« 船酔いにつき、午前の部と午後の部に分かれた | トップページ | 夜釣りフッコ、で、自己流捌き方 »

夜釣りでゴンとメバル

今週は三連休があるというのに、しかも凪になりそうな天気予報だというのに、無念です。
何が無念と言うかというと、親戚の結婚式で田舎に帰らなければならないのです。
何と言うことでしょう、これを無念と言わずして何と言う。

というわけで、金曜の晩に、夜釣りに出かけることにしました。
電気ウキの夜釣りは、けっこう面白い釣りだと思います。
そんなわけで、午後18:00頃に家を出発したのでした。

ちなみに仕掛けは、釣り具屋で売ってた、電気ウキメバル仕掛けセット800円。
こういうのを買うと、セットアップが楽で良いですね。
ちなみにウキ下は1.5mくらい。そして餌はアオイソメ一本掛けです。

まず場所としては、車横付けで釣りできて、かつ安全な富津新港に行ってみました。
しかし、風がちと強いですね。波というか、ウネリが港内でもけっこうありまして、何となく魚の気配がしないので1時間ほどで撤退。

ここで色々と悩んだのですが、次は保田に移動。
知る人は知る、「ばんや」のある所の港です。
さすがにここまで南に来れば、何かいるだろうと思い、さっそく仕掛け投入。
ウキが水面にぷかーっと漂う姿を見つめるのは、なんとも風流というかノンビリです。
で、気がついたら、道糸がパーマみたいにぐちゃっと絡まってしもうた。
懐中電灯の灯で悪戦苦闘しつつも、どうにか糸をほどいてみると、何となくウキがぴくぴくいってるじゃないですか。
巻き上げてみたら、
1
メバルでした。
ただし5cmくらいの極小サイズ。
でも口がでっかいから、14号の針にかかったみたいです。
当然リリースですが、狙いものがまともに釣れたのは久しぶり、なのでちょっと嬉しい。

こんどはちょっと5メートルほど投げてみる。
そのまま15分ほど待つけれど、どうもアタリらしきものがない……
じゃあ投げる場所変えようと思って、リール巻きました。そしたら、モゾーっと、いまいちやる気のないアタリが来たじゃないですか。
アナゴ的なアタリですが、それにしては軽い。
その正体は。
2
ナマズ顔の刺毒魚、3本の鋭い毒針を持つ、夜釣りまたは濁り時のスーパースター、ゴン太君です。
こいつの針に刺されると、まず間違いなく泣くんだそうです。
大の大人が泣くほど、かなり強烈な痛さなんだそうです。
というわけで、メゴチバサミで挟んで、針を外してリリース。

夜釣りにメゴチバサミとかは必須ですね。泣きたくないし。

やっぱ壁際に落とすのが一番だなと思って、あらためて壁際に仕掛けを投入して、じっくり待つことにしました。
何となく、コマセとかまいてみるのが良いような気もするんですが、持ってきてないもんは仕方ありませんねえ。
コマセまく釣りって、ほとんどやったことないんですよね。
普段はオモリ付けてブッコミ仕掛けで根魚狙いなので。

さて、待ってる間、暇なので、竿をほったらかしにしておいて、夜の港内をあちこち散歩してました。
でも夜なので何も見えませんねえ。昼と夜とじゃ、同じ場所なのに景色が別物。
何よりも田舎なので、星空が素晴らしい。

で、戻って来てみて、特に仕掛けに異常があるようには見えなかったので、付け餌チェックのつもりでリールを巻いてみました。
そしたら、元気が良い何かが、バタバタっと暴れてる!!
3
おお、20cmよりちょい大きいサイズのメバルが釣れた!!
これくらいのサイズだと、煮付けにするのにちょうどいい!!
こいつが釣れた時点で午前2:00過ぎくらい。
腹も減ったし、明日は新幹線で田舎に帰らねばならないので、区切りも良いし、ここら辺で撤退することにしました。

料理……といきたいところですが、私が田舎に帰ってしまうので、収穫は家の者の実家に送り届けて、そちらで食べていただくことにします。

次回、ボートで根回りを狙うか、もしくは夜釣りに出かけると思います。
そろそろ大物を、再び一本あげてみたいなあ。

|

« 船酔いにつき、午前の部と午後の部に分かれた | トップページ | 夜釣りフッコ、で、自己流捌き方 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 船酔いにつき、午前の部と午後の部に分かれた | トップページ | 夜釣りフッコ、で、自己流捌き方 »