« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

緊急事態……

といっても、自分の事じゃありません。
会社の同僚にして先輩の身にふりかかった緊急事態であります。

※このお話は、本人に承諾うけて書いてます。

えーと、ある日突然、深刻な話をされました。
先輩曰く、奥さんが家にいれてくれなくなったんだそうです。
先輩は、家の鍵は持ってるけれど、チェーンロック(というか、閂というか、とても頑丈なやつ)をかけて、全然出てこないと。
奥様は家の中にいらっしゃるんですが、出てこない。
で、何で家に入れないようになったかというと。

・かなりの金額を旦那が借金してる
・あと浮気してる
と、思い込んでいるからのよう……というか、そういうことです。

ちなみに上気、すべて事実無根です。
借金は無いし……、まあマンションのローンなどは借金みたいなものですが、それ以外は無い、どころか普通に貯蓄ある方です。
浮気も無理です。自分も同じ所で仕事してるから分かるんですが、んな暇ないし。ていうか時間的にも無理でして。

事の発端は、どうも先輩が、銀行の口座を新たに開設して、後日家に届いた講座開設の通知の葉書を奥様が見たらしい。
で、どういうわけか分からないけれど、上記の如き判断を下してしまった、のだそうです。

で、各所に相談をしているのですが、とにかく奥様の精神状態が落ち着いたところで対話しないことにはなんともできない、ということだそうで。

現時点でも先輩は、家に入れない。
そこで仕方なくカプセルホテル等に宿泊してますが、限度があるので、ひとまず安いアパートを借りて入るそうで、今日は仕事を早めに切り上げて不動産屋に行ってました。

結婚前に購入した持ち家なのに……。

続く、と思う。

| | コメント (0)

洋上で修行する

意味深なタイトルですが、何のことかというとですね。
また船の乗って釣りに行ったけれど、今年一番の寒気が激突してきてしまって、ゲロ寒だったうえに、波が高くて釣果イマイチだったという話です。

ええと、須原屋という船宿に行ってきて、またしてもメバル・カサゴ、キスのリレー船に乗ったのです。
土曜日はえらい風で釣りにならなかったらしいですが、本日はそーでもない。
と思ったら、やっぱきつかった。
おまけに寒くて、5枚重ねで防寒装備バッチリだというにもかかわらず寒い。

気分は、まさに洋上寒稽古。

釣果は、メバルのいい型のやつ1匹、カサゴ1匹、キス2匹という。
素敵すぎて涙がでてきた、そんな二月の半ばの一コマだったというわけですよトホホ。

写真とか撮ってきたけれど、あとで掲載するであります。
眠い……

| | コメント (0)

トラブル……

こんな時間ですが、客先でトラブル発生した模様であります。
ソフトウェア絡みのシステム障害に備えたバックアップ体制は確立してあるものの……。
そして、かつてそれはうまいこと動いて、ダウンタイムは長くても5から10分以内に抑えていたものの……
今回は、ハードウェアのトラブルときたもんで。
うーむ。
とりあえず明日は、現地に別の人が行って、私は家からサポートシステム使ってサポートする感じですか。
緊急時のサポート回線とか作っといてよかったす。

まあその、このサポートシステムって、言い方を変えると、
「休みの日でも、家から仕事できるシステム」
でもあったりするわけなんですが( °- °)

| | コメント (0)

小規模企業共済の加入のしかた

小規模企業共済に、加入しました。
これはようするに、個人事業者とかの退職金の共済みたいな感じです。
最高7万円までの掛金を出すことができるそうですが、単に将来のためとかいうだけでなく、
いわゆる節税になるというメリットがあるんだそうです。
つまり、その年に掛けた共済金のぶん、全て控除の対象になるんだそうで。
生命保険とかだと、最高5万円までが控除の対象だけれど、小規模企業共済の場合は、もっと額が大きくなるのね。
まあこれ、すぐにお金を使うことができない貯金みたいな感じですか。

ところで、どうやって加入するか?
商工会議所とか、青色申告会とかで、申し込み受け付けしとるみたいですけれど。
我が家からは、どっちも微妙に遠いという。
いや、直線距離だと近い感じなんですが、自動車以外の交通手段がねえ。
あっちこっち行ってからようやく到着するような立地でして。
で、よくよく調べてみたら、銀行でも受け付けてるそうじゃないですか。
というわけで、UFJ銀行に行ってきた次第でありました。

「ええと、小規模企業共済の加入は、こちらで受け付けておられますでしょうか?」
と、案内の人に聞いたら、
「はい……。三菱共済ですか?」

この応答からして、滅多に受け付ける人がいなさそう。だがしかし、どう解釈したら、小規模企業共済が、三菱共済と聞こえるのかは不明である。
ともかく、少々お待ちくださいと言って、待つこと20分くらい。
むこうで数人、がさごそやってる姿をみると、何となく不安になってくる……。
と、座って待ってたら呼ばれました。
手渡されたのが、小規模企業共済の加入説明と申込書。
「これの説明を良く読んで、申し込んでください」

で、書く欄がけっこう多いので、いったん家に書類を持ってかえって、じっくりと書き込み。
書く欄が多いというだけで、特に難しい事はないです。
悩むところ、強いて言えば、掛金をいくらにするか、くらいですかね。

で、書き込むだけ書いたら、再び銀行へ。
窓口に提出したらですね、また40分ほど待たされるのでありました。
どうもこれ、銀行側が不慣れなわけで、受け付けの手続きに手こずっていたという感じです。
そろそろ飽きてきたぞー、という頃に、手続き終了。

というわけでして、小規模企業共済への加入の手続きは、以上の感じでできまする。
ご参考になれば、これ幸い。

| | コメント (2)

ネオンドワーフグラミー

2号水槽の魚類が、ブラックモーリー1匹に、コリドラス1匹だけで、地味というか寂れた感じだったのでした。
そこで、ネオンドワーフグラミーのペアを追加して、ブラックモーリーは1号水槽に引っ越しさせました。
ちなみに1号水槽には、既にブラックモーリー2匹おりまして。
現在、3匹の群れを作って、三つ巴でぐるぐる泳いでます。
ブラックモーリーが喧嘩する姿は見たことないです。喧嘩しない魚なんでしょうかね。

ところで、コリドラスですが、種類はコチィという、極小サイズのやつでした。
かつて購入してきた頃、8mmくらいの固体だったんですけれど、今は3cmになってしまってます。
あっというまにでっかくなりましたです。

というわけで、2号水槽の魚類は、ネオンドワーフグラミーのペアと、コリドラスです。
あとミナミヌマエビとかが数匹いますが、数をカウントしておりません。
1_132
この、わりと地味な姿がメスのネオンドワーフグラミーです。
どうもオスにちょっかい出され続けてて、逃げたり色々です。
相性問題なのだろうか。

2_106
こちらがオスです。
同種の魚をみると、とりあえず追いかけ回す癖があるようです。

ショップだと、水槽にたくさん仲間がいるから、縄張り主張するにも、自分の縄張りが分からなくなって落ち着いてるようです。

家の場合はどうしてやろう。
オスメス共に仲良くしてもらいたいんですが、今のところは、水槽内、ギクシャクしとります。
水草をいっぱい植えてみましたんで、ある程度は落ち着いてるみたいですけれど……

とりあえず様子見ですかね。

| | コメント (0)

とりあえず確定申告

昨日の晩、というかなんというか、帳簿の書き間違いを発見してしまったもんで、徹夜でチェックしなおしときました。
で、1時間ほど寝て、目が覚めて、青色申告とか確定申告書とか書いて、本日、一応税務署に提出してまいりました。
あー、大変だった。
ここで色々と、先々の事を考えて準備したいような事もありますので、
小規模企業共済制度とかに加入したりとか、続けて手続きなどなど、やってくる予定だったりします。
ともかく疲れたです。おつかれさまであります。

| | コメント (0)

メバルとカサゴの煮つけ

メバルとカサゴが釣れたので、さっそく煮つけを作ってみた次第です。
この魚って、煮つけがとっても美味しいんです。
ちなみに、カサゴが近所の西友で売ってるのを見つけました。
25cmくらいの奴で、お値段、980円なり。

高い。高級である。

というわけで、そんな高級魚を頂けるこの幸せ。

まずはメバルのウロコとワタとエラを取る。
あとは、
・お酒をカップ1/2くらい
・みりんを、それよりちょい少ないくらい
・お砂糖を、みりんと同じくらい
・しょうゆは、みりんより、ちょい少ないくらい
で、メバルとかカサゴとかを入れて、中火くらいで熱します。
見てのとおり、目分量で、わりと適当です。各自工夫してくだされ。
まあ大体、上記な感じでいいんじゃないかと思います。

そして完成~。
8_41
味は、もちもちした食感で、ひじょーに美味い!!
あああ、幸せ。

| | コメント (0)

カサゴ・メバルと、キスのリレー船

やっぱり釣りに出かけると、かなり体力を消耗するようです。
だってねえ、船に乗って、釣りして、帰って来ただけ……
と思うんですが、昨日の帰宅後の強烈な眠さというのは、それはもう。

ところで、今回、いくつかある船宿の中から、2年前に一度だけ行ったことがあるところをチョイス。須原屋という所です。
我が家から見れば、川を挟んだ向こう側の船宿なんです。
もうちょい近い所もあるのに、なぜに須原屋? というとですね、それは1000円割引券を持っていたからというのが最大の理由であります。
家を出たのがAM6:00。到着がAM6:30。徒歩で行けるってのが良いですねえ。
そして出航がAM07:30。
受け付けを済ませて船に乗って、船が出る時間まで待つんですけれど、次第に日が昇ってくるのが分かります。
1_131
それにしても、朝は寒いぃ。
ちなみにこの日の乗客は、ざっと見て30人くらい。
左右隣の人とは、1mくらいしか間隔がなくて、オマツリとかとっても心配です。
右隣には、いい年したおじいさん。左側には、自分とあまり年の違わない夫婦。
若い人の客が、わりと多いようです。
まあ8割以上がおじさん、というかおじいさん的な人なんですけど。

で、出航直前に、船長が皆を集めて、メバルとかキスとかの釣り方の簡単なレクチャー入ります。
餌の付け方とか、実演して見せてくれます。
でもまあ、根掛かりしない釣り方とかって、いくら口で説明しても分かりにくいもんです。
自分の場合、田舎に済んでた頃は、ほとんどアイナメとかの根魚狙いだったもんで、回避方法については、それなりに心得てるつもり……だと思う。
揺れる船の上で、陸っぱりの頃の根掛かりの回避技術が通じるかどうか、ちと不安ではありました。

2_105
いよいよ船が走り出す~。
これは、ディズニーリゾートを海上から眺めてみたの図。

3_89
ちなみに、移動中の船は、こんな感じ。
みんな、竿をこんな感じに置いてるんですね。

4_78
もうちょいすると、海上からディズニーリゾート全体を眺めることができます。
海の上から見ることって、あんまりないじゃないですか。
江戸川を出る船からだと、こんなふうに見えるんですよ。

5_71
で、それから待つこと何分くらいなんだろう?
気がつけば、ここはどこ?
横浜か川崎か、そこら辺だと思いますです。
木更津沖あたりで釣りするんだと思ったら、ずいぶん南下したもんです。
途中、半分寝てたもんで、ここがどこだかよく分かりませーん。

ここ、海底には石やテトラが、ごろごろ落ちて漁礁を形成してるんだそうです。
そんなら根魚にはぴったりのポイントでありますな。
ところで、今回使用した仕掛けは、メバル用の胴突き仕掛け。
推進は20か30メートルくらいで、重りは15から20号を使用。
ところで針は、エビメバル用の8号を使いました。

釣り方ですが、まずは仕掛けをまっすぐ下に下ろします。
で、着底したら、素早く竿を立てて糸ふけを取り、リールを巻きます。
で、ちょっと重りを上げて、海底に接触するかしないかの位置をひたすらキープ。
あまり動かさない方が良さそうです。
とは言え、海底の形状は複雑で、船もじりじり動いている故に、5から10秒おきに、底を取り直す必要があります。
時々、がつんと重りがひっかかる時がありまして、そうなったら、いったん糸を緩めるんですね。
それからぐいっと引っ張り上げてみる。これで5割くらいの確率で根掛かりを脱出できます。
船が上下していても、まあだいたい何とかなるっぽいので、ちょっと安心。
そんな感じで、底付近を必死にキープしていると、びびびっとアタリ。
ぬう、11月末にボートで経験して以来のアタリだあ。
そんな感じで、メバル!

ただ、あんまりたくさん釣れません。
船全体、イマイチです。
いい型のは釣れるけれども、全然数が出ませんです。
そんな中、メバル4匹、カサゴ1匹が午前の釣果。
隣の夫婦の方々は、ぜんぜん釣れなくて、
「すごいですねえ、どうやったら釣れるんですか?」
と聞いてきましたので、
「ええと、根掛かりしないように、でも海底ぎりぎりに仕掛けをもってって、あとはなるべく上下に動かさないようにすればいいみたいです」
と、きわめて的確で、嘘偽り無いアドバイスをした自分。
そんなやりとりを、後ろで船長も聞いてたみたいで
「そうみたいですねえ。今日は動かしたら駄目みたいです。なるべく止めてやってみてください」
でも、そうすると根掛かり連発で。やっぱ難しいんだな。
6_54

で、午後はキス釣り。
キスなら大丈夫。なんといっても、去年はボートで数釣ったから、コツはよく分かっております。
投げて、じりじり引きずって、ときどき止めてアタリを待つ。
を繰り返す。

しかし待て、ここは船、しかも左右には乗客いっぱーい。
ボートでやってたやり方、いまいち通用しないかもしれないです。
下手に投げたらオマツリしちゃう。

で、やっぱりオマツリ。
あっちもこっちもオマツリしとります。
そして、いまいちあたりません。
誘わないとキスは食ってこないんですが、誘いにくいんだよなあ。
で、ちょい投げて引きずって、止めてを繰り返してみる作戦に出る。
左右の人が、下に落としている時、自分がちょっと遠くに投げてみる。
ずるずる引っ張る、すると、ビビっとアタリ。
ああ、やっぱりキスは誘わないと駄目だわさ。

というわけで、キス、そこそこの数を釣って帰還。
時間は17:00頃。
一日中、飲まず食わずだったことに、帰って来た頃に気づいたという次第。
疲れはしたけれど、久々に釣れたということで満足満足。
7_50

そして素直に思った事。

やっぱり好きな釣り方できる、ボートが一番いいなあ。
3下旬は、富浦にボートに乗りに行くぞ。

| | コメント (0)

乗合船の釣果ダイジェスト

メバル・カサゴとキスのリレー船にのって、帰って来ました。
すんげー眠いので、記事はまた明日ということで。
結果は……

メバル4
カサゴ1
キス9

という感じ。
何となく、今日は渋い日だったようです……
でも、久々にメバルだ!

じゃあさっそく、明日は煮つけということで。

| | コメント (0)

明日は二年ぶりの乗合船で釣り

久々に、乗合船に乗る予定です。
乗合船で、午前はメバル・カサゴで、午後はキス釣りです。
ところで、キス釣りの合間に、キス泳がせ釣りで、ヒラメとか狙っちゃ駄目なのでしょうか?
いや、それ用の仕掛け、持っていかないから、やれんけど。
ともかく、久々に、マイ竿、三代目ごんずい丸が働くときがやってきたというわけです。

ちなみに三代目ごんずい丸とは、シマノの幻風というやつで180cmの竿です。
ついでにPEライン巻いた、新しいスピニングリールも買ってきました。
ラインの方が、リールより高かった。
それはともかく、このセット、軽くて使い勝手良くていいなあ。

では明日。

| | コメント (0)

29歳になってしまった

本日をもって、小生、29歳になりました。
そして昨日、記事を書きたかったのですが、ココログが檄重で、書き込めませんでした。

家の近くに船宿がたくさんあるうえに、カサゴ・メバル船が2月からでてるそうなので、メバルの煮つけがかなり美味しい故に、予約を入れました。
本当は、乗合船って、ボートに比べて自由度が少ないので、あまり乗らない人だったんです自分。
二年前に、ハゼ・イイダコのリレー船に乗ったことがありまして、確かに素敵な釣果だったんですけれどねえ。
例えばボートでしたら、
「とりあえずシロギス狙って、チビが釣れたら泳がせで大物狙いで……、ありゃイカが食い逃げしたよ、じゃあエギにチェンジだ!」
みたいな感じで、好き勝手できるんですけれど、さすがに乗合船だと、そうはいかないですよね。
手漕ぎボートだと、ついでに筋トレできるし。わりと好きです。
エンジン使ったことないゆえの負け惜しみ、という説もあります。
でもメバルとカサゴが釣りたい気分なので、とりあえず予約入れたんですはい。

という記事を書くつもりだったんですけれどねえ、書けなかったんですよ。
重くてログインできんかったゆえに。

そしたら時間差で、今朝。ボート釣りのお誘いを頂いてしまったという。

Oh,なんという時間差。
この情報化社会において、情報の遅延はビジネスチャンスを逃す要因になるという噂の一端が、垣間見えた気分です。
というわけでして、
次、またボート誘ってくださいm(__)m。よろしくお願いします。
あと、マイボートとか免許不要のエンジンとかメンテナンスとか、色々知りたいこともあるので、ご教授願いますm(__)m

29歳になった事と、記事の内容とで、趣旨が違うような感じですが、これまた毎度の事というわけで。

| | コメント (0)

フクロウとか白鳥とか

本日、免許の更新に行ってまいりました。
平日はどうしても時間とれないので、やむを得ず本日、という次第です。

幕張の免許センターに行ってきたんですが、朝早くに出たつもりでも、人一杯。
AM08:00に到着したのですが、
最初に更新用の書類もらって、証紙買って張って、視力検査の列にならんで……
で、視力検査が終わったのがAM9:15くらい。
その後、講習受けておしまいです。
ちなみに、講習のビデオは、わりとスリリングで良い感じがします。
最後に免許もらっておしまいです。

そんなわけで、休日に免許更新する方々、どんなに早めに行っても、どのみち並びます。
平日に行くか、さもなくば、あきらめて並びましょう┐(´ー`)┌

ところで本日、運動がてら、散歩に出かけました。
浦安から猫実川を下って、てくてく歩きます。
ちなみに、浦安のあたりの猫実川は、小川じゃなくて汚川です。
ネズミが泳いでるのを見たことがあります。家庭排水とか流れ込んでて、つーんと嫌な臭い。
でも下流に行くたびに、じわじわと浄化されるようです。
次第に水鳥が多くなってきます。
そして今日、行徳のあたりまで進んだとき、白鳥を目撃しました。
1_130
恥ずかしがり屋さんなので、顔しか見せてくれません。
拡大してみましょう。
2_104
ほら白鳥。

しかし、何でこんなところに白鳥がいるんだろう、と思ったら、
その先に、行徳の野鳥公園があったのでした。納得。
散歩コースとしては素敵な道です。
そのうえ、色々と鳥がいて素敵です。
鳶とか、隼とか、鷹とかもいました。
そして、首がうぃぃん的に動く、フクロウもいました。
3_88
フクロウという鳥は、わりと好きです。
でも、クチバシと爪が、半端じゃなく鋭いうえに、犬猫と同じレベルで考えては飼育できそうにありません。
そりゃそうか。

というわけで、そのうちまた、この近辺を調査してみたいと思います。

| | コメント (0)

ダッタンソバを育てる

確定申告の書類、一応、たった今計算終わりましたです。
あとは印刷とか、帳簿一式印刷とか。
というわけで、たぶん大丈夫なんじゃないかと思います。

そして、そんな厳しい、息詰まる確定申告の合間を塗って、ささやかなストレス発散。
それはこれだ!!

1_129
いや、静岡茶じゃありません。
中身空っぽの、茶筒です。

これはいわゆる、ダッタンソバの栽培ポッドであります。
中には、コットンを敷き、水を含ませ、種をたっぷり蒔いときました。
蒔いたのは1月末ね。

2_103
はいこれ、一月末の状況。
そして、ついさっき撮影したのが、これ。

3_87
発芽してますねえ。
いいねえ、うんうん。
温度が20度前後だと成長が早いようです。

まあその、あれです。
忙しい時には、ある程度の現実逃避も必要ですよと。
誰もが簡単にできる、ソバ栽培でした。

| | コメント (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »