« ボート中止 | トップページ | 食材を取りに山へゆく »

ボートが中止なので乗合船で行く

タイトルの通りなんです。
土曜日、ボート中止で、ちょっとガッカリ。
でも天気が相手なら仕方ないと思い、ブログに記事書き終えた後……。

「そうだ。須原屋行こう」

と、唐突に思いついたのでした。
前回に、とんでもない貧果で愕然としていた次第ですけど、リベンジすべし。
と思い、予約の電話をすぐさま入れたのです。

「はい須原屋です」
「すいません、明日、メバル・キスのリレー船、予約一名お願いします」
「はいどうもありがとうございます! お客さん、お名前は?」
「いち、と申します」
「ああいちさん、いつもありがとうございます!!。明日待ってますんでよろしくお願いします~」

てな感じで予約電話入れた次第です。
いつもありがとうございます、と言われて気づいたんですが、そういや2月から数えて4回行ってるな、須原屋。
歩いて行ける範囲にあるって素晴らしい!!
ただ、メインターゲットのメバル・カサゴの釣果は、ここしばらくイマイチみたいです。
風強く、波高くで駄目だったりと、理由は様々です。
一番の理由は、腕だと思います。未熟な自分。

さて当日。
今回の座席は、前回に辛酸を舐めた、船の先頭の方。
団体のお客さんが何組か来ていて、どうしても、端の方に行ってしまうんです。
うーん。イマイチ縁起が良くないような気がしますが、まあいいか。
で、出船。AM07:30。
1_134
遠ざかる桟橋。
さらば~ 江戸川~

ちなみに餌は配られます。
メバルを狙うのに使うのはモエビ。
こんな感じで配布されまする。
2_108

船は一路、南へ下り、ディズニーの脇を抜けて、東京湾へ。
3_90
それからずーっと一時間ほど航行するんですが、ここでトラブル発生!

携帯の電池が切れた。

ぬがー。土曜の晩は午前0時まで仕事してて、会社と電話しながらやりとりしてて、その後充電しないで寝てしまったからでありました。
どのみち、釣り中は写真撮るどころじゃないから、まあいいか。
いやよくない。次からはしっかり充電してこよう。

で、例によって横浜のあたりまで航行。
が、すごい北風、そして波。
つりボートおきむらの連絡通り、北風強いのだった。
こりゃボート中止になるわけだ、うん。
不思議なもので、同じ東京湾でも、アクアラインの辺りまでは大した北風じゃなかった。なんだけど、それより南に来て、東京湾の出口に近づくと、急に一変する。
地形の効果とかあるんだろうけれど、ここまでハッキリと天気が変わるとはねえ。不思議な気分。

で、問題の釣り。いいポイントがあっても、風が強くて船が入れない。
船は、風裏にあたる位置で釣りを続ける事になりましたが、やっぱり厳しい状況みたいです。
ちょっと波が立つと、魚探にメバルが映っても、仕掛けが定まらないのでやっぱ釣れず。
こうなりゃ、いつもと同じやり方だと駄目だ、と思い、ちょっと作戦変更。
いつもは重りを底から浮かべるけれど、今回は底につける。
当然、根がかりする可能性急上昇、だが、何かが変わるに違いない。
少なくとも、常に重りを底につけてる事さえ守れば、やたらと仕掛けが上下にぶれる事はないだろうと思ったのだった。
で、しばらくそうしてると、ごごん、と重いアタリ。
ぬおお、来た。
しかも重い。ドラグ音と共に、道糸がじりじり出て行く。
で、最初に強力な抵抗があったけれど、竿を上げたらちと抵抗が緩む。
そこで、リールを巻く。
あがったのが、25センチより大きいくらいのカサゴ!!

で、船長が写真撮ってくれたので、そのときの状況が、これ。
4_79

で、それから結局メバルは釣れなかったけれど、さらにカサゴ一匹、23cmのを追加して、午前の部が終了となりました。

午後の部は、キス釣りになります。
中ノ瀬沖とかいう、メバルの所から15分程度の場所に移動し、釣り開始。
この日は大潮で、潮が動いていてとても良い状況だそうで、期待期待。
さて、仕掛け投入!
そして1分後、いきなりオマツリ。
まあキス釣りだとよくあることです。
気を取り直して第二波、投入。
いきなり、ブルルンとアタリきた。
竿先をちょっと上げると、どうやら針掛かりしてない様子。
でも仕掛けの側にはキスがいるはず。
そこで、ちょっと重りを上げて、トンと落とす。で、待つ。
すると10秒くらいしてから、ブルルンと、またもアタる。
またまた竿先を持ち上げると、ずーっと震えてる。針掛かりした、と思って巻く巻く。
でてきたのは20センチくらいのキス。

とまあ、こんな感じでずーっと時間いっぱいまでやってました。
2本針にダブルで掛かってきた事もあり。
合計20匹釣れました。

5_73
こんな感じ。

|

« ボート中止 | トップページ | 食材を取りに山へゆく »

釣り」カテゴリの記事

コメント

こちらこそ、はじめまして。
沖釣りは、ボートや陸とは違って、底を取るのがちょっと難しい、というか感覚が掴みにくいですね~。
陸やボートだと、だいたい8号前後のオモリを使いますが、船だと20号とかで、やっぱり戸惑いがあります。
船酔いしない秘訣ですか……。
うーん、もともと船酔いしにくい体質ですから、ごく自然に船に乗ってますので、なんとも言えないんですが……
強いて言えばですね、何度も船に乗る、じゃないかと(^_^;
梅干しとかアネロン飲むとか色々と手段はあると思いますが、やはり体質改善(?)が最強!かなあ……

で、カサゴは記事にするまえに食べてしまいました。申し訳ないm(__)m
代わりにキス料理、載っけました。

投稿: いち | 2007年3月21日 (水) 午後 09時53分

はじめまして、
いつも楽しく拝見させていただいています。
僕はあまり沖では釣らないのですが、
やはりやってみるものですね~。
風の便りではもうそろそろ魚も動き出したみたいで、
僕も今度釣行するつもりです。
ところで数時間船に乗っていて酔わない秘訣というものがあるのですか?
とても気になりますね~(^_^;)
それではキスとカサゴの料理編を楽しみに待っています。

投稿: jonis | 2007年3月20日 (火) 午後 05時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボート中止 | トップページ | 食材を取りに山へゆく »