« 房総のGW釣り大行脚 | トップページ | クジラのタレ »

煮アナジャコのマヨネーズかけ

今日は、大阪の遊園地のジェットコースターで事故があり、死者一名という痛ましい出来事があったみたいです。
かくいう自分は、西武園ゆうえんちに出かけて、ジェットコースターに乗っていただけありまして、ちょっと恐ろしくなりました。
ちなみに西部園ゆうえんちのジェットコースターは、空中一回転と、コークスクリュー2回という豪華なコースになっております。しかし体を固定するレバーと、自分の肩とがこすれて痛い。それだけGが体にかかります。

それはそうとして、先日、捕獲してきたアナジャコですが、これを食べた話です。
去年は、アナジャコ丼とか、トムヤムクンにアナジャコ入れるとか、色々試してみました。
しかし手間のかかる料理でなくて、シンプルに食べてみようというのが今回の趣旨。

ところでアナジャコですが、捕獲したばかりだと、体中に砂がいっぱいついてます。
アナジャコは、真水でも5時間くらいは生きるので、しばらく水につけときます。
まず、ザルか何かにアナジャコを入れて、そのザルを水の張ったボウル等に入れときます。
このとき、水かさは、アナジャコの背中が出るくらいにしとくと良いでしょう。
しばらくすると、ボウルに砂とかが溜まってくるので、定期的に捨て、新しい水を入れます。
これを繰り返すこと3時間くらい。
続いて、いよいよ料理です。

アナジャコに限らず、甲殻類の食べ方で代表的なのは、やはり煮るという事です。
というわけで、鍋に水を張って、塩を少々入れまして、沸騰するまで待つこと5分くらい。
そこに砂を吐かせたアナジャコを放り込む。
で、煮込むこと2~3分。
1_153
ほい、一年ぶりの、アナジャコの煮姿。
なんで甲殻類は、煮ると赤くなるのだろうか?
こいつの殻は、とても薄くてそのままでも食えなくはないのですが、やっぱり身を気兼ねなく食べてみたいと思います。
よって、ピリピリと殻を剥いでみました。
2_124
ずいぶんとスリムな姿。
おっと、頭の方は食べにくいのですが、味噌汁とか、鍋とかのダシには最高だと思います。ですが、今回は割愛します。
この身の部分は、カニと海老を足して二で割ったような味です。
カニ寄りのエビといった感じです。
そのままでも十分に美味いのですが、これに合いそうな調味料は何だろう?
しばし考えてみた結果、これを試してみました。
3_101
エビマヨとか、カニマヨとか言うじゃないですか。
ならばと思い、アナジャコマヨ。
それなりに良い感じの、というか、未知の味だけれど珍味というか、まあ珍しくてわりと美味しい食べ方であります。
絶賛していいかどうか微妙な感じですが、マズイ食べ物というわけじゃないですよ。
から揚げにするのが一番良いような気がするので、次に捕獲してきたらチャレンジしてみようと思います。


|

« 房総のGW釣り大行脚 | トップページ | クジラのタレ »

料理」カテゴリの記事

コメント

実はアナジャコ採りは、去年の6月に始めたばかりです。
合計9回ほど行ってます。場所が比較的、近いものですから気楽に行けるんですよ。
ところで、アナジャコハンターの数は、去年より増えてるみたいです。
一度、釣り雑誌にアナジャコ採りの記事が載ってから増えたみたいです。
でも捕獲成功できた数は、そんな多くないみたいで……

アナジャコほどの大きさなら、大物狙いの釣り餌に最適なんじゃないかって思うのですが、24時間生かす事ができないんです。
甲殻類の飼育は難しいです。
ちなみに、アナジャコと、寿司ネタのシャコとは、似てるけれども種類というか系統が違うみたいです。
http://www.zukan-bouz.com/zkanmein/koukakumokujiebi.html
↑これによると、
アナジャコは、
十脚目異尾下目アナジャコ上科アナジャコ科アナジャコ属
だそうです。
そして寿司ネタのシャコは、
甲殻綱口脚目シャコ科シャコ属
なんだそうです。

投稿: いち | 2007年5月 6日 (日) 午後 10時53分

イイですね~
絶対、マヨですよ・・・なぜって私「マヨ派」ですから(^-^) 
シャコは大好きですが、あな君は食した事はありません

捕獲大作戦も拝見してきました。
さすがに年季が入ってらっしゃる ようで・・・名人?
今期から、小柴のシャコが禁漁とか?
アナジャコが人気出るかもですよ!

投稿: コウチン | 2007年5月 5日 (土) 午後 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 房総のGW釣り大行脚 | トップページ | クジラのタレ »