« 夜釣りフッコ、で、自己流捌き方 | トップページ | 業務連絡であります。 »

夜討ち朝駆けで釣りをする

来週、我が家は引っ越しです。
日中は、家にあふれる様々な物を片づけてるため、大好きなボート釣りに行く余裕がありません。
余裕が無いのは、先月あたりからずーっとです。
しかし、余裕がない人でも、寝る時間を削れば釣りできる。
しかも今週は三連休、かつ土日は天気が良さそうときた。
ならば、あれだ。
夜釣り~朝釣り、つまり徹夜、夜討ち朝駆けで陸っぱりで釣りをする大作戦。
今回の主目的は、セイゴ、フッコ等の釣り、予備目標はメバル。
アオイソメを用いて、日が沈む頃から日が昇る頃までやってみるという目論見であります。

場所としては、富津新港で始め、深夜に南房総の千倉まで移動して釣りをする。
状況に応じて場所を変える臨機応変さを見せつけるべし。
というわけで、まず富津新港に移動してみました。
時に、15:00。

で、異常に混んでます。
普段の週末の3倍は混んでます。
何が理由でここまで集結しているのか、やはり三連休という理由なのか、その辺りはさっぱりわかりませんけれど、あの広い富津新港がギュウギュウです。
あまり混雑してると、こっちがやる気にならないんですが、まあいいかと思って釣り開始。

とりあえず、オモリ一個に針一個のブッコミ仕掛けでチャレンジしてみますが、いまいちアタリがわかりません。
そこで、ウキに丸セイゴ9号の針に換装。
1
夕焼けが綺麗で、真正面に見えるのはたぶん富士山。
こういう天気の時に釣りするのは好きですねえ。
でもこういう時間は、物が見えにくくなってきます。懐中電灯必須です。

仕掛けに目をやってみると、次第にウキが見えなくなってきて……
電池を入れて発光させ、再び投入。
で、ボコンボコンとウキが沈む!
2
メバル!
おお、メバルだ、煮付けにすると最高にウマイ魚!!
冬の乗合船で、これを釣りに行くのは大好です。

続けて投入。
すると直後にアタリあり。
メバルと違って、手前に仕掛けが走り出す!
3
その正体はウミタナゴ。
25cm程ある良型です。
普段は10cm前後のが良く釣れるんですけれど、こういうサイズは初めてですね。
色が赤ければ、タイと偽っても信じる人は多そうな感じ。

で、また仕掛けを入れてみます。
水中が暗くて良く見えないので、どこが根で、どこが砂地かよくわかりません。
じっくりとウキを眺めて待っていると、今度は垂直に、ぽすっと沈みます。
何となく前回釣り上げた、メジナのアタリに似てる動きなので、2秒ほど待ってから合わせてみると、そこそこ強いアタリ。
巻き上げてみると、予想通り。
4
こっぱメジナです。針を飲み込んでる奴は、、死んでしまうのでキープ。
それ以外はリリースです。

てな感じで釣りをしてるのですが、日が完全に沈んでしまいました。
腹が減ったのと、移動をしてみようと思ったので、富津新港は一時退避。
しかし車の数が多い……

続いて千倉に移動。
広大な千倉港に到着したのが午前1:00頃。
昼間は平和な港ですが、夜になると、何と言うか、暗くておっかないところですねえ。
一人なら絶対行ってないと思う。
千倉港内は、車を横付けできる安全な所なので、とりあえずそこに移動。
背後は大きな壁になっていて、壁の向こうは太平洋。
で、時々、波が壁を超えて来る場所があります。これは恐ろしい。
が、特に風がふいてるわけでもなく、平和そのものな港内なので、竿を出してみます。
港内は、ぼちゃん、ぼちゃんと何かが跳ねる音。あれはたぶん、ボラですね。
シルエットが何となくボラっぽい。
で、しばらくしたら、ウキ仕掛けのビビッと動きだす!!
おおお、と慌てて駆け寄って糸を巻く、すると!!
富津で釣ったのと同じくらいのウミタナゴだ!!!
25cm級のウミタナゴって、けっこう走り出すんですねえ。
この辺りの釣果は、写真がうまく取れてないので割愛です。

で、その後、アタリはそこそこあるものの、みんなウミタナゴの類だったもので、思い切って明け方は富津新港に移動。
午前02:30頃に到着したのですが、さすがにこの時間は、富津新港は人が少なく……。
やっぱり夜釣りしてる人はそれなりにいましたが。
まあ昼に比べたら激減していたものですから、いいか。
さて、日が昇るまでの時間帯までの勝負!
5
しかし夜の海とは、こんな感じなので恐ろしや。
足元がよく見えないんですが、海の中は夜光虫が光るので、綺麗というか不気味というか。
ウキがゆらゆら漂ってるところを見ていると時間が過ぎるのを忘れて……
と思うと、ウキの灯がすぽっと海中に沈んだ!!
釣れてきたのがメバルです。
うーむ、やっぱりメバルは夜釣りがベスト?

その後、メバルが連発し続け、そろそろメバル以外の奴も釣れてほしいな~と思い、いつもよりちょっと遠くに投げてみる。
そのままぼけーっと待ってると、いきなりウキが、右に向かって走り出した!
えええ、なんだ!
10メートルくらい横に走ったところで、こっちは竿を手にとってリールを巻いた!
ブルンというアタリ。これを巻き上げて手元に寄せると、立派なアジじゃないですか。
28cmくらいあります。

とまあ、こんな感じで終了した今回の釣り。
結果は……

7
6_2    

アナハゼ 1匹
メバル 9匹
メジナ(小) 9匹
ウミタナゴ 2匹
アジ 1匹

でした。
結論から言うと、昼より夜の方が釣れますが、釣り場が真っ暗でおっかない上に、足場がよく見えなくて危ないので、なれた人じゃないとオススメできません。
何よりラインブレイクとかすると、修復するのが著しく困難です。

あと、寝不足な上に疲労が凄いので、帰り道の運転は気をつけましょう。
という感じですね。

|

« 夜釣りフッコ、で、自己流捌き方 | トップページ | 業務連絡であります。 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜釣りフッコ、で、自己流捌き方 | トップページ | 業務連絡であります。 »