« イージス艦と一緒にアジを釣る | トップページ | 久々に髪切った »

マンションに囲まれた釣り堀でニジマスを釣る

注意!

京葉観賞魚は、現在、無くなっており、跡地はコンビニになっております。

この記事は、過去のとある日の京葉観賞魚の姿の思い出ということでよろしくお願いします。

確定申告の季節になってしまいました。
今年は、やよいの青色申告の使い方をマスターしたうえに、簿記2級の嫁の力を借りて記帳したので完璧です。
たぶん。
後で帳簿フルチェックして税務署に行ってきます。
でも面倒なので、来年はe-Taxにしようと思います。

で、今日はですね、釣り堀に出かけてきました。
その場所というのが、私の仕事してる会社のすぐそばだったりします。
過去10年間、その釣り堀の目の前を素通りしてきたのですが、いままでとっても気になっていたところだったんですね。
場所は、ここ。

京葉鑑賞魚の地図

京葉鑑賞魚というところで、たぶん釣り堀業よりは、錦鯉の養殖が本業なんじゃないかと思います。
で、たぶん、コイとかフナとかの釣り堀だと思って来てみたんですが、ニジマスもやってるじゃないですか。
しかも1匹300円也。
これはお手頃価格。安い。
那須に旅行したとき、あっちの釣り堀だと、1kgあたり1000円とか。
2匹釣ったら余裕で2000円くらいになっちゃいます。
それと比べて300円。これはやらずにいられるか。

で、おじさんに、ニジマスやりたい旨を伝えると、
「あっと言う間に終わっちゃうよ」
だそうで。

それを承知で、さっそく釣り開始。
1
ちなみに、こんな感じの釣り堀です。
目の前に錦鯉の養殖池があります。
この手前が、ニジマスの釣り堀。畳で言えば2畳から3畳くらいかね。

2
こういう感じの池です。
水はとっても綺麗。そうでなければニジマスは生きられません。
そして釣り竿は、おなじみの竹というか笹というかの竿に、ウキに、バーブレスな針。
煉り餌を丸めて針につけるのです。
で、投入してみると、あっと言う間にニジマスが突っ込んできて、パワフルなアタリ。
しかしバーブレスなので、餌だけ取っていかれることが多い。
が、そのぶん楽しめるぞ。
まったく釣れないわけじゃなくて、だいたい5回も投入すれば1匹は釣れるんです。
3
はい、一匹目。
これが4匹釣れるまで、15分もかからなかったに違いない。

さて、あんまり沢山釣ってもしょうがないので、4匹で打ち止め。
続いてコイでも釣って時間を潰すことに。
おじさんには、「つぎ、コイやってみるから、このニジマス置いといてくださいね」
とお願いして、コイにチャレンジ。
一時間あたり650円也。これもまあ安い。

4
コイの池は、こんな感じ。
見事にマンションの谷間です。
そして池の色は、茶色。
コイとかフナとかの釣り堀の色って、たいがい濁ってるような気がします。
こういう濁りは、わざとやってるに違いない。澄んでると釣れないとか、そういう理由なのかもしれんけれど、よく分からんです。
5
で、さっそく糸をたらしてみるんですけれど、釣れないなあ。
プロっぽい人が数人いて、そっちは釣れてたみたいです。
でも自分には、アタリ一発も来ない。
そして、寒い。ううう。
釣りって、じーっと座ってるから、寒いんだなこれが。
6
何度か場所を変えてみたけれど、結局アタリは来ず。
ていうか、季節柄、寒いので、アタリ来るまで待てなかったと言った方が良かったかもしれん。
釣れてる人がいるんだから、魚はいるし、食い気もあるに違いない。
でも寒いので、40分くらいしてから撤退です。
良きヒマ潰しになりました。

で、帰りですが……
7
これ、ニジマス4匹。
こんな感じで袋を手渡してもらいました。

問題は、私、本日、この釣り堀に歩いてやってきたという事ですよ、はい。
私の家は、西船橋から一駅の位置。
歩いて来れる位置だったし、やっぱり人間、健康のために歩いた方がいいじゃないですか。
だから歩いて来たんですけれど……

こんな感じで、シースルーな袋に、元気なニジマス4匹入れて、歩いて家に帰るという事態は想像してなかった。
8
通りすぎる人達の、熱い視線を感じながら家に帰ったのだった。
釣り堀から家まで、おおむね30分……。

ちなみに、京葉鑑賞魚でニジマスを釣った場合、その場で焼いて食う事も可能です。
でも、晩御飯ならびに翌朝の朝御飯にしたかったから、
「持って帰って捌きます」
と言ったので、こういう搬送をするはめになったのであった。

|

« イージス艦と一緒にアジを釣る | トップページ | 久々に髪切った »

釣り」カテゴリの記事

コメント

非常に参考になりました^^
ありがとうございます。

私も今年はそのようにしてみようと思います。まずは少し本かって勉強してみようと思います。

投稿: 星輝 | 2008年3月16日 (日) 午後 09時51分

星輝さん、こんばんわ。
ソフトの操作をマスターしたといいますか……
複式簿記の書き方を色々と調べたり聞いたりで、徹底的に調べて、やよいの青色申告で帳簿を作っていくうちに、いつのまにか必要な操作が普通にできるようになった、という感じですね。
やよいの青色申告は、わりとシンプルな操作で良いと思うのですが、仕訳のやり方を知らないとデータの入力のしようがないので。そこで、個人事業主用の簿記の本を読んだり、ネットで調べたり、会社の経理の人に聞いたりして帳票を作る事にしたのです。
預金出納帳だけをまず書いてみて、次に現金出納帳をかいてみて、おお、総勘定元帳に転記されてる、これは楽だ、なら、按分比率はこう入れて……、おお正しい、とか。
ソフトの操作というより、この仕訳は、こう書く、という知識の方を身につけたら、やよいの操作も自然と分かったというところでしょうか。
参考にならなくて申し訳ありませんm(__)m

投稿: いち | 2008年3月15日 (土) 午前 01時11分

ソフトをマスターしたってことですが何かで勉強したのですか?
実はいまかなり苦しんでいます(苦笑

投稿: 星輝 | 2008年3月14日 (金) 午前 09時17分

こんばんわ。
こういう、マンションの谷間にある釣り堀で、コイやフナならともかくニジマスがいるというのは凄いですよね。
私も10年、この前を歩いていて、全然気がつきませんでkした……

投稿: いち | 2008年2月26日 (火) 午前 01時09分

こんにちは。ワタシは西船橋近辺在住なので、実はご近所さんですね。この場所、金魚屋さんかと思ってたんですが、釣堀があったんですね。しかもニジマスがいるとは・・・。

投稿: あきら | 2008年2月24日 (日) 午後 05時12分

寂れた感は、間違いないと思います。
私も、最初、入って良いものかどうなのか、迷いました。
で、中に入ってみると料金表とか張ってあって、ガラス窓の向こう側で、おじさんがテレビ見ながらくつろいでたので、窓をノックして呼び出したという次第。
どうやらマイ竿持ち込み可能らしいです。
ちなみに私の家は、京葉鑑賞魚まで、徒歩約30分だったりします。
30分、ニジマス4匹(活きたまま)輸送するのは疲れたです。

投稿: いち | 2008年2月18日 (月) 午後 09時09分

ありゃ近所のヒトだなあ、と思っていたのですが激しくご近所ですw
この京葉観賞魚さんて営業してたんですね。私もしばらく前にのぞきに行って見たのですがなにやら寂れた感があって・・・とっても参考になりましたw

投稿: ocean | 2008年2月17日 (日) 午後 11時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イージス艦と一緒にアジを釣る | トップページ | 久々に髪切った »