« アナゴスペシャル | トップページ | セイゴの塩焼きが食いたくなった話 »

ボートカワハギ釣り

ここ一週間ほど、頭を使いまくって馬鹿になりそうな日々を送ってました。
頭を使う仕事はしてますが、別ジャンルの方向でもまた頭を使わなければならないとなると、話は別です。
法律って難しいですなあ。

それはさておき。

撮影するだけしといて、書くのをすっかり忘れていましたが、先週、ボートでカワハギを釣りに行ってたのでした。
個人的に、ボートと言えばキス及び泳がせで大物狙い、というのが毎度のパターンだったのですが、たまには新しい分野に手を出してみるのも悪くないかと思ったのです。
で、カワハギがよく釣れてるという噂を聞いたので、じゃ、カワハギやってみるかと。
だいたいそんなところが動機ですね。
大塚なんとかって人の、カワハギ釣りの講座を見たりしてイメージトレーニングは完璧。
完璧じゃないのはただ一つ、カワハギ用の竿を持ってないということですかね。
いつも使ってるキス竿で代用できるかどうか不安だったんですけれど、
「深さ10m前後でやるなら、キス用でも問題なし!」
という、アドバイスを受けたので安心してgo!

ところで、カワハギ釣りの餌といえばアサリが定番。
でもアオイソメでも遜色ないくらい釣れてるという話だったので、アオイソでチャレンジしてみました。
余談ですが、アサリに比べてアオイソメの方が、アタリの数は落ちるものの針掛かりする率は高いんだそうです。アサリに比べて食いちぎりにくいので、かじってる間に針に掛かるんだとか。

というわけで、さっそくチャレンジ。
ちと北風が強いものの、アンカー下ろして釣るぶんには問題なし!
慣れてないと酔うと思うけれど、自分の場合は耐性ついてて大丈夫さ。
仕掛けは、オーソドックスなカワハギ仕掛け、3本はり、針は3号を使用。
アオイソメは適当に針に差して、1cmくらい垂らす感じ。
さあ仕掛けを投入!!

で、着底してから数秒、はやくもビビビっとアタリがきた!
いろんなタイミングでアワセを入れてみるものの、空振り、空振り。
で、1分経たずに餌がとられてしもうた。
やるなカワハギ、食い逃げの腕だけは天下一品だ。
そして、今度はもうちょっと空アワセを入れるようにして、第2波投入!
ビビっと、来た瞬間、または来なくても、シャカシャカと竿を振る。
で、グゴゴっと重くなる! おらー、掛かった、リール巻け巻け!!
1
おお、素晴らしい。
肝が張ってるカワハギが釣れた!!
ビチビチと元気よく跳ね回ってます。
こいつは25cmくらいのサイズで丁度良かったのですけれど、たとえこれより小さくても引きがけっこう強いので、カワハギ釣りは面白いのです。

で、これ一匹釣れた辺りから、どうやら魚がボート真下に集合しだしたらしく……
仕掛けを落としてる途中に、もうアタリらしきものがある。そしてオモリが着底したあたりで、数度のアタリがあったのち沈黙。その間5秒程度。もう餌なしというのの繰り返し。
恐るべしカワハギ。
あの手この手で、餌の付け方を変えたりとか、たるませたり、シャカシャカ振り回してみたりしてみるものの、魚の方が上手のようで、なかなかヒットしない……
と思ったら、久々にズッシリと来たー!!
2
はい、ササノハベラでした。
カワハギ以外の種族も集まりだしたみたいです。
一応、こいつは最初に釣ったカワハギ並のサイズだったのでキープしといたのですが、この後釣れてくるのは、ほとんど小さいベラばかり。
そこで場所移動をしてみるわけですが……

3
このサイズのカワハギが連発!
えらく小さい口なのに、よくもまあ針掛かりするもんだと、逆に感心してしまいます。
その後、このクラスが20匹くらい釣れてきたんですよねえ。
もうちょっと大きいのが釣れてくれると嬉しいんですが、なかなかそうも行きません。
時々、何とかキープサイズのカワハギも釣れるんですけれどねえ。

4
しかし、何だかんだ言っても、午前11時ごろにはこんな感じ。
大体がカワハギです。
リリースした小魚は、この時点で30以上。
ほぼひっきりなしにアタリが連発して、面白い釣りなのは間違いなかったんですが、大漁とは行きませんでしたねえ。
しかし、何の間違いか、小振りながらもアジが1匹釣れてきたり。

最後は、ボート屋さんに、イナダ1匹もらってお終いでした。
5
カワハギ4匹
ウマズラハギ1匹
ササノハベラ1匹
アジ1匹
あとは貰い物のイナダ1匹。

富浦のボート屋さんは、25日でシーズンオフになります。
それまでの間、あと2回は行ってみたいですなあ。

|

« アナゴスペシャル | トップページ | セイゴの塩焼きが食いたくなった話 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アナゴスペシャル | トップページ | セイゴの塩焼きが食いたくなった話 »