« 夜釣りでゴンとメバル | トップページ | 夜討ち朝駆けで釣りをする »

夜釣りフッコ、で、自己流捌き方

ここ最近、夜釣りばっかりです。
ボート行ってません。
ていうか、ボート行けません。
何故かというと、引っ越しの色々があって、昼間は予定が入ってることが多いからです。
今週の土曜日などは、新しい家の契約のために不動産屋に行ってまして。そして天気予報によると、日曜は雨で、風もそれなりに吹くらしい。
ただ、唯一、18:00~0:00の辺りは、一時的に雲が切れて雨があがるっぽい。
ではその時間に釣りに行くしかないじゃん。
というわけで、富津新港に夜釣りに出かけました。
ここは車横付けできるので、初心者にも安心な釣り場です。
アオイソメを数本、針につけて、電気ウキでのんびり。
それから待つこと10分くらい。
ぴうっとウキが震えたので、はいはいっとリールを巻く。すると、ガガガっとアタリがあって……
バラシでしもうた。

ぬう、失敗。でも魚が要るのは間違いない。
というわけで、第二波投入。

そしてまた、待つこと10分くらい。
またしてもウキが震える。そしてつつつーっと左右に動きだす!
ので、今度はちょっとだけ、5秒くらい待ち時間を加えて、アワセを入れる!!
おお、今度は掛かった!!
何となく、一気に引っこ抜けそうな重さなので、どりゃーっと引きずりあげてみると、
1
おお、サイズは25cmくらいのセイゴ。
良いですねえ、釣れると嬉しい魚ですねえ。

で、その後、船が入港してきたり、雨がふってきたりしたので撤退。
釣果はこいつ一匹のみです。
2

これで終わっては、何となく寂しいので、今日は自己流の魚の捌き方コーナー。
こういう体型の魚を捌くとき、自分はこんな感じで下ごしらえしております。

まずはウロコを取ります。
3
尻尾から頭に向かって、包丁でウロコをそぎ取ります。
このとき、包丁の先でやるとウロコが飛散しまくりますので、腹の方でやりましょう。
ゾリゾリとやりましょう。

4
ウロコが剥がれた様子です。シルバーの魚体にブルーな色合いが見えますね。
次に内蔵取ります。

5
こんな感じで、肛門に包丁を入れましょう。
刃先は、5mm程度入れるくらいでいいと思います。あんまり深く刺すと、内臓を貫通して肉まで切ってしまいます。気にしなければどうって事はないんですけどね。

6
で、顎の先まで切ります。写真で見ての通りですね。

8

今度は、エラの顎の方の付け根を切ります。
写真のように、斜めに包丁を入れてズバッと一刀両断です。
最後にエラを、指で引っ張って剥がすと、内蔵も一緒に取れてしまいます。
9
こんな感じですね。
あとは、腹の中身を水洗いして、血合を包丁でかきとって落としたりしてくだされ。

この後は、塩焼きにするなり何なりにして、美味しく頂きましょう。

|

« 夜釣りでゴンとメバル | トップページ | 夜討ち朝駆けで釣りをする »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夜釣りでゴンとメバル | トップページ | 夜討ち朝駆けで釣りをする »