« パイナップル完了 | トップページ | 渋滞に泣かされつつ千葉ポートタワーに赴いた »

自家栽培のパイナップルを頂く

ここしばらく、実ったパイナップルを食うのが勿体なくて、飾ってました。
でも、悪くなって食べれなくなるといやなので、年越しするまえに、とうとう食べることにしました。
というわけで、栽培してから3年。
ついに、念願の自家製パイナップル。
今、そのお味を……

1_123
まな板のパイナップル。
立派なクラウンです。
でもこれ以上、栽培する予定は無いので、ばっさり切り落とします。
勿体ないけれど、切り落とします。
ああ、このブログの文面が、最後のパイナップルの姿なのよね。

2_99
ばっさり。
ううう。
とうとう切ってしまった。
で、切ったら切ったで、香りがすごく良いのです。

3_84
真っ二つにしてみました。
紛れもなくパイナップルです。
サイズは市販品より小さいけれど。

4_75
で、パイナップルを切ったら、ウロコみたいなところの凹んでる中から、種がでてきました。
ごま粒っぽいの。
本邦初公開、ていうか、見たことある人ってかなり少ないんじゃないでしょうか?
これがパイナップルの種ですよ。

なお、この撮影の直後、種を落として紛失……。
ま、いいか。

5_70
で、こんな感じで食いました。
味は、市販品のパイナップルと、ほとんどいっしょ。
うまいので、ほとんど一気に食べてしまいました。
三年越しの夢が、これでかないました。

夢は、粘って努力して堪えることでかなうんですな。
来年もよい年を過ごせそうです。

|

« パイナップル完了 | トップページ | 渋滞に泣かされつつ千葉ポートタワーに赴いた »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パイナップル完了 | トップページ | 渋滞に泣かされつつ千葉ポートタワーに赴いた »