« 須原屋の乗合キス釣り0826 | トップページ | フッコのムニエルとあら汁 »

富津で夜釣りでフッコ釣る

今週一週間は、けっこう激しい仕事でございました。
終電で帰宅が数日続いてたりして、とてもボートに乗る気力が無く……
場合によっては、今日も仕事になる可能性はあったのですが、とりあえず仕事は無し。
では釣りの予定を入れねば、と思いました。

ところで、南東の海上には台風9号が出現しているようです。ということは、たぶん日曜日あたりから風が強くなってくるだろうと予想。
元気があれば日曜あたりボート……と思ってましたが、天候悪化のおそれありなので、日曜は釣りや止めです。
こんなとき、釣りをしたいとなると、どうすればいいだろうか?

答えは土曜に陸っぱり、しかも夜釣りをやる。

ですね。夜釣りなら、朝早く起きる必要無いし。
そんなわけで、富津新港に行ってきました。
到着時刻は、午後4時半過ぎ。
1
洋上に差し込む光が綺麗ですねえ。

本命は夜釣りですが、日が出てる間は、普通に根魚を狙ってみようと思います。
餌はアオイソメ。仕掛けは、中通しオモリに7号くらいのマルセイゴ針1本のみ。
この単純な仕掛けで、今までアイナメやら何やら釣り上げたことがあり、実績は立派なものです。
ところで北東の風が強めで、全然釣れません。
餌が齧られたりしてるっぽいので、何かがいることは確かなんですが……
で、何度か仕掛けを投げてたら、ぐにゅーっと重いものが引っかかりました。
タコか? と思ったら、
2
なんじゃこりゃ。
貝です。ちょっと大きい。で、貝の足の部分が、殻を包み込んでます。
貝の殻ってのは、自分の身を守るためにあるんじゃなかったんかい、と突っ込み入れたくなるような相手です。
で、調べてみたら「ツメタガイ」という奴なんだそうです。食べれるけれども料理が難しいんだとか。
この貝はリリースしてしまったので、味がどんなものかは不明……

で、日が昇ってる間、富津新港は絶不調というのが今回の感想ですね。
今回の本命は夜釣りなので、暗くなるのを待ちます。

3
はい、暗くなりました。
ここからは、電気ウキによるウキ釣りで攻めてみたいと思います。
仕掛けは、電気ウキ1個、そこから1.5メートルほどハリスが伸び、アオイソメの房掛け。
メバルとか釣れればいいな~と思ってます。

では釣り開始。
4
はい、暗すぎて全然写真が分かりません(^_^;
じつは、懐中電灯持って行ったのですけれど、電池が……
懐中電灯は単2電池なのに、間違って単1電池買って行ってしまって……

暗くてわかんねーとか思いながらも、どうにか餌付けて釣りしてます。
電気ウキの動きを、じーっと眺めてるわけですが、風情があっていいですねえ。
今日は渋いっぽいし、ボーズでも仕方ないかなあ、と思ってた時でした。
ウキが、なんか水没してぐりぐりーっと動いてるじゃないですか。
おおお、これがウキ釣りのアタリというやつか。
で、リール巻く巻く、ブルブルきた。
その正体は、おおむね17cmくらいのセイゴです。
実はウキ釣りやるのは今回がほとんど初めてみたいなものでして、これは嬉しい!!
ウキ釣りって釣れるんだなあ。まあ条件があえば釣れるか。

さて、第二波投入しようと思って、また暗闇で頑張って餌付けです。
そして、ひょいっと投入。
今度は速攻でウキが沈んだ!!
でも重くない。動くけれども重くないよ、これはどんなチビなんだろう……
で、正体は、カタクチイワシでした。どうやら群れが港内にいるみたいで、これが釣れた時、パチャパチャと音がしてました。

ならばイワシを追いかけてる何かもいるんじゃないかと思って、またしても苦労して餌を付けて投入です。
待つこと2分くらい。
で、ウキがつつーっと水中に沈んで、グルグル動きだす。アタリです。
リール巻いて、えいやっとアワセを入れると、おおお、重い!!
ええと、マルセイゴ6号の針だから、無理すると切れちゃうよ。しかも網を持ってきてないし。
バタバタ動くうえに重い、でもこの状況、引っこ抜くしかないだろう!!
ということで、えいやっと竿を立てて、ふんっと一気に引っ張り上げる!!
ちなみに水面から陸までの高低差、おおむね2メートル。
この勝負はこっちの勝利でした。
銀色に光る魚が一匹、ジタバタ暴れてます。
フッコですフッコ、ああ、なんという幸運、初めてのウキ釣りで、釣るつもりがなかったのにフッコです。

で、その後、風がさらに強くなってきたので、20:30に撤収。
というわけで、ウキ釣り2時間ほどの成績です。
5_2

フッコ35cm
セイゴ18cm
カタクチイワシ

でした。
ムニエルとか塩焼きとか、美味いんですよねえ!!

|

« 須原屋の乗合キス釣り0826 | トップページ | フッコのムニエルとあら汁 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

はしさんこんばんわ。

私、泳がせ餌にイカが抱きついてくるのを網ですくうのを、イカ釣りではなくイカ勝負と読んでます。
今のところ、勝率70%くらいです。
柔らかい竿を用意するのが勝負に勝つ絶対条件でして、やる気のないアタリが来たときが勝負の始まり。
・まずタモアミを、自分の利き手の側に配置
・40秒程度の放置の後、のろのろと、しかし一定のリズムでリールを巻く
・竿は決してあおらない
を厳守。
イカの姿が見えてきたら、こっちは上半身をあまり動かさないように、網を用意し、そーっとすくい取る!
と書くと簡単に見えますが、限りなく沢山のコツがいるので難しいです、はい。
手術とは大変ですね。健康は大切ですので、ご自愛くださいませ。
夜釣りも、今の季節はいいもんですよ。

投稿: いち | 2007年9月 4日 (火) 午後 10時47分

というわけで、富浦ボート。
やや浅瀬での釣りで、渋かったです・・。

ただ、おきむらニュースでも書いてありましたけど、AMは結構いわしのナブラがたってて、そこでイワシ釣ってそれで餌にして大物ねらいの人が爆釣してました。
そげ2、まごち1、しょご2とか。
あとアカエイも釣れてました・・。

自分はイカがもうちょっとで釣れそうだったのがハイライトか。。w
とりあえず、またmixiですけど日記あげました。

ちょっと手術とか入院とかするので、自分は釣り復帰は10月末とかになりそうです・・。
そんときゃ、おかっぱりかな。
いつも朝つらいんで、自分も夜釣りしようと思います。ww
ではではー

投稿: はし | 2007年9月 4日 (火) 午後 12時14分

OCEANさん、初めまして。
富津新港は、陸釣りする場合、必ず出かける所です。
広くてトイレもあり、わりと安全な港なので、女性や子供も安心なんですよね。
まだ食いはイマイチみたいでしたが、30cmくらいのサヨリを数匹、釣り上げてる人も居ました。そろそろサヨリが回ってきたみたいですので、これからが期待できるんじゃないかと思います。
夜になると、メバル狙いの夜釣りの人達が増えてくるので、夜でもそれなりに賑わってる(?)みたいです。
釣れるかどうかは別ですが……。
夜釣りはノンビリできて、ボートとかとは違った風情があっていいですよ。
セイゴは塩焼き、フッコはムニエルにしてみました。
頭とか中骨とかは、味噌汁の出汁にしましたが、これまた絶品です。というわけで、食べるところですけれど、意外と多いですよ。
料理の記事は、後ほど書きますのでよろしくお願いします。

投稿: いち | 2007年9月 3日 (月) 午前 12時45分

はじめまして。いつもこっそり楽しく拝見させていただいてます。
今回は富津の新港という事でよく知ってる場所なのでうれしくて書き込みさせていただきました。私はいつも昼間に行くのですが、夕方~夜にかけてのこういう釣りもあるのですねー。セイゴ・フッコだと「食べるとこ少ない」イメージがありますがどのようなお料理にされたのかも興味のあるところです。
これからもワクワクする記事、楽しみにしています。

投稿: ocean | 2007年9月 2日 (日) 午前 06時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 須原屋の乗合キス釣り0826 | トップページ | フッコのムニエルとあら汁 »