« マゴチが釣れた速報 | トップページ | マゴチとカサゴとカワハギの海鮮御膳 »

マゴチとカサゴとカワハギ捕獲!

日曜日、まいどおなじみのボート釣りに行ってまいりました。
先週の平日、けっこう忙しかったり(まあ毎週ですけれど)したもので、体力がどんだけ持つのか分かりませんでしたが、果たして日曜日はどんな釣りになるのか?

実は日曜の釣りのため、事前に色々と仕込みをしておきました。
スーパーでセグロイワシを買ってきて、塩漬けにしておいたのです。
2日ほど塩漬けにしておけば、わりとしっかりした身になりまして、海に投入しても身が崩れにくいのです。
さらに臭いがきつくなるので、魚が寄ってくる可能性も高いんじゃないかという期待も込めておりました。
さて、その成績や如何に?

場所はいつもの富浦湾。午前6時に出船して、とりあえずポイントに到着。まずはジャリメをキス仕掛けに付けて投入。
続いて塩漬けイワシの投入準備。
基本的に、私は、錘込み(15号)の天秤にマゴチ仕掛け(針17号、孫針付き)にイワシを装着。
親針はイワシの頭に。孫針は腹の方に。そして投入。
この間、約1分。
すべての仕掛けを投入し終わった後、キス仕掛けの様子を見る。さあ、いつもなら、この辺でキスが釣れてくるはずだ!!
しかしアタリ無し。
ならばと、別の方向にキスしかけを投入! ずるずるとリールを巻いて仕掛けを引っ張ってみるものの、アタリは何も無し……
四方八方に投げても、反応無しときたもんだ。
まずい、キスの食いが悪い。
午前7時前にして、早くも焦ってしまう自分。こういう経験、今まで何度かありました。
大体の原因は、底荒れしてるか、潮が動いてないか、という感じなんですが、潮は澄んでるように見えます。一方、ボートの錨を上げていてもボートが流れないので、これは潮が動いてないって事なんですね。
ともかく困った、釣れないとなると自分が焦ってしまううう。
こんな時は、せっかくのボートなので場所移動に限りますねえ。
砂地から、沈み根の際の辺りまで移動開始。
根の真上だと、根掛かり連発で大変なので、砂地と根の境界辺りを漂ってみる事に。そしてその読みが見事に的中したのでした。
移動してから仕掛けを出した直後、置き竿にしていた、塩漬けイワシの仕掛けが、いきなりゴゴゴンと大アタリ。
合わせてリールを巻いてみると、最初に強力な突っ込み、そして一瞬、暴れるのがやむ。やがて水面に見えてきた赤い影。その正体は、
1_168
おおお、カサゴだ。なかなか良い型じゃないですか。
キスより先にカサゴが来た。今日は何かが違う、いい予感。いつもと違うパターンが来たということは、運気が上昇したという証拠。だと思う。
鼻唄混じりに、イワシ塩漬けを再び仕掛けに付けて投入。
この辺りで、キスの方もようやく数匹ヒット。だが相変わらず渋いなあ。まあ、キスはメインターゲットじゃないから良いとして……
と思ってたら、もう一回、塩漬けイワシの仕掛けにアタリがあ。
2_137
カサゴ2匹目です。
サイズは一回目のと同じくらいの良型。
やっぱり根魚、ガツンとアタリは強烈で良いですねえ。

しかし、よく考えてみたら、カサゴは先週、めいっぱい釣ってきたんだった。
この辺りでカサゴ釣りは終了し、もうちょっとボートを移動させてみる事にしようと画策。
水中がどうなっているか、さっぱり分からないので、とにかく適当に見当つけながら、とにかく砂地と根の混じるっぽい地形を、ゆらーりゆらーりと漂いまくる。
そうしている間に、キスがまた数匹釣れたので、これを使って本日の泳がせ釣り開始。
時に、午前8時半くらいの事でした。

キス泳がせ仕掛けの竿の穂先が、ぐぐぐっと、変な動きを見る!
むむっと思って、竿をじっくり観察。
普段の穂先の動きは、波の上下と共に揺れるだけですが、それと明らかに違うパターンの動きを見せる。
もう何度も泳がせ釣りやってるので、何かが生き餌にちょっかい出してきたというのが分かります。
がまんがまん、じっくり待って、竿先が海に突き刺さるくらい曲がってから合わせるのだ。
そう思ってたら、ガクンガクンと竿先が暴れ出す。
むう、この乱暴な動き、さては針掛かりしたな!!!
さあ今だ!!
ズシンと重い、それがブルンブルンと動いてる。おおおお、大物来た、来たぞお!!
そして水面に、次第に見えてくる魚影。
あれは……、ええと、確か……
3_116
オキエソ様でありました。
その顔つきは、凶悪の一言に尽きる。高級練物となる魚。
そして、家の者曰く、「顔が可愛くないから逃がしてきて」と言われる魚。
何度か料理してみましたが、小骨が多くて、どうにも料理しにくくてねえ……
というわけでリリース。
ああ、そろそろエソのシーズンに入ってきたようです。
ここだけの話ですが、富浦で泳がせ釣りをしていると、オキエソがダントツで沢山釣れます。ていうか、去年、こいつの倍のサイズのエソを4匹ほど釣っております。

気を取り直して、別のキスを付けて仕掛け投入。そしてボートを流す。
またしてもアタリ、そして、頑張ってリールを巻くと、またオキエソ。
たぶん3回ほど、オキエソのアタリがあったんじゃないかと思います。
こうなると、何となく緊張感が薄れてきてですね、泳がせ釣りの仕掛けにアタリがあっても、何となくボケーっとしてしまうわけです。
ところが……

4度目くらいのアタリ有り。
1分ほど待ってから、竿をゆっくり立てて合わせてみる。
すると、エソとは違うアタリが。
ブルゥン、という、何と言うか、強烈な遠心力みたいなものに仕掛けが振り回されるような、凄い重さ。
こいつは何者!?
思わず全身に緊張が走る、で、手は必死にリールを巻いてる。時々魚が暴れるんですが、スピニングリールが巻けなくなるんですね。相手の力が強すぎるんです。
ええい、おのれ、と、両手で竿を支えて立てる。そして巻く。また立てる、そして巻く。
やがて水中から、この重さの主が……
ぬおお、マゴチだ!!
慌てて網を手の届く位置に持ってきて、もうちょいリールを巻く。
マゴチという魚は、水面近くに来ると、えらい大暴れするものです。この時も例外ではなく、もう両手じゃないと竿を支えきれないような大暴れ。
かろうじて、竿を片手で抱き抱えるようにして押さえて立てる。そして右手で網をマゴチの頭の方に入れ……、マゴチ入った!!
4_97
でかい! 前回釣った奴よりも一回り大きい!!
明らかに50cmオーバーだ!!
これは、私の現時点までの釣り歴の中で、重さ、サイズともに最大級なんじゃないでしょうか!?
緊張が一気にほぐれたのと歓喜とで、なんだか両手両足が震えまする。
と、とにかく、やったー!!

で、その直後、キス仕掛けの方にも何やら元気なアタリが。
まだ震えてる手で、こっちのリールも巻いてみます。が、明らかにキスより強いヒキ。
でっかいキスなのか、それともベラ? いや、それにしちゃ元気が良いぞーっと……
5_90
おおお、カワハギだあ!!
砂地と根との入り交じる場所にいたお蔭で、カワハギまで釣れてしまったのだった!!

そんなこんなで午後2時、ボート上がりの時間がやってまいりまして、再び地上に戻りました。
戻る途中、ボート屋の船頭さんに、
「今日は釣れましたか?」
と聞かれたので、
「マゴチ来ましたよマゴチ! あとカワハギとカサゴの良い奴来ました!」
と答えると、近くに子連れのお父さんとか、色々なお客さんが居たわけですが、
「ええ、マゴチ? 後で見せてくださいよ」
と申されましたので、マゴチをクーラーボックスから引きずり出して披露しました。
「うおお、でっか!」
「すいません、写真撮っても良いですか?」
とか、他のお客さんが撮影してみたりなどなど、大人気のマゴチでした。

で、家に帰ってから計測してみると、マゴチのサイズは53センチ。
紛れもなく自己記録です。
6_71
こうして自分と比べてみると、でかさが分かりますねえ。
で、この日の成績。

・マゴチ1、カワハギ1、カサゴ2、キス、泳がせ仕掛けに使ったのを合わせて30くらい。

さあ、次は料理だ!
当然刺身!!

|

« マゴチが釣れた速報 | トップページ | マゴチとカサゴとカワハギの海鮮御膳 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

実は去年のボート釣り、あまり成績が芳しくなかったものでして、その分の幸運が今年に回ってきたという事なんじゃないかなあ、と思ってます。
モザイクは、何となく付けてみました。(^^ゞ

しかし、これだけでっかいと、釣った後、料理した後でも感無量です。
ボート釣りは体力が必要な釣りですけれど、色々な釣り方が楽しめるのが良いんですよね。
次回は……、何しようかなあ?
次は多分、平日に攻めてみると思います。

投稿: いち | 2007年6月21日 (木) 午後 07時37分

お見事ッ・・・ってね!
ズバリ高級魚のオンパレードではありませんか
でも、ちと心配よ~ 今年の運を全部使っちゃったぁ~とか??
マゴチは確かに前回より、デッケーですよねw(・Θ・;)w

あらら! モザイクがないと、もっと良かったかも(笑)
んっ! ファンクラブが出来ちゃうと困るしね。(^-^;

投稿: コウチン | 2007年6月21日 (木) 午前 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マゴチが釣れた速報 | トップページ | マゴチとカサゴとカワハギの海鮮御膳 »