« セイゴの塩焼きが食いたくなった話 | トップページ | 家の者と私の関係について »

セイゴの塩焼きが食べたいの本文

実はこの三連休、田舎(青森)から両親が来る事になっていて、そのせいで色々と忙しく、記事書くことができないでいたのです。
何しに来たかというと、それはあとで書くとして。

11月の某日、セイゴの塩焼きが食べたくなったので、千葉県を行脚することにしました。
釣れないなあと思ったら、即移動するということを前提とした、粘らない釣り作戦です。
だんだん寒くなってきたし、一カ所でじっとしてるのもアレですから。それに、ドライブも兼ねてということで。という企画です。

AM05:00 富津新港
ここでは、ハゼ1匹、ただし20cm以上の良型が1匹釣れるも、後はフグの猛攻で終了。
4cm前後のチビフグがうじゃうじゃいて、付け餌が瞬殺されてしまうんです。
AM07:00まで頑張ってみたけれど、やっぱ駄目ということで撤退……

AM07:15 下州港
ここは富津岬の南側。テトラで穴釣りをすると、アイナメとか来る時があります。
足場はそれほど広くないのですが、良いとも悪いとも言えない場所、というのが私の評価。
夏場、隣接してる海水浴場あたりでジェットスキーが動きだして、うるさい所でもあります。
で、何か工事中っぽかったので、竿出さずに撤退。

さて、ここで、次の移動先について悩みました。
南に下るか、東に抜けるか。
結論としては、最近、外房に行ってなかったので、行ってみるか、ということに。
そこで、鴨川漁港にいくことにしました。
弁天島とかある方の堤に向けて、レッツゴー。

AM09:00 鴨川漁港
弁天島とかある堤に行こうとしたら、公道上で、漁師が網を広げてて先に進めませんでした。
そこで、小湊港に移動することに。

AM09:30 小湊港
防波堤の上で、漁師が網を広げていて先に進めなかったので、何となく撤退しました。
仕方がないから、千倉方面に移動することに。

AM11:30 千倉港
途中で飯食ってたので、こういう時間になりました。
千倉港に到着したころは、日が頭上です。あったかい、というか暑いぐらいです。
海を見ると、5cmくらいの小魚の群れ。うじゃうじゃいます。
あと、壁際に20cmくらいのメジナが泳いでるのが見えます。
じゃあ、ここでやってみるかと言うことで、竿を出してみることに。
ちなみに仕掛けは、浮き釣り。浮き下は1.5mくらい、付け餌はアオイソメです。
壁際と、小魚の群れの脇に投入。
で、そのまま餌が取られるでも無く、30分ほど経過……
したところで、浮きが沈んだ!
リールを巻くと、良い手応え。そして
2
はい、25cm前後のセイゴです。
どうやら目の前には、小魚の群れを追ってきたセイゴの群れがいるっぽい。
時々、小魚の群れniセイゴが突入してきて、小魚の群れがざざっと動く。
おお、これはみていて面白い。
いや、みてるだけじゃなくて、チャンスだから釣らないと。
ということで、第二投。目標は、小魚の群れの外側。
で、30秒くらい待つと、再び浮きが沈む!
そしてまたセイゴ!
……
というのが3回ほど続いたところで、何か状況が変わってきました。
さっきまで、餌に見向きもしなかった小魚が、積極的に餌を食うようになってきたのです。
餌が瞬殺されてしまう。
この状況をまとめると、つまりこういうことでしょう。
セイゴの群れに追われていた小魚は、餌くうどころじゃなかったので、こっちの仕掛けの餌は無視してた。でも、どうやらセイゴの群れが去ってしまったので、安心して小魚が餌を食い始めた。
なるほど、つまり、餌取りが活発だと、フィッシュイーターは不活発な状況であるとか。
勉強になったところで、移動開始。
粘ってても、餌だけ取られる状況だったので。

PM03:00 野島崎灯台の脇の小さい港
ここは、磯の中に無理やり港を作った、といえる様な場所です。
磯っぽいし、船道の潮通しが良さそうなので、ここならきっと好調だ、と思いきや……
フグの猛攻です。すごい活性です。
なにしろ、餌を水面(まだ水中に入れてないのよ)でゆらゆら振り回すだけで、フグの大群が、ざざっと寄ってくる。そしてジャンプするフグまでいる!
餌も、投げたら10秒で消滅。フグの群れが餌に突進していくのがわかります。
1時間ほど粘ってみたけれど、フグしか来ないので、早々に撤退!

PM04:00以降 
ここまでの成績、ハゼ1匹、セイゴ3匹。
とりあえず目標が釣れてるからいいんですけれど、大行脚のわりには少々寂しいこの釣果。
どうしたもんかと考えていたのですが、ともかく富浦湾の周囲で、本日の締めにはいるかと思いまして、あの辺にあるいくつかの港へレッツゴー。
1_2
ああ、今日も日が沈む。でもいい景色なのです。クリックすると拡大します。
この時間帯、中途半端な明るさで物が見えにくくなります。
ドライバーの皆さんは安全運転を心がけましょう。
で、浮きに電池を仕込んで、電気浮きにして潮に乗せて釣り開始。
電気浮きが海面をゆらゆら動くのは、何度みても和みますなあ……
お、沈んだ! リールを巻いてる途中、水面を跳ねる魚。
あれが有名なエラ洗いという奴ですか!
でもあっと言う間に網の中。
そうです、仕掛けは壁際から3メートル前後のところを流していたので、取り込みはあっと言う間なのです。
3
そしてこの直後より、セイゴが入れ食い状態!
投入後1分以内にアタリがあって、休む暇無し!
これは楽しい。
水面が、ざざざっと動きだしたかと思ったら、セイゴが跳ねる!
で、アタリが来る!
何が何だかよく分からないんですけれど、セイゴがいい活性なんです。

そんな好調も、数分経過したら終了。
あとは、さっきまでの祭りが嘘みたいに静まり返って、浮きも動かない。
完全に日が沈んで、何も起きないので、もうここまでだなと観念して、この日は撤退です。

というわけで、成績。
4 4_2

セイゴが8匹、ハゼが1匹。
もちろん塩焼きです。
塩焼きがウマイさかななのです。

どうでもいいけど、このハゼでっかいなあ。

|

« セイゴの塩焼きが食いたくなった話 | トップページ | 家の者と私の関係について »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セイゴの塩焼きが食いたくなった話 | トップページ | 家の者と私の関係について »