« 近所でボヤがあったらしい | トップページ | シロギスとホウボウとメゴチとヒイラギとハマボウフウの天ぷら »

ボート釣り0427

金曜日は、海軍で言えばカレーの日。
だから、負けずに釣りに行ってきました。
いや、勝ち負けの問題じゃないと思いますが。
そして結論から言うと、いい運動になったと思います。
それだけ漕いで流してきたという次第です。

前回、でっかいマゴチが釣れたので、今回もでっかいのを釣りたいなと思ってたんです。
でもその前に、根が水中にいくつもあるので、メバルも狙えるかなと思って、今回はモエビ持参で参戦してみたのでした。
場所は、いつもの富浦湾。そしていつもの手漕ぎボートです。

見渡す限り、青い空、青い海。
そして、ちょっと強めな北風……
1_149
写真で見ると、穏やかに見えてしまうなあ。
でもこれ、ザップンザップン言ってて大変なんです。
とりあえずアンカー下ろして仕掛け投入。
まずはメバル狙いなんですが……
仕掛けをナチュラルに安定させないと、メバル釣るの大変なんだと思うんですけれど、ボートが安定しないのでキビシイ。
投入した直後に根掛かり、アタリもないのに付け餌が、ボロボロ外れる。
買って行ったモエビが、ものの一時間で半減というか、ほとんど消失。
2_120
というわけで、気象条件の都合でメバルは諦めです。
まあメバルはテストのつもりだったし、いいか。

で、キス釣りに移行です。
この風の中、キスのポイントまで、必死に移動。
底荒れすると、キスは食って来ないものでして、そうなっていやしないかと心配しましたが、ガツガツあたって来るので、それは大丈夫っぽいです。
キス釣りに移行してから15分で、こんな感じになります。
3_98
泳がせ用に、生きた奴などをキープ中。
ところで今まで、小物釣りの竿は、セットで2000円くらいの安いのを使ってました。
しかし先日、ダイワの180cmの、7000円くらいする中継ぎタイプの竿に買い換えた次第。
ついでに糸を、ナイロンからPEの1号にしてみました。
これがまた良い。何しろ軽いし、アタリが明確。レギュラーサイズのキスでも、ゴツゴツと良く分かる。
安い竿だと、アタリがあったんだか無かったんだかという引きも、手にとるように分かっちゃいます。

それは良いんですが、風が強くてキビシイ。
凪になったのがAM11:00頃かな?
流してマゴチを狙いたいけれど、潮の流れが早すぎるとイマイチなので、それもできない。
そうしているうちに、でっかいメゴチが。
4_86
大きさが20cmオーバーでして、この日釣れた、どんなキスよりもでかい。
ちなみにメゴチを南蛮漬けにするとかなり美味しいのでお試しあれ。

で、11時頃から凪になってきたので、ここぞとばかりに流し釣り開始。
沖の方まで漕いで行って、アンカーおろさずに流す流す。
また沖の方に漕いで行って、流す流す。
……の繰り返し。
何往復したんだろう?
総移動距離にして何百メートル?
とにかく腕と腰が痛くなってしまいましたが、マゴチのアタリはゼロ。

という感じの、まあいつもとあまり変わらない、キス釣り的な一日で終わってしまうのでした。
で、成績。
5_79
キス25匹
メゴチ8匹
ホウボウ1匹
ヒイラギ3匹

ホウボウは、最後の最後で釣れてきました。
キスと同じ大きさなんですが、引きがえらく強かった。カワハギが来たんじゃないかって思ったくらいです。
6_62
ヒイラギ。こいつはアジとかイワシとか、そんな感じの味です。
フライとか、から揚げにすると超美味。
なので、我が家では人気の魚です。

7_58
ホウボウ。
そのヒレが綺麗で、鑑賞用に良いんじゃないかって思います。
我が家に海水水槽があったら、生かして持って帰ってるところなんですがねえ。
グウーグウーと鳴く魚です。

というわけで、春先の海は、風の影響で釣りにくい日が多発します。
皆様、無茶だけはしないように。

|

« 近所でボヤがあったらしい | トップページ | シロギスとホウボウとメゴチとヒイラギとハマボウフウの天ぷら »

釣り」カテゴリの記事

コメント

ご回答ありがとうございますm(__)m
なるほど、
参考にさせて頂きます。
それにしても、
捌いた魚から針が出てくるというのは初めて知りました。
釣られた魚もすぐには死なないんだなぁと思います。
そう思うと魚の生命力には驚かされますね(^_^;
いちさんの説得力のある考えを参考に、
また堤防に参上したいと思います。
本当にありがとうございました。

投稿: jonis | 2007年5月 1日 (火) 午前 12時40分

jonisさんありがとうございます。
メバル、やはり群れがいる場所に餌が来ないと駄目なんですねえ。
ボートでやってた時、風のせいで左右に振り回されて、根掛かりの何ので、もう大変。正直言って、底取るとか言う場合じゃなかったものでした。
結果的に広範囲に攻めていた形になってたかもしれませんが……。動きが激しすぎて駄目でした。
さて、針を飲み込んだ魚についてです。
実際、刺さりどころの問題で、生存するかどうかの境目になるんじゃないかと思います。
例えばエラ付近に刺さっていれば、これはもう逝去するのは時間の問題でしょう。
それ以外の致命的でない部分(それがどこかは分かりませんが)に刺さっていた場合は、生き延びる可能性はかなり大きいのではないかと思います。
というのは、以前、25cmのでっかいキスを釣ってきて、家で捌いていた時です。
喉の奥から、見慣れないキス針が一本出てきました。
それは私の使ってた針とは全然違って、錆びてて古い針みたいでした。
たぶん、昔に針掛かりして飲み込んで、でも生き延びて大きくなったのでしょう。
つまり針を飲んでも、刺さりどころ次第では生き延びるという事じゃないかと思います。

エラ以外の部分に針が刺さっていた場合だったとしても、無理に抜くと、魚は弱り逝去します。逆に刺さりどころが良ければ、無理に抜かなければ生き延びる可能性は高いです。
ところが、外見からは、どこに刺さっているのかは、まず分かりません。
というわけで、私としては、針を飲んだ魚は、見た目の元気に関わらず、トドメを刺して、食べて供養が一番なのでは無いかと思います。

一応、中学一年生の頃から釣りをしていて、父親も釣りが好きだったりなんですが、我が家は↑の考えで釣りしておりますm(__)mど、

投稿: いち | 2007年4月30日 (月) 午後 05時54分

お久しぶりです~m(__)m
素晴らしい釣果、
おめでとうございます。
ところで私も昨日木更津の沖堤に釣りに行ったのですが、
いちさんが釣られたものと同サイズのキスが3匹に、
その他小物という結果でした。
だんだん水温も上がってきたのでしょう、
冬の釣果と比べたらなかなかのものでした(^_^;
海釣り道場さんで知ったのですが、
メバルは目の前に餌を落とさないと食ってこないそうです。
当たり前のことなのですが、
昨日の釣りで周りが簡単そうに釣っているメバルが、
あまり広範囲に攻めていない私の竿にアタリがこないことを考えると、
なかなかの考えのような気がしてなりません。

今日もちょっとした質問をさせて頂きます。
私みたいな未熟な人間が釣りをすると、
魚に同情の念がこもってしまい持ち帰ることが出来ません。
それでも弱ってしまった魚は持ち帰ることにしているのですが、
元気でも針を飲み込んでしまった魚はどうでしょう。
針を飲み込んだ魚は自然界で生きていけるのでしょうか?
やはり持ち帰った方が魚のためなのでしょうか・・・。
いちさんの考えをお聞かせくださいm(__)m

投稿: jonis | 2007年4月30日 (月) 午後 02時05分

ヒイラギは、どうやらアジに近い種類な魚みたいです。
秋頃になると、アブラがたっぷり乗って、とても濃厚な味になります。
中骨が硬いので、三枚におろして、身だけをから揚げにすると最高に美味いです。
ただし、揚げる時は、皮に切れ目を入れた方が良いですよ。ポンと弾けて熱い思いをしますので!

ちなみに釣りに行く直前、午前零時半頃まで、仕事してたり……。
お蔭でスーパーハードな釣行でした。
就寝午前1時
起床午前2時半
釣り場まで3時間ドライブ
8時間、洋上でボート
砂浜で1時間、山菜取り
家まで4時間ドライブ。渋滞もあったため……
さあ寝ようと思ったら、会社から電話あって色々。
そして就寝、翌日のPM23:00

我ながらタフだなあと思います(^_^;

投稿: いち | 2007年4月29日 (日) 午後 08時33分

お~よくこの風で出漁されましたね?
相模湾方面の乗合船は中止が多かったようですが・・・
大分ご苦労されたようですが、お土産はタップリで
良かった・ヨカッタですね。
メバルはやっぱり凪を釣れ!のようでしたが
試した価値はあったようで・・・

正直、ヒイラギは食べたことないので・・・(魚_魚)
メゴチの南蛮漬も初耳だし
参考になりましたよ!

キーボードと“オール”ではエライ違いですから
お疲れになったことでしょう
まぁ好きな釣りですから・・・そうでもないっか(^-^) 

投稿: コウチン | 2007年4月28日 (土) 午後 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近所でボヤがあったらしい | トップページ | シロギスとホウボウとメゴチとヒイラギとハマボウフウの天ぷら »