« キス・アナゴのリレー船のダイジェスト | トップページ | キスとかメゴチとかの唐揚げ製作工程 »

須原屋さんで、キス・アナゴのリレー釣りまとめ

本日、非常に嬉しいことがありました。
家の者が、簿記3級合格。
自分の事のように嬉しいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノ♪

で、昨日の須原屋さんでの、キス・アナゴのリレー船。
それはそれは、渋い物語でありました。

須原屋さんと言えば、とても親切で、明るく楽しく厭味の無い船長が素敵な船宿です。
船も綺麗で大型でして、初心者、女性子供もオススメなところです。
メバル・キスリレーの時以来、しばらくご無沙汰だったのですけれど……。
つい先日まで風邪っぴきで、いつものボート屋に行くとなると、長距離運転せねばならず。さらに洋上で漕ぐ必要があり、それはさすがの自分も苦しい。それで乗合をチョイスした次第でした。
キスは、もう何匹も釣ってるので、キスはいいんです。本命はアナゴ。
まあそれはそうとして……

キス釣りの場所は、木更津沖。
2_143
これが、午後2時頃に見る、うみほたる。
ここからちょっと先に進むと、見えてきたのは乗合の船団。
うようよいます。これだけたくさん船がいるということは、ここらで釣れてる証拠。
メインターゲットでないと言っても、やっぱ釣れてほしいものです。

そして、仕掛け投入!!
むむむ……
あたらん。
餌の付け方が悪いのかと思って、もう一回、餌を付けなおして投入!!
むむむ……
あたらん。

そうしてるうちに、他の船がどんどん帰港していきます。
昼釣りの船は、だいたい午後3時あたりに終了するらしいのです。
まあ余所は余所、うちはうちということで……。
と、思ってたら、コココンとアタリ。
ちょこっと重い。やっときたー。
で、水面に見えてきたのは赤い魚。
ありゃ、と思って引き上げてみたら、ホウボウでした。
3_121
ヒレが綺麗ですね~。なんでこんなヒレを持ってるんでしょうね~。
キス釣りに来て、第一号がホウボウ。嬉しい外道ですが、しかし本命が来ないいい。
何の、釣りは魚との駆け引きよ。と、あわてず騒がずキスを狙う。ずりずりと海底に仕掛けを這わせて、ちょっと止めて、また這わす。と、何かずっしり重くなった。
こりゃ海草? と思って巻き上げてみたら、イイダコ!

よし、写真撮影だ!
と思ったら、携帯電話が、何と電池切れ!!
そんな馬鹿なああ、だって今日、11時頃まで充電していて、フルチャージで持ってきたじゃないかああ!
どうやら私の携帯は、電池が最悪に悪い状態みたいです。
こりゃ電池交換しないと。

という訳で、ブログのリアルタイム更新計画も頓挫してしまいました。ううう。

して、その後、木更津沖堤の近くに移動したりなど、船長も色々と釣らせようとして頑張ってくれてます。
しかし無情にもキスの活性は上がらず。
キス7匹、イイダコ2匹、ホウボウ1匹という、さえない成績に。
時刻が午後6時になって、終了~。

続けまして、ここからアナゴ釣りの番です。
ケミホタル、釣り鐘オモリ、長さ10cmくらいのアナゴ仕掛けという、非常にシンプルな仕掛けを竿にセットアップ。
実はこの仕掛けでアナゴを狙うのは、今回が初めてなのです。
セットアップ方法もよく分からなかったんですけれど、まあ何となくフィーリングでセット。
船長が見に来てくれて、色々と釣り方を教えてくれました。

・アオイソメを10cmくらいに切って、針に3匹くらい刺す。
・仕掛けを投入。海底にオモリが着いたら、10cmくらい上げる。で、トンと下ろす。
・そんな動作を1~3秒に1回くらい繰り返す。
・アタリがあると、竿先に、モゾモゾっと来る。でも早アワセしないで、じっくり待つ。もうちょっと待って、またアタリがあったらゆっくり合わせる。

では、アナゴ釣り開始!
トン、トン、……

まさか、このまま2時間以上が経過するとは思ってなかった。

前の日は、アナゴ好調だったらしいんですが、今日は全然駄目らしい。
船長が言うんだから間違いない。
いや、私一人だけ釣れてないんだったら、単純に私の腕が悪いだけなんです。
船中、誰も釣れてないんですからねえ……。

モゾモゾって何よ? とか思いつつ、ぼけーっと竿だけ持ってる。
遠くで花火が見える。そう、あれはディズニーランドの花火です。
あれが見えるということは、8時半だねえ。
洋上から見る花火も乙なもんだ。そういや、今年も花火のシーズンが近づいてますなあ。
とか思ってたら、竿先に、本当に、モゾモゾっと何かが。
んんん?
もぞもぞ、もぞもぞ、もぞもぞ……。
おお、これが噂のアナゴのアタリか。
そう思って、もうしばらく待ってみる。
一瞬、アタリが無くなった……、と思ったら、またモゾモゾ。
もうこの辺でいいのかな? と思って、竿を上げてみたら、ぐーんぐーんと何かが引っ張る!
おおお、やった、やっと来てくれたあああ。
リールを巻き巻き、そして姿を現す、江戸前アナゴの雄姿!!
だが電池切れで写真が取れないのであった。
おのれ携帯、と思って、電源を切って、一度、電池パックを抜いて、また差しなおして電源ON
すると再び電源が入った。
よし、まずはテスト撮影。
4_100
おー、真っ暗闇なんですが、いい具合に光を増幅してくれる。
この調子でアナゴを撮影……
と思ったら、また電池切れ!
なんてこったい、景色よりも釣果を撮らんでどうするカメラ!!

とまあ、こんな感じで終了時刻。
アナゴは1匹確保で終了。まあボーズじゃなくって良かったです。船中、ボーズな人の方が多かったんですから。

船宿に戻ってきて、他のお客さんと色々と離してみましたが、
「いやー、信じられんくらい渋かったですね~」
みんな似たような事ばかり言ってました。

ところで潮汐表を見てみると、小潮で、かつ午後は潮止まりな日だったのでした。
キスやアナゴは、潮の動きに左右されやすい魚なんでしょうね。

|

« キス・アナゴのリレー船のダイジェスト | トップページ | キスとかメゴチとかの唐揚げ製作工程 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

家の者には頭が下がる思いであります。
私もうかうかしてられませんね、もっといい魚を釣ってこないと。……何か違うか(笑)
アナゴは、船上で捌いてくれます。
まあ自分で捌けないことも無いんですけれど、やっぱり船長の方が上手に捌いてくれますね。
乗合船、ボートより疲れないのはとても良いです。その代わり、あれこれ釣りターゲットを変えることができませんが……

次回は、台風接近のため釣りはおやすみです。
台風が過ぎたら、荒れ後の何とやらを期待して出撃予定。
こんどは、ルアーでまだ魚を釣ったことが無いので、ルアーに挑戦!のつもりです。

投稿: いち | 2007年7月13日 (金) 午前 12時34分

まずは、家の者さんにパチパチパチ・・・とね。
一生懸命お勉強していたんでしょうね
誰かさんが釣りして遊んどる間にね(^-^) 

アナゴ丼に白焼きはウメーっすよね
やっぱり今も船上で捌いてくれるのかしら?
帰宅後の後始末がいらないって事は楽チンでいいですよね
どの魚もご機嫌が悪いときは、如何ともしがたい・・・
でもボートよりは疲れなかったでしょ?
又、リベンジして下さい。

投稿: コウチン | 2007年7月11日 (水) 午後 11時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キス・アナゴのリレー船のダイジェスト | トップページ | キスとかメゴチとかの唐揚げ製作工程 »