« 大晦日にK-1を見てた訳ですが | トップページ | ものすごい電車の乗り方 »

硫黄島からの手紙を観た

話題の映画、「硫黄島からの手紙」を見てきました。
ちなみに、「父親たちの星条旗」の方は未見です。ううう。

で、硫黄島からの手紙、素直に、素晴らしいと思いました。

どの辺が素晴らしいかというとですね。

これ、クリント・イーストウッド監督作品ですよね。
つまり、米国の人が日本人の物語を、日本人の視点で撮影したって事です。
しかも、よくある勘違い日本人文化の映像化なんかじゃない、真に迫った日本人視点の映像です。

ここで逆に考えてみましょう。

日本人監督が、パールハーバーやミッドウェイやガダルカナルの辺りの攻防戦を、米国人の視点で、しかも勘違い文化の映像化なんかじゃなくて、真に迫った米国人視点の映像を撮るのと同じくらい凄いことです。

いやー、そりゃ無理でしょう。

つまり、それくらい素晴らしいと思ったわけです。はい。

硫黄島の攻防戦云々については、私から特に申し上げることは無いんですけれど、とにかく、そういう意味では、とても素晴らしい映画です。
ぜひ観ましょう。

|

« 大晦日にK-1を見てた訳ですが | トップページ | ものすごい電車の乗り方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大晦日にK-1を見てた訳ですが | トップページ | ものすごい電車の乗り方 »