« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

須原屋の乗合キス釣り0826

ここしばらく、田舎に行ったり何やらで、海に行くことが出来ませんでした。
いや、大間に行ってきたりしたのですけれどね、釣りは別でしたからね。
そんなわけでして、26日(日曜日ですね)は、釣りに行ってきました。

大潮、晴天、そしてたぶん、風弱く凪になると思われる……
まだ8月でして、いつも行ってる富浦ですと、潮の流れが妙に早くて流し釣りがやりにくい……
最近、大物狙いばかりだったから、どうも基本を忘れがちになっている……
ということで、日頃の反省を込めて、今回は小物釣りに出かけることにしたのです。

場所は、江戸川沿いの船宿、須原屋です。釣り物は、キス乗合船。
ここは親切と分かりやすさが売りらしく、女性とか子供とかの客がよく来るところです。
余談ですが、いつも行ってる釣りボート屋さんは、翌日の天気が悪い場合は事前に連絡してくれましてですね、連絡があった時は、須原屋さんの船に行く事が多いです。
次はビシアジあたりにチャレンジしてみたいと思いますが、それ用の道具が無いのでレンタルになると思われ。
1
キス乗合は、AM7:30に出船です。
今回、クソ暑くなる事を予想して、クーラーボックスには、お茶2本にスポーツドリンク1本。首にはタオルを巻いて、麦わら帽子で太陽光防御。
あ、家の者同伴です、はい。
航行中は、とっても涼しくて気持ちいいんですよね。
これが木更津沖に到着したら、当然、船が止まるから、きっと暑くてたまらん事に。
私は暑いのが苦手なのです。青森出身の人は暑さに弱いと思います。なぜなら自分は青森の八戸出身であり、暑さに弱いから。
でも、釣り好き度が、暑さ弱い度に勝るので、釣りに行くのです。

2
さて、ここが木更津沖です。
右手に木更津沖堤防、左は木更津の町というか工業地帯が見えます。
何でも前日、この辺のキス反応が良かったそうでして、ここで釣り開始なんだそうです。

3
「はいどーぞ」
のアナウンスと共に、仕掛けを投入します。
「投げて広く探ってみてください」
と船長は言いますが、片天秤にキス仕掛けという組み合わせ、船上から、何も考えずに投げると、糸がテンビンにグルグルに絡まってしまいます。
からまないように投げるには、ちょっとだけコツがいりますが、何と説明したものか、よく分かりませんねえ。ぐるりと半分ひねって投げて、錘が先に着水するように……と書いてもわからんか。

さて、キスという魚は、ちょこちょこ動くものに興味があって食ってくるみたいです。
船も流れてますから、黙って仕掛けを垂らしていれば、船の流れにあわせてズリズリ動くわけです。
でも、もうちょっと積極的に誘ってみるのがいいようです。
誘い方は簡単で、ちょっと錘を浮かせて、トンと落とす。これを5~10秒に1回、繰り返します。
黙って止めてると、メゴチがかかってくる率が高いような気がします。あとイイダコも釣れてきますよ。
4
ほい、こんな感じです。
2本針に、キスとマハゼ。
この日は、ハゼがキスより沢山食ってきました。
そういえば、もうすぐ9月。ハゼの季節が近づいてまいりました。

5
しばらくボケーっとしてると、ぐにゅーっという感じで重くなるときがあります。
ぐにゅーっと重くなったとき、そいつはイイダコです。
どんな理屈かは分からないですが、明らかにゴミがかかった感覚と違います。
イイダコの合図は、ぐにゅーっです。

6
開始2時間くらいで、こんな成績です。
キスは15以上、ハゼ20くらい、あとメゴチがいくつか。
なお、ハゼのサイズは10cm前後です。
マゴチの泳がせ餌に適してるんじゃないかと思いましたが、マゴチ釣りに来たわけじゃないので自重しときましょう。

ところで、この日の大潮の潮止まりは、確か11時頃だったような気がしましたが、ちょうどその辺りの時間で、キスのアタリがピタリと止まってしまいました。
その後は、ハゼのみが釣れてくるようになったのです。
おしまいは午後3時頃。昼~午後3時まで、あとはハゼしか釣れませんでした。
キスは下げ潮が良いって事ですかね?

では、成績一覧。
8
7_2
キスが22くらい
ハゼ30くらい
イイダコ2匹
メゴチ9匹

で、立派なお土産確保できました。
このお魚、私の得意料理の一つである、唐揚げにしまして、本日ありがたく頂きました。
9

今後の予定……
ビシアジやりたいなあ。
タチウオやりたいなあ。
マゴチとかヒラメとか、また釣りたいなあ。
マダコ釣りたいなあ。

等々。

| | コメント (3)

大間へゆく

恐山の後は、一気に津軽海峡目指して移動しました。
目的地は、大間です。
大間と言えば、釣りファンで知らない人はいないと思います。
釣りファンでなくても、けっこう、アレで有名なんじゃないかと思います。

アレとは、あれです。
マグロであります。

3
はい、これです。
マグロ一本釣りの像。
奥に映ってる人が、マグロに追いかけられているように見えなくもない微妙な絵です。
ちなみにこのマグロ、接近してみると分かるのですが、口に釣り針がささってます。
右側の腕の像ですが、これに一本釣りされてるという意味らしいです、はい。
そしてたぶん、マグロは、この海峡で採れるやつの大型と同じような大きさなんじゃないでしょうか?

2
これが、本州最北端の石碑です。
ありがたや、ありがたや。

1
その奥の方ですが、こんな感じで階段状になってまして、海までおりることができます。
えらく澄んでて綺麗なところです。
ゴロタ場になっているようでして、水深はごくわずか。
たぶん、腰までつかるくらいなんじゃないかと思います。
沖の方はどうなってるのか知りませんが。

そして、灯台がある島がちょこんとありまして、その向こう。
水平線に、薄暗く山のようなものが見えますね。
あれが北海道です。
気合を入れれば泳いでいけなくもなさそうに見えますが、40km以上の距離があるので、泳いで行ったら沈没すること間違いなしですね。

ここでマグロ一本釣りのTシャツを買ってきたので、次回の釣りの時は、ぜひこれを着ていきたいと思います。

| | コメント (0)

恐山へゆく

先週、青森の八戸に帰ってました。
あっちが、私の実家なんですよね。盆の墓参り等々、色々とやることがあって帰省したというわけです。
で、久々に帰ったものでして、せっかくだから観光地に出かけることにしました。
青森と言えば、まあ色々と見る場所はあると思いますが、やはり押さえておきたいところは恐山なんじゃないかと思います。
ようするに火山地形にあるお寺なんですけれどね、ああ、あれはまさしく地獄の景色。

1
真正面がお寺です。
そして左側に広がるのが、地獄の景色。

ところで恐山と言えば、死人を呼び出してメッセージを受け取るインタフェースである、イタコなるものがいらっしゃいます。
ただしイタコというのは年中いるわけではありません。盆の祭りの時だけなんだそうで。

2
これが恐山の景色です。こういう殺伐とした地形が、延々と広がります。
かなり広大です。那須の殺生岩の何十倍にも広がったような感じです。
あたりに充満するのは硫黄の臭い。
そして、岩の隙間からは硫黄だか何だか分からないですが、ガスが噴出しています。

3
こんな感じですね。
噴出してる所、けっこうな高温です。そして危険だから立入禁止と看板もあります。
岩が黄色くなってますが、あれは硫黄が付着しているらしいです。

4
この岩の隙間からも、蒸気が、ぶしゅーっと噴出しています。
どういうわけか、賽銭がじゃらじゃら落ちていますです。

5
そしてこれが、恐山名物の一つ、血の池地獄。
不自然なくらいに真っ赤です。
水そのものは、澄んでいるのですけれど、底や壁面が真っ赤なんですよね。
周りの砂とかが真っ白なので、よけいに鮮やかに見えます。
6
この血の池から流れ出る小川も、こんな感じで真っ赤。
水は澄んでるんですけれど、川底が真っ赤なんです。
鉄が錆びてるんでしょうが、それにしても、どうすればこんなふうに、見事なまでに真っ赤っかになるんでしょう。
不気味ですねえ。

7
その赤い川の先には、クリーム色に濁った池があります。
この池の中、あちこちから湧き水が出てるっぽいのです。
ぼこぼこと泡が出てくるので分かります。
そして池の周りには、シオカラトンボやらイトトンボやらが飛んでます。
酸性度の強い池だと思うけれども、そういうところでヤゴが育ってるんでしょうかねえ。
トンボは強い。

8
クリーム色の池から90度、左に視線を動かすと、これが噂の賽の河原。のような気がする。
広大な湖です。酸性度が高いので、ウグイくらいしか生息できないんだそうな。
不自然なくらいに静かな湖面に、山が影を落としてます。

ちなみにここ、山の上にあるだけあって、涼しい場所でした。
そよ風も心地よく、あちこちに置いてある風車がカラカラと寂しい音をたてておりました。

9
たっぷりと恐山の霊気に包まれた後は、合掌しつつ霊場アイスを食べましょう。
恐山盛り、200円だそうです。
ヨモギアイスおやらが、良薬口に苦しで、とても良いんだそうな。

ところでこの恐山、何と言いますかね、自分が小学生の頃にも一度は来たことあるんですけれど、入場無料だったはずなんですよ。
それが今は500円取るんですね。
そして、小学生の頃には見た覚えのない仏像とかが増殖してるんですよね。
ここって、観光地なんだなあ。

| | コメント (0)

12日ボート釣りは貧果

どうにか胃袋が回復しました。
推測ですが、12日の帰り道、途中で餃子ドッグを食ったのがいけなかったんじゃないかと思います。
貧果だったゆえに、せめてうまいもんでも買ってかえろうと思ったのが、胃袋衰弱に拍車をかけて、戻してしまったみたいですね。
先週、どうも体調が悪い中、毎晩23時頃まで仕事してまして、それが祟ったようです。

そんなわけでして、12日の成績が悪かったのも、潜在的に体調が悪かったからなのかもしれません。
知らんけど。

さて12日の状況をまとめますと、

・大潮2日目
・濁りあり
・晴天でくそ暑い
・凪だけれど潮流早し
です。
1
こんな景色で釣りしてれば、一日中のんびりできていいんじゃないかって思うかもしれないですが、暑いのよね。
首にタオル巻いて、麦わら帽子を被って、クーラーボックスには飲み物入れて、でないと熱中症で死んでしまうかもしれません。

これで濁りが入っていなければ、自分にとって得意な状況なんですけれど……
とにかくキスのアタリが遠いんですね。
一匹、二匹は釣れたとしても、アタリが続かない。
普通、群れでキスは行動するはずだから、釣れた辺りに魚がいるのは間違いないんですけれど、濁りのせいでアタリが無いんですね。
前回は、奇跡的に、でっかいタコが釣れました。でも今度はそううまく行くかどうか?

結論から先に言うと、タコ釣れませんでした。しくしく。

で、キスが釣れそうにないので、思い切って、早々にタコ狙いにチェンジしてみました。
午前9時をまわったあたりでしょうか、キスは10匹くらい、メゴチ1匹くらい。
これ以上粘っても、たかが知れてますからね。
さて、蛸を狙うとなると、タコテンヤが必要になるわけですが、しっかり買っておきました。
ゴムの蟹の人形がくっついてる奴。
これを海底でずりずり這わせて、重くなったらタコヒット!
らしいんですけれどね、うーむ、重くならん。
狙う場所は、根周りだったり、ゴロタ場あたりだったり、とにかくあちこち試してみました。
ボートはアンカーを下ろさないで、ひたすら流し釣りなんですけれど、潮流が早いのでうまくいかず……
そんなこんなで、4時間ばかし、テンヤをいじくってたような気がします。
疲れました、はい。でも次回もまた挑戦してみたいと思います。

ほとんど最後の最後まで、こんな調子で厳しい一日。
ひさびさの大貧果に終わりそうだったのですが、そうは問屋が下ろさん!
の気迫で、いろいろと頑張ってみたところ、
3
はい、40cmくらいあるアナゴを一本!!
濁りがある日は、真っ昼間でもアナゴが釣れます。
でも、どこにいるかは分からないので、根性で釣りすることが大事だと思います。
結局、この日は、

キス約10匹
メゴチ1匹
アナゴ1匹(40cm)

で終了です。
アナゴが釣果に花を添えたと言っていいと思いますが……
濁り日の場合の釣りのために、ルアーロッドの購入を真剣に考えてみようと思います。

4
さて、帰りがけに、我が家の者は梅干しが大好きということで、つりボートおきむらのお姉様から、梅干しを一杯頂きましたです。

で、魚の集合写真を撮影しようと思ったのですが……
帰宅後、胃が気持ち悪くなって、げーげーしてダウン。
我が家の者が、キスを綺麗に捌いて刺身にして頂きました。
(私は食ってません、ていうか、食えません)

来週は、田舎に帰るのでボート釣りは無しです。
青森の八戸が、我が田舎というわけですが、うまく時間が作れたら釣りに行くかもしれません。

| | コメント (0)

12日のボート釣りダイジェスト

はい、12日のボート釣りのダイジェスト版です。
実は釣りから帰ってから急激に体調悪化で、その日に食ったものを全部嘔吐してしまいました。
というわけで、本編がまともに書けませぬ。
胃薬飲んで、現在も寝てるところですが、微妙に体調が良くなってきたので一筆。

まあ何と言いますか、濁り入ってて、いつもの狙いだと駄目でしたです。
キス約10匹、その他ですが、根性でアナゴ一本釣り上げて、とりあえずこれで良しとするか、という展開でした。

詳しいことは、たぶん明日あたりに書くとして、それでは体長回復のために就寝するであります。

| | コメント (2)

那須へゆく

たまには山もいいものです。
というか、海ばかり行っていると、家の者に怒られてしまいます。
たまには別の所に連れて行かないと。
山に行くなら那須が好き。
というわけで、8/4ですが、那須に出かけてきました。

このとき、台風が日本に来てましたね。
でも、去年からずーっと天気図を眺めていただけあって、天気予報が何と言おうと、何となく実際にどんな天気になるかが分かってきてました。で、大丈夫だろうと思ってお出かけ決行したというわけです。
今回、お世話になったのは、ペンションBEというところ。
小学生未満はお断りとか、何となく思い切ったシステムをとってる宿ですけれど、そのぶん静かで落ち着くことができる、オシャレで綺麗なペンションです。
温泉の内湯が2つ、露天が2つありまして、それぞれ任意に貸し切り可能。このお湯が、アルカリ単純泉でして、かなり気持ちいいのです。
こんな感じの橋の奥のほうに建物があって、とても素敵なところだと思いますですよ。
1

ちなみに夜、露天風呂に行こうとしたところ、途中の渡り廊下にウシガエルが出現したり、草むらでガサゴソと何かが動く音がして、とってもワイルドです。
オシャレの影に生命体あり。
そして夜。さすがに都会と違って森の中、蒸し暑さなど微塵にも感じさせず、快適です。
外で鳴いてる虫の声がうるさくて、目が覚める事もありましたが。目が覚めるほどの声です。推して知るべし。
オシャレとワイルドとは表裏一体なのです。

さて翌日、行ってきたのは殺生岩。
物騒な名前ですが、実態は何なのかと言うとですね、硫化水素ガスが常時噴出していて、近寄るな危険という場所なわけです。
そういう場所は、大好きです。
目の前の駐車場が一杯で、ちょっと車を止めるのに苦労したけれど……
2

奥のほうに、何となく岩肌が剥き出しな場所が見えます。あれが噂の殺生岩っぽいですね。
途中の道も、何となく地獄っぽいというか賽の河原っぽいというか、恐山っぽいです。
ところでこの一帯、硫黄の臭いが立ち込めています。そして硫黄泉がいっぱいです。さすが火山、硫黄泉の宝庫だぜ。
3
殺生岩に接近すると、途中で、お地蔵さんがたくさんいらっしゃいます。
全員、拝んでらっしゃいます。これが噂の千体地蔵です。戦隊地蔵ではありません。
4
さて、これが噂の殺生岩。
見事に岩の部分だけ植物が生えていません。そして立入禁止なんだそうです。
これは硫化水素ガスの所以なのでしょう。
そういえば、これ。火山性のガスによってできた、硫酸の湖なんだそうです。
火山の力とはおそろしや。

ところで、那須を走り回っていると、釣り堀なるものが、あちこちに点在するのが目につきます。
釣り堀……。うーむ。
海水専門な私としては、淡水魚というのは、どうも勝手がよく分からないのです。
しかし魚がすぐそこに。
というわけで、那須でも釣り開始してみました。
さすがに本物の川に出かけるわけには行かないので、良さそうな釣り堀を探して釣りにいくことにしました。
5
ここ、けっこう綺麗で素敵な釣り堀です。
ターゲットはニジマス。
竿一本200円。仕掛けは、マルセイゴで言えば12号くらいの針にウキがついてるものです。
ちなみに魚は100グラムあたり250円なんだそうです。
てことは、1匹が200~300グラムくらいっぽいから、2匹釣ればおおむね1000円前後。
目標2匹。
なんだかあっと言う間に終わりそうですが、ここで焼いて食べるつもりなので、2匹で十分。
ではさっそく、昼御飯のために釣り開始!

6
しかけを投下すると、ニジマスがざわざわっと押し寄せてきます。
しかし、餌をつっつくだけで、なかながパクっといってくれません。
しばらくすると、全員餌から離れてしまうのです。
黙っていても、もう興味を示す奴はいない。
ならばと、左右に動かしてみるけれど、やっぱり興味を持つ奴がいない。
ほほう。
というわけで、いったん仕掛けを水上に上げて、再び投下。
ポチャンといくと、一斉にニジマスが寄ってくる!!
しばらくすると、また全員が離れてゆく……
なるほど、こやつら、落ちてきた餌には興味があるけれど、静止してしまったら興味持たなくなっちゃうんだな。
つまり、なんども投げてみればいいわけだ。
で、三回目。
こんどはウキが水中に引き込まれた。
おお、ヒット!!
7
水からでてみると、けっこうな大きさに見えます。
うまそうなニジマス!!
それにしても、延べ竿でウキで釣りというのも面白いなあ。
海のボートじゃ、延べ竿を使おうなんて思わないからねえ。
今度、秋頃になったら陸っぱりで延べ竿やってみるのも面白いかもしれない。

とまあ、こんな感じでもう一匹釣り上げて、塩焼きにしてもらいました。
8
釣れた直後の塩焼き。ああ、さっきまでの元気なニジマスが、こうも変わり果てた姿になってしまうとは……
ここは供養のため、まず一口。
うまい!!!
おおお、なんということよ、スーパーで売ってる魚を塩焼きにしたのとは、味の次元が違うではないか。
この美味さを何と表現したらよいのですか、あっさり塩焼き、だがしかしなんなのだ、食欲がとまらない!
というわけで、すっかり骨だけになってしまった塩焼き、ごちそうさまでありました。

というわけで、那須に行っても釣りはしっかりする私であります。
次回の予定は……
天気次第だなあ、うんうん。

| | コメント (2)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »