« 靖国神社に行く 前編 | トップページ | 魚聖さんのトリプルチラシ »

靖国神社に行く 後編

靖国神社と言えば、遊就館という展示館があります。
ここには、渋いみやげ物が売ってる売店とか、艦上爆撃機「彗星」とかが展示してあったはず。
と思い出したので、さっそく行ってまいりました。

まず入り口をくぐると……
7_52





おお、零戦じゃないですか。

零式艦上戦闘機52型です。
零戦には、色々な型があります。
で、52型の見分け方でいちばん分かりやすいのは、排気管の形状かな。
単排気管になってます。
8_42
これが後ろから。
当時の米軍の機と比べると小型な本機ですが、間近でみると、あんがいでかいもんです。

9_22
これが主翼内に配置されてる20ミリ機関砲です。
ただしここに展示されているのは、零戦21型とかの主翼に装備されているタイプです。
↑の52型の機銃は、これのバージョンアップ版、だったはず。

で、これより奥の館内は、撮影禁止って書いてあったから撮影してません。
ずんずん先に進むと、貴重な資料が色々。
で、最後の方にいくと、
10_18
戦艦大和の主砲弾です。
自分の身長より高い。そんでもって、でかい。
世界最大の艦載砲の弾ってわけですね。

11_17
そしてこれが彗星艦爆。
旧日本海軍機には珍しい液冷エンジン搭載型です。
旧軍の飛行機は、ほとんどが空冷タイプです。液冷タイプのも、無いわけじゃないんですが、空冷に比べて複雑な整備性であり、あと不慣れということで故障続発したそうです。
液冷エンジンだと前面積を小さくできるので、速度性能は向上するんですけれど……
故障ばかりでは戦にならんということです。
で、この彗星も、後期型はエンジンが空冷タイプに換装されてます。
おかげで素人だと、見た目が全く違うので、同じ彗星だと分からない事が多いようです。
それ以前に、プロペラ機は、全部、零戦と思ってる人の方が多いような気がします。

12_13
これが、彗星のエンジン。「アツタ」です。
ドイツのダイムラーベンツのDB601のライセンス生産品です。
ところが当時の日本では、ドイツの精巧なエンジンを完全にコピーできなかったのだそうで……。
なんでも、ボールベアリングがまともに作れなかったもんだから、この手の精巧なエンジンの稼働率低下につながったという。

その反動もあってか、現在の日本の技術というのは素晴らしいものがあります。
仕事で、外人の外注使うこともよくあるので、まあ日本とよその国の相対的な力というのは、何となく分かります。
連中は、どうも仕事がずさんというか、手抜きというか、技量不足だけれどそれで満足してるっぽいというか……。
できる奴は、とことんできるんですけれどねえ。それ以外がねえ。

というわけで、靖国神社の遊就館に行くと、良いものがいっぱい見れるので行くべし。

|

« 靖国神社に行く 前編 | トップページ | 魚聖さんのトリプルチラシ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 靖国神社に行く 前編 | トップページ | 魚聖さんのトリプルチラシ »