« 富津で夜釣りでフッコ釣る | トップページ | パイナップル収穫 »

フッコのムニエルとあら汁

釣ったら料理が基本です。
そして、食べる直前には、必ず両手を合わせて「いただきます」。
これが美しい日本の食風景であります。

それはさておき、今回はフッコ、セイゴ、カタクチイワシの料理です。
小さいのは塩焼き、フッコはムニエルにしてみようと思います。

セイゴは背開き、そして塩ふってグリルにINです。
カタクチイワシは、そのまんまグリルにINです。
6
はい、上手に背開きできました。
包丁が、研いでも研いでも切れなくなってきたのですが、どうにか出来ました。

続いてフッコ。
こちらは三枚下ろしです。
ムニエルにするつもりなので、皮をつけたままにしときます。
1
ところで、頭と中骨、カマが残るわけですが、そこそこいいサイズなので、これであら汁を作ってみようと思いました。
そういえば、フッコのあら汁ってあまり聞きませんね。というわけでチャレンジです。
2_2
あら汁を作るのは、超簡単です。
ようするに、味噌汁ですよ味噌汁。具が、魚の三枚下ろしの後に残った奴を入れるというだけ。
今回は、冷蔵庫に大根が入っていたので、これも追加。
ぐつぐつと10分ほど、中火で煮込みます。
最後に味噌を溶いて入れて、お碗によそってからネギを入れるだけ。

はい、出来上がりの図。
3
フッコとカタクチイワシの塩焼きです。
カタクチイワシも見事に塩焼き。

ムニエルはこちらです。
塩コショウをして、小麦粉まぶして、バターで焼くというわけです。
4

そして最後に出来上がったもの、フッコのあら汁。略してフッコ汁。
5
これが晩御飯です。

塩焼きとムニエルは言うに及ばず、そりゃ美味いですね。
セイゴですが、意外に小骨が気にならない。というわけで、ほとんど綺麗に食べることができます。
問題はむしろカタクチイワシの方でして、これ、可食部分が少なすぎ。
丸干しにしてから食べた方が良かったなあと思います。

問題はフッコ汁。
これ、いけます。かなり美味いですよ!!
意外に脂がのってて、味がしっかり汁に出てます。
大根と一緒に煮たからかな? クセが無いし、ご飯によく合いますねえ。
ただ、背びれとか鋭いので注意!

そんなわけでして、フッコで捨てた部分、ウロコ意外に特になし。
オススメの料理です。簡単だし、すぐ出来るよ。
これは美味い魚です。

|

« 富津で夜釣りでフッコ釣る | トップページ | パイナップル収穫 »

料理」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ、ご無沙汰です。
今日も釣りに行こうと思ったのですが、愛車が不調でドック入りしてしまいました。
よって来週まで、お預け状態になってしまいます。
暗闇のアオイソ針掛けは、無理です、無理であります。
針先がどこにあるのかもわかりません。
仕方がないから車のライトで何とか……
あれが釣れたから満足ですけれど……
電池は大事です、しんみり。

投稿: いち | 2007年9月 9日 (日) 午後 09時24分

今度のレシピも絶好調!
フッコのムニエルだからフランス料理だよね?
だから、お手手を合わせて「ナームー」じゃなくて
「ボンジュール」って言わなくちゃ(笑)

それにしても真っ暗闇で、えさのアオイソ
付けてるいちさんの姿が、コッケイそうだったよ(笑)
乾電池間違えるなんてドジですね~(^-^;

でも私のボーズよりはご立派・・・失礼しやした!

投稿: コウチン | 2007年9月 8日 (土) 午後 11時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富津で夜釣りでフッコ釣る | トップページ | パイナップル収穫 »