« 段ボール肉まん | トップページ | でっかいタコ捕獲してしまったボート釣り7/28 »

やや悪条件下でのボート釣り

ボート釣りは楽しい釣りですが、やっぱり自然が相手故に、いつでも獲物を得ることができるという訳ではありません。
先週の台風に加えて、水曜日の雨という条件により、木曜、金曜は濁りが入ってしまいました。
濁りが入るということは、キスがつれ難い状況であるということです。
まあこんなときは、何をやっても駄目ですね。キスがいても、口を使わないものですから、アタリが全然無いのです。
ところで今回は、メタルジグもチャレンジしてみようと思ったのですが、状況がいまいちということで不安不安。
それでも、濁りが半分でも収まってくれれば、次第に食い始めるのですが……。
浅瀬でキスを狙うと、真っ先に現れるのがクサフグ。
今回のボート釣りは、まさにそんな状況でありました。

第一投! アタリ、だが逃げられた……と思ったら、2本針のキス仕掛け、針が両方食われとる。
仕掛けを換装して、さらに場所をちょい移動して、第二投!
アタリ、こんどは乗った、巻いてみると、可愛い顔のクサフグが。
気を取り直して、場所もさらに移動して投げる! こんどもまたクサフグ!
餌取るだけならまだしも、針まで取ってしまう憎らしさ。
開始1時間で、4本以上の針を切られてしまって、こりゃたまらん。

こういう状況を回避するには、深場に移動するのがいいんじゃないかと思って、岸から少なくとも1km程度、と思い、一心不乱に沖へ移動。
空はやや曇り、そして波は無く、風も微弱というボート釣り日和。ああ、なのに水中は状況悪し。
1_177
キスが釣りたいというよりは、小型の元気の良いキスなり何なり釣って、泳がせ釣りをやりたいのですが、全然駄目ですねえ。
23cmくらいの、でっかいキスなら、ぽつぽつ釣れてくるんですけれど……
午前9時をまわった段階で、20cmオーバーのキスが7匹、同じく20cmオーバーのメゴチが3匹。
駄目じゃねえか、と思ってしまう自分ですが、普通に考えてみれば、これは立派な成績のような気もします。
でかいキスが多くて、嬉しいのかガッカリなのかよく分からん。

まあこんなときは、ボート流しつつ新しい釣りにチャレンジするに限る。
今回は、ジグ投げる勉強もかねてのボート釣りなのであります。
そのために、リールの一つをナイロンからPEラインに換装してきたのです。
2_145
ここでトラブル発生。
このリール、時々、ハンドルが動かなくなってしまう。
ルアーの経験は、ほぼ無いに等しい自分ですが、リールが思うように巻けないというのは致命的な問題だってことは想像できます。
叩いても、なだめても、全然駄目。12年くらい使ってるリールですが、元はといえば、釣り具やのバーゲンセールか何かで、980円で買ってきたやつ。年代物にして安物です。
次は新しいのを買ってやる、そう思いつつ、ルアーは不本意ながら終了……

そして、午前10時。
この日ようやく、かろうじて泳がせに使えそうなサイズのキス(それでも15cmはある)が釣れたので、やっと、本当にやっと泳がせ開始。
同時に、泳がせ餌の補給というわけで、あっちこっちにキス仕掛けを投げる。
まあ何と言うんでしょう、アタリはやけに渋い日でしたね。濁りがあるうえ、この日は小潮。
潮止まりが午前10時頃、かつ潮の動きは一日中鈍いとなると、釣れない条件が二重に重なっておりますね。
やっぱキス釣るのは、濁りの有無と潮の動きが大影響を及ぼすんですな。

釣れない時は、餌を大きく付けるに限るのですね。ジャリメなら切らずに一匹丸ごと。アオイソメなら、4cmくらい垂らす感じで。
で、ピンギスが欲しいんですけれどね、釣れてくるのが相変わらず20cm前後の良型ばかりなんですなあ。むむむ。

小さいのが来ないなあ、と思っているその矢先。
泳がせの竿が、ぐいーっと曲がりました。
しかし、魚のような引きじゃない。しかし、波の動きとは別に、ぐいぐい反応あり。確かに生き物が付いている。
そーっと聞きあわせてみると、やや重い。ずしっと重い、けど、時々ぐいっと引く。
コチやヒラメじゃないけれど、とにかく重くて引きがある。
これは、イカ?
というわけで、網を手元に置きつつ、そーっとそーっと巻いてみると……
おお、イカがキスに抱きついてるじゃないですか。
そーっと近くまで寄せて、そーっと網を水中に入れて、そーっと下からすくい上げ!!
3_123
で、写真の左下にいらっしゃる、魚類とは別の姿をしている御方が釣れました。
マルだかヤリだかわからんのですが、イカです!!
こういう予想外の相手が釣れると、なんだか嬉しい。
本命じゃないけれど、こういう釣れ方って、緊張感あって面白いですねえ。

というわけで、この後は目立った釣果なく。
根周りをさぐってみるものの、キュウセン、ササノハ、オハグロのベラ3兄弟が釣れたところでタイムアップでした。
4_102
キスは良型ばかりで、全部はまな板の乗り切らないのですが、こんな感じ。
まな板の全長が、おおむね45cmです。なので、みんな良型ってのが分かるんじゃないかと思います。

5_93
これがベラ三兄弟。
うえからキュウセン、ササノハベラ、オハグロベラの雄です。
オハグロベラ、雌だと、もうちょっと落ち着いた色してます。雄は派手ですねえ。

6_74
そしてこれ、泳がせで釣れたイカ。
バター焼きが大好きなので、こんどもバター焼きで食べることでしょう。

次回は、リールを新調して、もういちどルアーに挑戦だ。

|

« 段ボール肉まん | トップページ | でっかいタコ捕獲してしまったボート釣り7/28 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

次回、リールを新調していきたいなあと思います。
今のリールのハンドル、まるで最初から固定されてるみたいに、がっちり回らなくなってしまうのです……。
そして、キスは軒並み20cmオーバーという豪快さ。
ピンギス欲しいけれど来ず……。
まあその前に、マゴチ、ヒラメのアタリが全然無かったというのも問題です。
しかし状況が次第に好転してるようでしたので、次回こそ!

投稿: いち | 2007年7月23日 (月) 午後 11時51分

うーむ!・・・ですね。
キスの良型さが写真でバッチリ分かりますよ
目的が違うってんじゃ
ジャンボキスに失礼かも?・・・でもデカイね!
船上では思わぬトラブルがあるのよね
道具はしっかりとチェックしときましょう(^ー^)
ならば、ルアーは次回のお楽しみって事で
また行かなくちゃ(^ ^;Δ

投稿: コイチン | 2007年7月23日 (月) 午後 04時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 段ボール肉まん | トップページ | でっかいタコ捕獲してしまったボート釣り7/28 »