« 知ってると得する話 | トップページ | マゴカサゴ汁と刺身 »

カサゴとマゴチのでっかいの!!

えー、平日にボート行くとか言っておきながら、どうしても今日行きたくなってしまったので、行ってまいりましたボート釣り。
本日の目標はカサゴです。マゴチは先週、おっきいのを釣ってしまったので、今度はカサゴを主目標として狙ってみようと考えていたのでした。
そのため、あらかじめスーパーで小さいアジを購入しておきまして、それを塩漬けにしたものを用意。
どうもカサゴという魚は、臭う餌に良く反応するっぽいです。その証拠に、前回、塩漬けイワシ(けっこう臭う)に食いついてきました。
さて、その理論や如何に!?

1_170
理論は正しかったのでした。
朝一、一発目からヒットしたのでした。そしてこのカサゴ、でかい!
後で計ってみたら27cmもありました。うーん、こんなサイズ、初めて釣ってしまった。
朝9時頃にしていきなり目標達成、しかも自己記録なカサゴです。
ああ、今日はこれでもう安心だ。

というわけで、この辺でキス釣りに切り換え。
キスを釣って、泳がせ釣りして、大物を捕獲しようという魂胆です。
前回、マゴチを釣り上げた地点は、けっこう沖の方の根周り。というわけで、今回もそこに行こう、と思ったのですが……

場所がよく分からん。

それもそのはず、私はボートでぽつんと海面漂っているわけでして、測量なりGPSなりないと、正確な位置が分からないんです。
一応、周囲の地形を見て大体の位置を覚えてはいたのですが……
記憶の地形を頼りにボートを移動し、えいやっと場所を定めて仕掛けを落としてみると、あっと言う間に根掛かり。
うーむ、どうも場所が違うっぽい。前回、仕掛けを落とした場所は間違いなく砂地だったんですけれどねえ。
そんなこんなで、2時間で20回以上は根掛かりしたはず。
それでいて、釣れてくるのはベラ、ベラ、またしてもベラ。入れ食いに近いベラ。
料理次第じゃ美味しい魚なんですけれどね、釣れてくるのがことごとく15cm以下でして、キープサイズは一匹も無し。

で、そんな最中、塩漬けアジの仕掛けに、グイーグイーと絞り込むようなアタリが。
随分引いてるようで、どうやら針掛かりしているのは間違いなさそう。
で、竿受けの竿を手にとり、えいやっと引っ張ってみたんです。
ずずずいっとした重さ。この重さ、なんだろう、エソと違って引きずり込むような力がある。
ええい巻け巻け。必死にリールを巻いていくと、水面に見えてきたのは……
2_139
アナゴにしては細すぎるし、とぐろを巻いたりしてる。
覚えがあるぞ、こやつはダイナンウミヘビじゃないだろうか!?
3_118
すごい顔になってます。
アジを丸飲みして、ついでにぐるぐる体を回転させたせいで、仕掛けのラインが、猿ぐつわのように顔に巻きついてしまってるんです。
こいつをボートの上に上げてしまったら大変だ。
暴れるわ滑るわで、手に負えなくなること間違いなし。
こいつの体のヌメリは、メゴチに匹敵するものがありますので、どうにか仕掛けをほどいてリリース。
ふう、大変だった。

そうしているうちに風が強くなってきまして、あらら……と思っていたら、ボート屋の船頭さんが、
「ちょっと風が強くなってきたから、浅瀬に移動しましょうか」
というわけで、沖での釣りは終了。この後浅瀬に移動します。

今日一日、どうもキスが渋いです。
まあ、今まで根際というか、ほとんど根の上にいたので仕方ないんですけれどね。
浅瀬に移動してからは、砂地で粘ってみたんですけれど、どうも潮止まりの時間らしくて全然キスが釣れず。代わりにハゼが良く釣れてきます。
イトヒキハゼという奴が一番沢山釣れるのですが、こやつ、生意気にも噛みついてきます。気の抜けた洗濯バサミ程度の痛さです。
手持ちの餌の中で、唯一、生きているのがイトヒキハゼのみ。これを針にかけて、浅瀬での泳がせ釣りを開始!

とは言っても、そう簡単にアタリは来ないもんです。
キスの方は、ぽつりぽつりと釣れてきて、晩御飯のおかず程度は手に入りました。
ぼけーっとしていると、時間は13時。
ボートは14時が沖上がりの時間。ということは、あと一時間しかない……。
ま、今日はでっかいカサゴが釣れてるから、これで終わってもいいか。
そう思ってたときでした。
ふと、置き竿を見てみると、ぐいー、ぐいーと動いてるじゃないですか。
おおおっと思って、慌てて竿受けから竿を手にとる。
仮に相手がマゴチなら、ここでアワセを入れると、まず間違いなくスッポ抜ける。そこで、しばらく何もしないで、ただ竿を手に持ってるだけ。
時々、ぐいーっと引っ張られるので、そのときは穂先を水面の下ろす。
ぐいーっという力が無くなったとき、穂先を上げる。
あくまで糸が張った状態を保ちながら、押したり引いたりを繰り返す。どうやらそれが、マゴチとの駆け引きのコツらしい。そういや、過去に釣り上げた時も、こんな駆け引きを無意識のうちに繰り返していたような気がするが……
そのうち、また相手が引いた!
穂先を下げる。
しかし、今度は凄い力で、ぐぐぐーっと絞り込まれた!
今だ!
竿を、ぐいーっと立てる。直後、ガッツン、ヌゴゴゴ、と大暴れ。
水深7メートルの位置だったもので、リールを巻いたら、すぐに姿が見えてきた。間違いない、マゴチだ!
すかさず網を入れると、うまい具合に、マゴチの方から網に突っ込んできてくれた!
4_99
捕獲成功!
やった、二週連続でマゴチゲットだ!
うまい具合に唇に針が刺さっております。アワセ大成功、見事、手にしました!
5_91
これが、マゴチ捕獲直後のイケスの中身。
ちなみにマゴチのサイズは50cmでした。
相対的に、カサゴのでかさが分かるんじゃないかなあと思います。

6_72
これが今回の成績。
・マゴチ(50cm)一匹
・カサゴ(27cm)一匹
・アナゴ一匹
・サバ一匹
・キス14匹
・メゴチ2匹
(全部をまな板に置くことができませんでした)

まさか、またしてもマゴチが釣れると思ってなかっただけに、とっても嬉しい一日でした。

|

« 知ってると得する話 | トップページ | マゴカサゴ汁と刺身 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

本当はカサゴ狙いだったもので、それだけでも十分嬉しかったのですけれど、マゴチはやっぱりラッキーだったと思いますよ。
潮は動いておらず、ボートもうまく流れてくれずで、かなり苦労しました。
浅瀬で釣れると、いきなりドタバタ来るので大変でしたよ。
そして昨晩、またしても見事な刺身と味噌汁になったのでした。

投稿: いち | 2007年6月26日 (火) 午前 08時32分

すごいですねぇ~
今回も、ラッキーですね!
おっと失礼! 実力でしたーってね。
カサゴの大きさから・・・10年選手w(・Θ・;)w
マゴチも連続大物ゲットですから、合わせには自信が・・・
7mの浅場での引きは、ちょいとドキドキもんだよね
これぞボートの醍醐味かな?
2~3日は、あの強烈な引きの余韻が残っているんですよね~
私は仕事してました・・・くやし~(^-^) 

投稿: コウチン | 2007年6月25日 (月) 午前 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 知ってると得する話 | トップページ | マゴカサゴ汁と刺身 »