« メバル・キスのリレー船でサメを釣る | トップページ | 大潮でビシアジ釣り、は、けっこう困難 »

ドチザメに味噌煮込み

さて、この前釣り上げたサメ。
サメ肌で掴みやすかった魚でした。ええもう、カワハギ並に掴みやすかったです。
そんなサメですが、釣果不調な日だった故に、リリースせずに持って帰って来た次第であります。
5

さて、こいつをどうやって料理してくれよう。
この手の魚ですと、アカエイを料理したことがありました。
アカエイの場合、味噌煮込みにして食べると美味しかったので、たぶん、このサメも味噌煮込みにした方がいいんじゃないかと思いまして。

で、料理方法なんですが、色々と調べてみると、

  1. 頭を落とすべし
  2. ヒレを全部落とすべし
  3. 皮を剥ぐべし
  4. あとは適当にどーぞ

なんだそうだ。
というわけで、とりあえず頭を切断。
すると、何と言うか、サクっという感じで切断できたじゃないですか。
骨が、まったく硬くない。
軟骨?
いや、触ると硬いんですけれどね、包丁の通りが、妙に気持ちいいんですよ。
サクって感じです。そう、他に表現の言葉が見つかりません。

で、捌いて内蔵を出してみて……

クサイ。

内蔵、けっこう臭います。季節で変わるかもしれないんですけれど、アンモニア臭い。
ゴミを出す日まで、ちょっと日数あるんですが、こういう臭いのもとを、残飯入れに放置しておくのは、生活環境にたいしてあまりにもよろしくないですよ。
というわけで、ビニール袋に突っ込んで、冷凍庫に封印。こうすれば臭いは遮断できます。

続いてヒレ切断。
これはまあ簡単です。サクサクズバズバ切れば良し。

そんでもって、三枚おろし。
これも簡単。ほんと、文字通り、サクサクズバズバ切れます。

最後に皮を剥いだのですが……
皮、けっこう硬いのね。
でも、エイほど固くなかったので、わりと剥がしやすかったです。

なお、上記工程の間、写真を取るのをわすれてしまい、まことに申し訳ありません。

そして、後は普通に味噌煮込み。

2
どうでしょうか?
普通にそこらの魚の料理と、たいして変わらない見た目でしょう。

で、肝心の味ですが……

うまい。
特にクセと呼べるようなものもなく、ホクホクした身が、じつにうまい。
サメと言わずにこの料理を出されても、「何かの魚の料理だろう」くらいにしか思わないでしょう。
それくらい、普通に食べれる。
で、骨がちょこっと混じってましたが、これ、軟骨そのものですな。
サメってひょっとして、全身軟骨でできてるの?

とまあ、そんな感じでした。
写真が少ないので、晩御飯の他の調理メニューをどうぞ。

3
シロギスのなめろうです。
しょうゆをかけて食べると美味しい!

4
カサゴとメバルの刺身なり。
20cm前後のサイズの魚だったゆえ、捌くのがちょっと大変だったけれども、まあ何とか捌けました。
うまいね、根魚の刺身って。

次は、アジ釣りに行ってきて、アジの美味さにむせび泣くのが目標であります。

|

« メバル・キスのリレー船でサメを釣る | トップページ | 大潮でビシアジ釣り、は、けっこう困難 »

料理」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
ドチザメ、食えることは食えるのですが、目つきが悪いです。
料理中、ずっと睨まれます。
それさえ我慢できれば……
あとフカヒレって、どうやって作るんだろう?

投稿: いち | 2009年5月24日 (日) 午後 11時23分

はじめまして。
ドチザメで辿り着きました(笑)
昨日私もドチザメを釣ってリリースしたんですが、食べれたのかなと思って調べていたらこのページに。
美味しかったそうなので今度は私も持ち帰ろうかなと思います。

投稿: nak | 2009年5月24日 (日) 午前 09時58分

軟骨魚について調べてみました。
浸透圧調整のために、尿素が体に蓄積されていて、死後に微生物が尿素をアンモニアに分解するために、臭くなるんだそうです。
ということは、いただく場合は、速攻調理が基本ということなんですね。
ワタとエラ取って冷蔵庫に保管、は効かないのだろうか?

投稿: いち | 2008年3月25日 (火) 午前 12時57分

サメやエイは軟骨魚ですね。
アンモニア臭くなっちゃうのも軟骨魚の特徴です。

って、生物の時間に習った気がします。

投稿: しんぺい | 2008年3月24日 (月) 午前 12時38分

ヒレは……
小さかったものですから……
皮剥けなかったのです……

60cmくらいのサメが釣れたら、きっと調理できたに違いないのですが……

次回、チャレンジしてみよう!

投稿: いち | 2008年3月14日 (金) 午前 01時31分

サメ料理、うまくできたのですね~。ヒレは・・・。フカヒレにはできなかったのですか?

投稿: あきら | 2008年3月11日 (火) 午前 12時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メバル・キスのリレー船でサメを釣る | トップページ | 大潮でビシアジ釣り、は、けっこう困難 »