶん40匹くらい
サバ3匹
メバル2匹

そしてこの日の晩御飯は、アジ丼、さらにアジ天ぷらだ。
7
これ、アジとタケノコの天ぷらです。
意外にも、アジを天ぷらにすると、かなりいけてるのです。

8
これがアジ丼。
わさび醤油をかけて食べましょう。
こういう食い方って、釣りに行かないとできないんですよねえ。
うまいぞ、アジ。

|

« 音響防御システム | トップページ | 音響防御システムの、その後 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 音響防御システム | トップページ | 音響防御システムの、その後 »