« コリドラス コチィ | トップページ | ますます黄色くなるパイナップル »

火事

昨日、非常にショッキングな事がありました。
今、働いている所の、一緒に仕事している方の家の隣が火事になり、
その炎で、壁面が一部延焼、一部穴があいた状態になったそうです。
で、消火のための放水により、室内水浸し。

住宅密集地という事情ゆえ、一軒の火事が周辺に影響を及ぼしてしまうという。

火事ってのは、自宅の注意はできても、隣家の火元の注意まではできませんから、こういう事態になると手も足も出ないです。
しかも、この年の瀬の時期に。
不幸中の幸いだったのは、けが人が一人もいなかったということ。
それと、もう一つ気になるのは、保険とか保障とか、損害賠償とか、その辺の問題です。
というわけで、調べてみたところ、火事に関する事情は、だいたいこんな感じです。

・隣家の火災の延焼による損害は、隣家の方が重大な過失が無い限り、賠償責任はない。

参考URL
http://allabout.co.jp/finance/accidentinsurance/closeup/CU20051212A/

なんで!?
と思って良く見てみると、これは明治23年にできた法律がそのまま使われてるようです。
日本の場合は木造家屋が多く、火事を起こしたら延焼はかなりの確率で起きる。
で、賠償するとなると、個人の能力には限界がある、それ故に火事の場合は賠償責任は無いっていう理屈のようです。

ところで、それは重大な過失が無い限り、という前置きがついてます。

じゃあ重大な過失ってなんなんだというと、例えば、
・天ぷら料理の際に、場所を離れて安全管理を怠った
・寝たばこが原因での火事
・電熱器具とか、ストーブとか、つけっぱなしで寝て、それが原因で火事

とか、ようするに、やらなきゃ火事にならなかったはずの事をやっちまった、というのが原因だった場合だそうです。

ところで、隣家の火災による延焼の場合、火災保険に入っていれば、保険金はおりるはず。
なので、持ち家の人は火災保険には入りましょう。
ローンで購入してる場合は、まず間違いなく入ってるはずなので、大丈夫と言えると思います。

当面は会社の社宅を借りれるっぽいので、後で作業の手伝いに出かけようと思ってます。

ここを見てる皆様、隣家の火元までは管理できません。
でもせめて自宅の火元は、可能な限り気をつけて管理しましょう。

|

« コリドラス コチィ | トップページ | ますます黄色くなるパイナップル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コリドラス コチィ | トップページ | ますます黄色くなるパイナップル »