« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

サバと勝負

さて、海のボートの予約をしようと思ったら、予約一杯ということでして。さすがGWの期間は、どこも客で一杯だ。
というわけで、またしても須原屋さんのビシアジ船に乗ってきました。
ちなみに須原屋さんでは、今期のキス・アナゴのリレー船が開始されておりまして、もうしばらくしたら、私も行って来ようと思います。
さて、行ってきたのは土曜日。
遥か彼方に、浦安の釣りスポットとしては有名な、電波塔が見えます(ただし私は行ったことがありません)。
1
この日の潮周りは、小潮。潮止まりは13:00頃だったような。違ったかもしれない。
何度かアジ釣りに出かけたけれど、この潮周りというのは重要です。
潮が止まると、アタリもピタリと止まっちゃうし。
あと大潮の日の場合は、逆に潮止まりのあたりが、潮流がおさまってきて釣りやすい状況になったりするのです。
潮汐表を事前に頭に入れておけば、その日の釣りのリズムを掴むことができるんじゃないかと思います。

で、出だしは水深40メートルという、いつもに比べて浅いところ。
2
こういう浅いところだと、アジのアタリが明確で、とても分かりやすいし釣りやすいのです。
いつも80メートルとかいうところで釣りしてたので、その差は明確。
さて、第一投。

私の場合、いつも、以下のパターンで探りを入れてます。
1.仕掛けを真っ直ぐ落とし、底を取って、1メートル巻いて、竿をあおってコマセを出して、50cm巻いてあおって、また50cm巻いてあおってみる。この段階で2メートル。ここで1~2分待つ。
2.アタリがなければ、そこで竿をあおって50cm巻いて待つ。ここで1~2分待つ。
3.さらにアタリがなければ、竿をあおって、50cm巻いて待つ。
4.駄目なら、1~3の工程を、もう一回繰り返す。
5.それでも駄目なら仕掛けをあげて、コマセ補充。
以下、1~5のループ
です。

で、この日は、3の段階で、まず一発、アタリが来た。
おお、これはいいアタリ。アジの、クンクンというアタリ……、いや、なんていうか、思い切りグイグイ引っ張られるんですけれど。なんだこいつは。須原屋さんの貸し電動リールが、時々、息をつく。
で、ビシがようやく水面に来たとき、その中を高速で泳ぐ魚体が。
そう、正体は、45cmくらいの立派なサバだったのでした。
3
で、肝心のアジが来ないのよ。午前10時を過ぎる段階まで、成績は上記のとおり。
アジ3匹
サバ2匹
なぜかメバル1匹

その後、船はさらに移動。今度は水深20メートルなんだそうな。
ではさっそく、仕掛けを投入……
作戦は、前記の通りなんですが、浅いので、何となく、コマセを振るタナを通常より50cm下げてみる。
すると、ビビビっと明確なアタリが一発。その正体はメバル。
要するに、この時期、メバルは40メートルより浅いところにいるんですね。
そして、隣の人は、オニカサゴをあげてらっしゃる。背びれが危険なので要注意です。刺されたら病院送りなので、要注意。
この浅場では、一応アジはつれたものの、20cm級の小振りなものが中心で、いまいちな感じでした。

その後、船は、80メートルの深場に移動。いままでの経験から、やっぱり深いとデカイのがつれやすいんじゃないかと思います。
あと、餌は赤タンよりもアオイソメの方が良いような気がしますが、それよりもタナの取り方の方が遥かに重要だと思います。
そしてこの80メートルの深場で、ついにアジがよく釣れる状況に。
入れ食いに近い状況となり、ラスト30分で、ついに35cm級のアジが一匹。

というわけで、絶好調な一日でした。
最終成績は、こちら。
5
アジ、たぶん40匹くらい
サバ3匹
メバル2匹

そしてこの日の晩御飯は、アジ丼、さらにアジ天ぷらだ。
7
これ、アジとタケノコの天ぷらです。
意外にも、アジを天ぷらにすると、かなりいけてるのです。

8
これがアジ丼。
わさび醤油をかけて食べましょう。
こういう食い方って、釣りに行かないとできないんですよねえ。
うまいぞ、アジ。

| | コメント (0)

音響防御システム

最近、気がついたのですが、我が家(アパート)の壁、薄いです。
薄いというか、音が通るというか。
集合住宅だと、この、隣家の音というのが、意外と厄介な相手になりますです。

不動産屋の人にいわせると、
「騒音の基準というのがありまして、基本的にはそれに従った構造物ですから」
と言うことらしいです。

で、騒音の基準というのが満たされていたとしても、音響が気になることは気になるのです。
まあそういうもんです。

そこで、こういうのを購入してみました。
1
これこそが、遮音シート「アン・ノイズ」です。

ちなみにどうやれば買えるかと言いますと、こちらのリンクを参照してくださいませ。

http://park1.wakwak.com/~are/annoise/index.html

その防音性能、設置方法などについては、色々と親切な説明がありまして、一般的に不安を感じる要素は全て解説されていると思います。あと、試供品とかももらえますので、自宅に設置可能かどうか、事前に知ることができていい感じ。

で、10m巻きの奴が1万円ちょいなので、買ってみたんですよ。
それを家に設置したというわけです。

設置作業中……
2
まず一枚目。
きちんと寸法を計ってから取り付けましょう。
重量がそれなりにあるので、注意。
できれば二名で作業するべきです。
一人だと、このシートを支えながら、両面テープを張りながらとかで大変です。

3
こんな感じで張り付けていきます。
これはまだ仮止めの状態。
本止めをしたあと、完了したら、この上から、壁紙を張るとか、色を塗るとかすれば良いでしょう。

これが、我が家の音響防御システム。
その性能は……

たぶん、隣家からの音響は半減してます。いや、もっと減ってると思います。
ただし、物が床に落ちたような、ドスンという重低音は、これでは防御できません。
テレビの音響、会話、そいういった空気が振動して伝わる音に対しては、額面通りの性能が出るという感じではないでしょうか?

と思うんですが、張り付けてから、まだ大した音が隣家から聞こえてきてないので、本当に性能がでているのか、単に隣が静かなだけなのか、まだ不明です。
もうちょっと経過してから、またレポートしようという感じ。

設置がけっこう大変なんですけれど、隣家の音響が気になる方、検討されてみては如何でしょうか?

| | コメント (0)

ビシアジなのだが、カメラの電源切れ!

さて、去る日曜日、須原屋さんのビシアジ船に乗ってきました。
嫁がアジ食べたいと申されましたので。

13日、日曜日の気圧配置図を見る限りでは、特に問題なさそうな感じ。ただし曇り時々雨の予報。
前日が、かなりの好天なだけあって、ちょっとがっかりですが、釣りに行けるのは素敵な事だと思うのです。
ところが土曜の晩、凄まじいザーザー降りの雨。ううう。そんな予報出てたっけ? と思うくらいの勢いの良さに、久々に天気に殺意を覚えながらの就寝をしたことを、今でもよく覚えてます。
でも目が覚めてみたら、小雨程度におさまっていて、これなら大丈夫と船宿に出発した次第でした。

ちなみにビシアジをやるには、電動リールとかビシ竿とかが必要なわけですが、私、そのような道具は一切持ってないんですよ。
で、いままで何度もビシアジやってましたが、ぜーんぶ貸し竿、貸しリール、貸しのアンドンビシだったりするわけです。
さすがにそろそろ、買ってみた方がいいんじゃないかなあと思ってはみたのですが、財布が相談を拒否するのでありました。

さて、出船直前。
須原屋さんの船は、旧江戸川に係留してあるのですが、その江戸川が
1
最高に泥濁りです。
前日の豪雨のおかげです。
たとえばこれが富浦だったら、もうお手上げ状態になるわけですが、アジの場合は水深が60~80メートルあたりでやるので、たぶん大丈夫だと思います。

さて、浦安から観音崎のあたりまで船は疾走するわけですが、この間約1時間半。
けっこうヒマです。他の人は何してるかといいますと、大抵寝てます。
自分も寝ます。
で、何となく船が減速したあたりで目が覚めます。
船が減速すると、釣り場が近づいた証拠なんです。
そのとき、一応、携帯を見てみるわけですよ。
私、携帯電話が時計代わり、かつカメラ代わりなのです。
その携帯が、電池EMPTY状態になってしもうた。

というわけで、今回、釣り場の写真はゼロです。

今回の釣りは、まず結論から言いますと、終始つれ続けて調子が良かったなあという感じです。
しかし、無念な事がいくつか。
まず一つ。潜水艦が目の前を通って行ったにもかかわらず、写真撮れなかった!
二つ。強襲揚陸艦っぽいのが目の前を通って行ったにもかかわらず、写真撮れなかった!
三つ。海上自衛隊の護衛艦が目の前を通って行ったにもかかわらず、写真撮れなかった!
これを無念といわずして何と言いましょう。
釣りとは関係ないような気がしますが、無念は無念なのです。ううう。

それはそうとして、立派な収穫もありました。

この日、午後から潮の流れが急激に速くなってきまして、タナを取るのが困難になってしまったのです。
でも、そんな中で、どうにかタナを捕まえることに成功。
糸が思い切り横にでてる場合、1.5m程度しか巻いてなくても、海中ではビシが2.5m付近を漂っているらしく、それでアジが食ってきた、という事。
タナの探り方は、今回は、
・とりあえず、垂直に延ばしたら、たぶんここが底、と思うとこまで糸を出す
・10~20cm巻いて、30秒くらい待って、アタリが無ければまた10~20cm巻いて、を繰り返す。
という方法でやってみました。アタリが来たら、そこらへんが正解のタナということで。

で、結果的には、アジ43匹という成績を残しました。
竿頭の人が58くらいで、二番手が44くらいらしいので、私はたぶん3番手。
そして、帰って来てから充電して撮影した写真が、これ。
2
立派な金アジです。
色が綺麗だ。これが美味いのですよ。

3
そして晩御飯は、これ。アジのタタキ。
ただひたすらに美味いのです。
アジは美味いなあ。

で、そろそろボートにも出かけてみようと思ってます。
目標、マゴチorでっかいカサゴ。
行くのはいつ頃になるんだろうか?

| | コメント (0)

カサゴがそれなりに釣れた須原屋乗合

昨年の11月半ばから、夜、23:30より早く帰宅してません……
まあその、色々あってですね。システム屋に深夜勤務はつきものです。

ここでちょっと、軽く自己紹介させてもらいますと、自分はデータベースとかネットワークとかのシステム提案、開発構築、あとWEBシステムも色々やってるのに加えて、画像処理のシステムというのもやってます。これとか。関連製品も全部手がけとります。
http://www.yti.co.jp/berenices/berenices_hcs.shtm

人体の顔パーツを、写真一枚から分解して、あいまいな境界線を綺麗に分解して、本物と遜色無い精度のカラーシミュレーションを行うシステムです。
写真一枚撮影してから、シミュレーション開始まで30秒以内で可能とか。
ちなみに↑のやつですね、正月のテレビ番組ででてました。
さんまとキムタクの番組で、さんまが髪染める時に使ってたシステムですよ。
あれ作ったの自分ですよ。よろしくです。
他は、CCTVカメラの画像から落石検知とか、渋滞検知とか。
そういう技術をいっぱい持ってるんで、製品開発、カスタマイズその他諸々請け負いますんでよろしくお願いします。

で、色々あって忙しかったので、先週の釣行から一週間経過したにも関わらず、なんと書き込んでなかったのでした。
これはいかん。
というわけで、先週の結果ですが、今ここで記載させていただきます。

そろそろ富浦ボートが解禁なのですが、たぶんもう少し温かくなってから出かけると思います。でも、須原屋さんの船で、やり残したことがあるので、今しばらくは須原屋さんに世話になります。
ああ、桜が綺麗だ。もう春だなあ。
1
メバルは、春告魚と書かれる通り。で、この日は凪で、やや曇天。これがメバル日和と呼ばれる条件らしいのです。
あとは濁りが入っていればなお良し。

ところが釣り場では、潮が澄んでいたのでした。
こうなると、メバルと言わずにカサゴを狙った方が良い感じなのです。
そこで、胴突き3本針仕掛けの、一番下にはサバの切り身を装着。
この時、サバの切り身の皮の、黒いところに針をさして、白いところが短冊のようにぶら下がるように付けるのが正しい付け方なんだそうです。

仕掛けの動かし方も、カサゴ狙いなので、ちょっと変えます。
メバルを釣る時は、ナチュラルに仕掛けを漂わせて、時々上下にゆっくり動かす程度なんですけれど、カサゴの場合は、積極的に、石の隙間に仕掛けを落としていきます。根掛かり上等です。
たまに、アタリがあっても乗らない場合はあります。大抵はチビカサゴの仕業です。なので
がっかりする必要はありません。
という感じでやっていったら、糸を垂らして10分後くらい、さっそくカサゴヒット。
カサゴは、最初に一発、強いアタリがありますが、リールを巻いてる最中はそんなに暴れません。
メバルはリールを巻いてる最中もグングンと引っ張ってきます。なので、魚体を見なくとも、何が掛かってきたのかは何となく分かるんです。

で、思惑どおりというべきか、
3
うむ、立派にカサゴだらけ。

ところで、この日、隣に座っていたのが、小学校の低学年くらいの親子お祖父さんの3人組だったのでした。
メバル釣りは、簡単なようで、けっこう繊細なところがありまして、ちょっと油断するとすぐに仕掛けがパーマみたいにぐちゃぐちゃになってしまいます。
で、小学生が奮戦してるんですが、仕掛けが目茶苦茶になったり、根掛かりしたりで全然釣れてないのでした。
人事ながらも、これは釣れてほしいなあと思っていましたが、状況的に言っても難しい……
と思ってたら、小学生、いい型のカサゴを釣り上げました。
大人と子供で大はしゃぎ。見てるこっちも、内心で、おお、よくやった素晴らしいと絶賛。

そんな感じで、心温まる乗合だったのでした。

ああそう、実はこの乗合船、メバルカサゴ・キスのリレー船です。
で、キスがですね、水温低下か何かで、ウルトラ絶不調。
私と、他の誰かが一匹釣り上げたくらいで、全然駄目。
まあそういうわけで、東京湾の落ちキスは、絶不調らしいのでした。
浅瀬の方がつれ始めてるみたいなので、そっちに期待するとしましょう。

さて、この日の成績。
4
メバル 2
カサゴ 5
キス    1

ううむ。去年はもうちょっと成績良かったような気がする。
全般的に東京湾の水温が低めならしいので、温かくなるのを待ちましょうということですね。

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »