« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

茶が……

最近、年度末ってことで忙しいであります。
忙しいので、滞り気味な更新というか、はい。
仕方ないじゃないですか。年度末ですよ年度末。
仕事先の会社が、3末が年度末なんだからしょうがない。

で、いつも会社の中にある自販機で、飲み物を買ったりするわけですが……

最近、茶ばかり買ってます。
昔は、コーラやファンタや、まあそんな甘くて刺激で美味しい系(?)な飲み物しか、目がいかなかったのですけどね。
しかし今、茶ばかりです。
コーラとかファンタとか、そういったのよりも、激しく茶に心惹かれます。

年とったのかねえ。
まだ29なんだがねえ。

ううう。

| | コメント (0)

メバルはやっぱり煮付け

さてさて、メバル料理と言えば、やっぱり煮付けが一番であります。
しかし今回、メバルは6匹。
全部を煮付けにするというのも、ちと芸が無い……
と思ったので、色々と調理方法を調べてみました。

そしたらですね、焼こうが煮ようが、何をやっても美味いという情報。

うむ。素晴らしい。
しかし、それではちと困るのです。
例えばアカエイの場合は、泥棒焼きという、インパクトあり、かつ食指をそそる調理法があったわけです。
それがメバルとなると、全部美味いときた。
いや、いいんですけどね。
煮付け以外、これはぜひともやってみたい、という献立が見つからんのです。

で、仕方がないので、煮付けと塩焼きにすることにしました。
煮付けについては、まあ料理本に載っているオーソドックスな方法でやれば間違いないんじゃないかと思います。
気持ち、ミリンを多めに入れた方がいいかなあ?
メバルの皮付近のコラーゲンたっぷり感というか、もちもち感がなんとも言えないんですよね。
4_81
ぐつぐつ煮ている最中。

ところで、近所の西友で、メバルが鮮魚コーナーに売ってました。
25cmくらいのやつで、一匹1280円。が、割引で780円。
高いー。
割引しても高いー。

で、塩焼きは簡単。塩をまぶしてグリルで焼くのみ。

そして出来上がる料理。
5_75
煮物です。
これがまたうまいんだわさ。

6_56
そして塩焼きです。
こっちはこっちで、あっさりしていて何匹でも行けそうです。

釣るのに苦労しただけあって、感激もひとしお。
塩焼きなだけに、まさにひとしおであります。

| | コメント (0)

メバル釣りリベンジ土曜日

週末の天気、ここの所、不安定っぽい感じがしていて、ボートか船か、判断に苦しんでおりました。
で、今回の土曜日。
どうも午後から風が吹き始めたりするような感じで、ならばボートはやめて船にしようと判断。
いやほんとはボート行きたいんですけれどね。
しかし、前回の釣りで、いいカサゴは釣れたけれども、本命のメバルが釣れてなかった。
ということで、今回も乗合船に予約を入れて、メバル釣りにチャレンジという次第でありますよ。

1_136
航行中、木更津沖あたりで見えてくるのがこれ。
風の塔といいます。
この直下に、アクアラインの海底トンネルがあるんです。
ここ、アクアラインのトンネルの空気穴、兼、避難所だったような気がするけれど、違うかもしれない。

で、もうしばらくすると、船は本牧沖に到着します。
メバルを釣るのは、ゴロタとかある場所の上。
当然、根がかり多発地帯なので、オモリと仕掛けは多めに持っていきます。
で、前回までの反省を生かして、なんとかメバルを釣りやすい体制を整えてみました。

1.仕掛けはスーパーナチュラルな体制をたもつ
2.そのために、竿の操作は慎重に

どういうことかといいますと、竿は水平に持つんじゃなくて、斜め下に向けるようにします。
もし水平にすると、船の上下で竿先が、ぐわんぐわんとしなって、仕掛けが水中で跳ねます。
でも、竿先を斜め下に向けると、船が上下しても、そんなに跳ねない……。と思う。
まあ論より証拠ということで、レッツトライ。

で、結果。

2_110
良いですねえ。
15cm~24cmクラスです。
午前中一杯、こんな感じ。
最後にカサゴのちっこいのが釣れたけれども、これは小さいのでリリース。
リベンジなりました。
どうやらメバル釣りは、竿の操作が鍵を握る……のかな?

で、リレー船なので、午後はキス釣りです。
キスという魚は、船よりボートの方がやりやすい、と思ってます。
船だとアタリというか、底が取りにくいのよねん。
あと、餌のイソメを、針から5cmくらい垂らす感じでつけてるので、アタリから針掛かりまで、少々コツがいるみたいです。
コココンとアタリがあっても、針にかかってない場合が多い。
ので、そこでいったん、オモリを海底から軽く上げてみる。で、トンと落とす。
そこで20秒くらい待つと、たぶん、またアタリが来る。
で、竿先を上げてみる。まだブルブル震えてるようなら針掛かり。
それであわてずゆっくり巻く、という感じでしょうかね。

で、成績。
3_92
キス15匹、メゴチ2匹、メバル6匹。
いい感じです。
メバルが釣れたのがとても嬉しい一日でありました。

| | コメント (0)

食材を取りに山へゆく

先日、カサゴ2匹にキス20匹釣れた次第ですが……
こいつをどうやって料理したものか? というのが問題になりました。
カサゴに関しては、煮付けで決まりなので良いですが、問題はキスです。

※ちなみにカサゴは、この記事を書く前日、既に煮付けにしてしまったので写真無しです(^_^;
レシピは、料理本に載ってるような、オーソドックスなもの。それが一番美味いのです。

キス料理と言えば、我が家では、こんな感じで料理したことがありました。

・天ぷら
・からあげ
・塩焼き
・刺身

王道は天ぷらですが、からあげも捨てがたい。
釣れたその日に食うなら、刺身にするのもアリだと思いますけど、冷凍してしまったので、刺身はアウト。
塩焼きは……。20匹いるからなあ。数匹の時なら塩焼きするけれど。
で、色々考えた結果、久々に天ぷらにする事にしました。

で、せっかく天ぷらにするなら、添える食材に凝りたいなあと思い。
せっかくいい天気だし、そろそろ春だから、山に食材を取りにいくことにした次第。

となると、当然、車で移動する事になるんですけれど……
浦安から色々と移動しようと思っても、渋滞だらけでイライラします。
まったく、この車の数はどうにかならんのかねぇ。

で、手頃な山菜を採集できそうな場所に到着。
1_135
ハクモクレンなのかコブシなのか知らないけれど、とにかく綺麗。満開です。
香りもいいのよね、これ。
健康的で由緒正しい意味の、目の保養です。
さて、この近くに、今が旬と思われる、セリとクレソンが生えてるはず。

2_109
はい生えてます。
この写真に写る緑色のあれ。
クレソンとかセリとかの大群落です。
そこらじゅうに一杯生えてます。

ちなみにセリとかクレソンとかは、繁殖力が爆発的でして、たとえビニール袋一杯に収穫しても、三日もすればまた生えてきます。
そんな繁殖力を利用して、自家栽培も容易です。
ハイドロコーンに水入れて、クレソンの太い茎を、2cmくらいに切ったのを沈めておけばですね、あら不思議。わっさわっさとまた生えてきます。
もちろんスーパーで売ってるやつでもできるはず。

あと、アシタバも生えていたので、美味しそうな所を採集。
これにて食材の収穫は完了。
3_91
クレソンにセリは、おひたしにして食す予定。
アシタバは、キスと共に天ぷらにして食します。

4_80
はいキスの天ぷら。
20匹ぶんあります。
5_74
アシタバの天ぷら。
6_55
そして、セリとクレソンのおひたし。
おひたしにすると、容積が縮小しちゃうんだよね。

7_51
さあ、いよいよ夕食です。

これがまた美味い!!

すべて美味い!!

食材のほとんどが、野外採集なんですよねえ。
キス5枚重ねの天丼風にして食ってみたりして。
浦安に住んでいても、気合さえあれば、こういう食事ができるもんです。

| | コメント (0)

ボートが中止なので乗合船で行く

タイトルの通りなんです。
土曜日、ボート中止で、ちょっとガッカリ。
でも天気が相手なら仕方ないと思い、ブログに記事書き終えた後……。

「そうだ。須原屋行こう」

と、唐突に思いついたのでした。
前回に、とんでもない貧果で愕然としていた次第ですけど、リベンジすべし。
と思い、予約の電話をすぐさま入れたのです。

「はい須原屋です」
「すいません、明日、メバル・キスのリレー船、予約一名お願いします」
「はいどうもありがとうございます! お客さん、お名前は?」
「いち、と申します」
「ああいちさん、いつもありがとうございます!!。明日待ってますんでよろしくお願いします~」

てな感じで予約電話入れた次第です。
いつもありがとうございます、と言われて気づいたんですが、そういや2月から数えて4回行ってるな、須原屋。
歩いて行ける範囲にあるって素晴らしい!!
ただ、メインターゲットのメバル・カサゴの釣果は、ここしばらくイマイチみたいです。
風強く、波高くで駄目だったりと、理由は様々です。
一番の理由は、腕だと思います。未熟な自分。

さて当日。
今回の座席は、前回に辛酸を舐めた、船の先頭の方。
団体のお客さんが何組か来ていて、どうしても、端の方に行ってしまうんです。
うーん。イマイチ縁起が良くないような気がしますが、まあいいか。
で、出船。AM07:30。
1_134
遠ざかる桟橋。
さらば~ 江戸川~

ちなみに餌は配られます。
メバルを狙うのに使うのはモエビ。
こんな感じで配布されまする。
2_108

船は一路、南へ下り、ディズニーの脇を抜けて、東京湾へ。
3_90
それからずーっと一時間ほど航行するんですが、ここでトラブル発生!

携帯の電池が切れた。

ぬがー。土曜の晩は午前0時まで仕事してて、会社と電話しながらやりとりしてて、その後充電しないで寝てしまったからでありました。
どのみち、釣り中は写真撮るどころじゃないから、まあいいか。
いやよくない。次からはしっかり充電してこよう。

で、例によって横浜のあたりまで航行。
が、すごい北風、そして波。
つりボートおきむらの連絡通り、北風強いのだった。
こりゃボート中止になるわけだ、うん。
不思議なもので、同じ東京湾でも、アクアラインの辺りまでは大した北風じゃなかった。なんだけど、それより南に来て、東京湾の出口に近づくと、急に一変する。
地形の効果とかあるんだろうけれど、ここまでハッキリと天気が変わるとはねえ。不思議な気分。

で、問題の釣り。いいポイントがあっても、風が強くて船が入れない。
船は、風裏にあたる位置で釣りを続ける事になりましたが、やっぱり厳しい状況みたいです。
ちょっと波が立つと、魚探にメバルが映っても、仕掛けが定まらないのでやっぱ釣れず。
こうなりゃ、いつもと同じやり方だと駄目だ、と思い、ちょっと作戦変更。
いつもは重りを底から浮かべるけれど、今回は底につける。
当然、根がかりする可能性急上昇、だが、何かが変わるに違いない。
少なくとも、常に重りを底につけてる事さえ守れば、やたらと仕掛けが上下にぶれる事はないだろうと思ったのだった。
で、しばらくそうしてると、ごごん、と重いアタリ。
ぬおお、来た。
しかも重い。ドラグ音と共に、道糸がじりじり出て行く。
で、最初に強力な抵抗があったけれど、竿を上げたらちと抵抗が緩む。
そこで、リールを巻く。
あがったのが、25センチより大きいくらいのカサゴ!!

で、船長が写真撮ってくれたので、そのときの状況が、これ。
4_79

で、それから結局メバルは釣れなかったけれど、さらにカサゴ一匹、23cmのを追加して、午前の部が終了となりました。

午後の部は、キス釣りになります。
中ノ瀬沖とかいう、メバルの所から15分程度の場所に移動し、釣り開始。
この日は大潮で、潮が動いていてとても良い状況だそうで、期待期待。
さて、仕掛け投入!
そして1分後、いきなりオマツリ。
まあキス釣りだとよくあることです。
気を取り直して第二波、投入。
いきなり、ブルルンとアタリきた。
竿先をちょっと上げると、どうやら針掛かりしてない様子。
でも仕掛けの側にはキスがいるはず。
そこで、ちょっと重りを上げて、トンと落とす。で、待つ。
すると10秒くらいしてから、ブルルンと、またもアタる。
またまた竿先を持ち上げると、ずーっと震えてる。針掛かりした、と思って巻く巻く。
でてきたのは20センチくらいのキス。

とまあ、こんな感じでずーっと時間いっぱいまでやってました。
2本針にダブルで掛かってきた事もあり。
合計20匹釣れました。

5_73
こんな感じ。

| | コメント (2)

ボート中止

えー、明日は久々のボート釣りに行こうと思ったのですが……
つい先程、ボート屋さんから電話がありました。

「北風が強くて全然駄目だったし、明日も寒すぎてちょっと厳しいから、ボート明日中止です」

天気が相手だと仕方ない。
とりあえず家で仕事してますです。はい。

| | コメント (0)

美容院に行く

仕事で美容院の売上管理とか予約システムとか、ヘアカラーシミュレーションとか、写真管理システムなどを作ってます。
でも、今回美容院に行ってきたのは、仕事じゃありません。
客として行ってきた次第です。はい。

で、いつも行きつけの美容院があるんですけれどね。
前回髪を切ったのが、去年の11月。それから月日が流れ3月。
約4ヶ月もの間、放置していたのは、以下の理由からです。
担当してた美容師の腕が良いんだと思うんですが、伸びてもそれなりに良く見えるような感じだったんで、何となく、まあ良いかって思ってたんです。
でも、さすがに四ヶ月も過ぎりゃ、髪は長いわ目に入るわで大変です。
そこで日曜日、久々に美容室に行ってきたと。そういう次第だったんですよ。

いつも予約不要な感じのところに行ってまして、今回も気軽に来店。

「〇〇さんお願いしたいんですけれども」
「えーと……、〇〇は先月に退職しまして……」
「うげ」

簡単にいうと、そういう事がありました。
美容室の業務システムを作った経験上、美容師が辞めて独立したりするのはよくあるのは知ってたので、さほど驚きはしませんでしたが……
しかし、いざ自分の担当だった人が辞めてしまうとねえ。
せめて転職先なり独立先なり教えてもらいたいところではあるんですけれど、それは様々な事情から無理なんですな。

・店からすれば、美容師が退職or転職する事で、客を持っていかれるのが嫌
・あと普通の会社でも、退職した社員の情報は、誰に聞かれても教えないのが普通

とかいった事情でね。
何はともあれ、仕方がないから他のスタッフにカットお願いしてもらうことにしました。

で。

髪を切る前と切った後とで、美容師の方の態度というかなんと言うか、随分変わりました。

「うわー、切ったら別人になっちゃいましたねー」
「自分でカットしていて何ですが、すごい変わり方!」

ええそうでしょう、そうでしょう。自分もびっくりだもん。
切る前の髪も、そんな変態的じゃないはずなんですけれど、まあ確かに変わりますわな。
最後に美容師から営業兼アドバイス、っていうか、たぶん営業トーク抜きの本音だと思う。

「我慢しないで、三ヶ月以上は放置しないで、また来てください」

ごもっともでありんす。

| | コメント (0)

洋上忍耐修行。釣れないメバル編

今日、天気が良かったので、近所の船宿の、メバル釣り乗合船に行ってきました。
天気が良い、風も良い。
だったら釣果は約束されたようなもんじゃないですか。

まあ、釣り場に着く前から楽観的な予感がする場合、たいてい逆の結果になるんですが。

そういう予感というかジンクスは、去年のボート釣りの頃から何度も経験していたのに。
それを忘れていたんですね。
ええそうです。
今日は、丸一日、忍耐修行に出かけてきた。そういう話です。

1000円割引券を持ってたんで、近所の船宿に出かけ、到着したのが午前6時半。
場所は、前回のお世話になった、須原屋というところです。
ここは船長が、とても親切で人が良い方でして、女性、子供も安心していくことができる船宿だと思います。
まあ余所の乗合船に行ったことが無いから、余所と比べたらどうかって話は、まったくできないけれど。
本当はですね、須原屋で船に乗るときは、後ろの方が良いと思うんです。
何でかって言うと、トイレがすぐ近くに設置されてるから。あと揺れが、船首の方に比べて少ないから。
でも先客がおりまして、本日は船首にいく事になりました。
まあしょうがないんですけれど、そもそもの悲劇の始まりは、ここからだったんじゃないかと思いますです。

須原屋のメバル船は、午前メバル、午後キス釣りです。
自分にとっては、午後のキス釣りはおまけの行事みたいなもんです。もうじき富浦方面で本格的に狙い始めるつもりだからです。
で、午前が本命なんですが、出だしからいきなりつまづく。
メバルの胴突き3本針の仕掛けが、からまるんですなあ。
投入して5分後、仕掛けを上げてみると、全部の針が、幹糸にぐちゃぐちゃーっと。
これじゃ釣れるわけねえと思って、ただちに仕掛けを交換。
で、また投入。
船首の方って、けっこう上下に揺れるんで、底を取るつもりが一気に根掛かりしたりして、悪戦苦闘。
そして仕掛けを上げてみると、チビカサゴ一匹ついてる程度。
そのうち仕掛けに糸ヨレが目立ってきて……。

というわけで、午前中は、ほとんど仕掛けの糸をほどくのに時間費やしてた感じでありました。
前回、真ん中から後ろあたりに席をとってたんですけれど、今回は前。
けっこう揺れが違うんで、まずそこで違和感ありまくり。
慣れればいいって話もあるかもしれませんが……
で、釣れてたのは後ろの席の方の人たちだったようです。

で、本日の結果。

カサゴ2匹
キス2匹
メゴチ2匹

お前は何をしに船に乗ってきたんだと、怒られても文句言えません。
がっくり。

というわけで本日の教訓。
自分の腕が悪いという感じ。だが、やっぱメバルとかは後ろの席がいいのかもしれない。

| | コメント (0)

奴隷部

とある仕事の真っ最中、ある相談を受けました。
メッセで。
プリンタにうまく印刷が出ない、という話です。
さらによく話を聞いてみると、ある特定のデータを出力する時、印刷出ないでアプリケーション側が落ちるんだそうです。

ちなみに、取り扱ってるソフトは、ちと特殊で、それその道の人じゃないとお目にかかることがないような、特殊なパッケージ物のソフトです。

扱うデータが特殊なもんでして、印刷回りが独自設計になってる可能性もあるんですが、なにぶん詳しく知らんソフトの話なので、憶測でしか考えられません。
まあとりあえず、プリンタドライバ辺りを疑うのが常道でしょう。

「プリンタのドライバに新バージョンが出てたら、入れ換えてみるといいかも」
「奴隷部?」

なかなか素敵かつ反社会的な部活です。

いや、そんなもん知るか。

要はドライバの間違いなんですが、ある意味、我々はシステムの奴隷になって、必死こいて頑張ってる存在なのかもしれません。

| | コメント (0)

パイナップル二号、開花

さて、本日先輩を家にお招きして、色々と談話してました。
まあその、聞けば聞くほど色々と衝撃の事実が、ででーんと出てきて、ここで書けないくらいの事実を知ることとなり。
私としては、

「もういい、貴方は良く戦ったから、ここらで一気に決着をつけて自由の身になったらどうか」

としか言えないところです。
それらは、かける範囲で後日に書くとして。
で、本日、あまりに天気が良い、というか暑いくらいだったんです。
で、ベランダの植物の手入れをしようと思ったら。
ベランダに設置したパイナップルの中心部が赤い。

おお、これは、パイナップル2号が、温室のかいあって、ついに開花!!
2_107
すごいぜ俺。
ベランダでパイナップルブリーディング成功ですよはい。
いやそれは大げさ。
でも開花。
すごいでしょ、もとはスーパーで買ってきた、フツーのパイナップルだったんですよこれ。

で、隣に置いてるカリンが、なんと開花してしもうた。

1_133
去年は4末頃に開花したんですが。
やはり恐るべし暖冬の影響か。
でも、こんなに暑くなると、夏は冷夏になってしまわんだろうかと心配。
ううう。

| | コメント (0)

事件の続き、金曜日編

相変わらずホテル生活な先輩ですけれど、とにかく落ち着く場所を見つけないといけないということで、安アパートに入る手続き進めてました。
それで、この時期ですから学生向けの安いアパートを見つけたんですが、来週半ばには、審査も完了してようやく落ち着けそうであります。

ともかく、毎日、元の持ち家、というかマンションの様子を見に行ってますが、先輩の荷物(衣服類)が、ことごとく廊下に放り投げられてたそうで。
そして相変わらず閉じこもってるんだそうです。
夫婦とは言え、先輩のお金で買った家を占拠され……。
そして鍵取り替えられ、コミュニケーション不能状態……。
いったい、中はどんな状況になってるのだろうかと不安で一杯なんだそうです。
よく頑張ってます、先輩。

ところで奥様の両親は何をしているのでしょうか。
先輩曰く、
「少々遠いところに住んでるとは言え、電車一本で来ることができる位置に住んでるのに、様子を見に来ようとすらしない。それどころか、旅行の準備してる」
で、先輩の方の実家は青森なんですけれど、そっちからは訪問しに来そうな勢いだったりします。
決まったわけじゃないのですが、所感としては、どうやら世間体が大事で、娘がそういう精神状態になっているという事を余所に知られたくないがために、突き放してるような気配が……
親にも色々あると思いますが、法的な責任云々とかいうのは知らないけれど、なんか人間として間違ってると思うのですが……。

あまりに気の毒なので、とりあえず先輩を、土曜か日曜、我が家に招待でもしようと思ってるところです。
にしても、こういう状況に陥っても、毎日様子を見に行ってる先輩は、たいした人です。
早期解決を目指して頑張ってもらいたい。

| | コメント (0)

事件の続き

で、昨日の続きです。
数時間前にメールが来たんですが、

「家の鍵を変えられた」

慌てて電話してみたら、もうやつれ過ぎて気の毒すぎてという感じの声です。
相当参っているようです。

ところで、奥様はどうやら、総合失調症なのだそうです。
そういうふうに医者に診断されたのだから間違いないそうです。

ところで、どんな症状か、詳しい話を聞いたところによると……。
ここ。Wikipediaです。
まさにこの通りの状況なんだそうで。
もう少し詳しくいうと、Wikiのページの「思考内容の障害(妄想」のあたりの説明。ほとんどこれそのまんまなんだそうです。
そして、ある日突然、身に覚えのない被害妄想で家を締め出されて、ついでに家の鍵までかけかえられた……。
そして先輩、ひとまずカプセルホテル暮らしです。

見るに見かねて、私、田舎の姉に相談してみました。
私の姉は、法律関係の事務所にアルバイトで勤めてます。
それだけでなく、離婚等で一年ちょい戦ってきた経験があり、相当詳しいです。
ともかく、勤め先の先生に、こういう時どうしたもんか、という相談を、軽くしてもらった次第。
まあその、結論からいうと、
「話し合わないとなんともできない」
という、大体予想できた回答だったというわけで。

しかし本日、鍵を変えられたという事態。
先輩も優しい人だから、ただただ参るだけで何もできないみたいですが……
再び姉に聞いてみたところ、

・区役所の相談口、あと家庭裁判所の相談など、直ちに行くべし。
・勝手に家の資産を使われる等される可能性がある(※)ので、口座凍結して、必要な生活費を出す程度にし、財産を守れ。
・場合によっては、保健所へ。

※つい最近、無断で旦那の車を売却しようとして大揉めになったという前科がある。

だそうです。

現在までの経過をまとめると、
・旦那が銀行口座を作った(理由は、貯蓄用口座と生活用口座の区分けのため)
・その通知葉書を見た奥様が、旦那が大借金して浮気してると勝手に考えた
・その結果、奥様は家の鍵を閉めて旦那を家に入れさせなくした
・奥様の親が電話したところ、↑の話とかしたそうだ。
・さらにその後、旦那が暴力振るうから家から追い出したと言い出したんだそうです(家に入れないので暴力振るうどころか、顔も見てないのですが)
・そして今日、勝手に家の鍵を取り替えた。

です。
こういうとき、どうしたらいいのでしょうか。

| | コメント (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »