« 釣果ダイジェスト | トップページ | クレソンが成長してきた »

マゴチ泳がせ釣りの餌取りはイカ

一日寝て、疲れが取れたところです。
マゴチを狙って釣れんかった…。
まあ先週、釣れたから良いっちゃ良いんですが。

そういや昨日は、心の余裕がなかったと言うか、洋上で、ずーっと集中して竿先眺めていたから、写真撮るの、ほとんど忘れてたんだなあ。
釣れるなら、忘れてしまえ ホトトギス。
む、なんか違う。

昨日は、ええ、もう、絵に描いたようなマゴチ泳がせ釣りで行きました。
基本戦略、こんな感じです。

・まず、普通のキス釣り仕掛けで、ピンギスまたはハゼ等、8cm未満くらいの小魚を釣る
・それが元気な状態で、マゴチ仕掛けにつけて泳がせる。
・そしてマゴチを釣る。
・さらに、ついでにイカも釣れるよう、イカもつれる孫針っぽいのが付いた仕掛けも投入

この時期、キスは大小ふくめて浅瀬に接近しているようです。
ていうか、深いところじゃ全然釣れません。
岩場付近ではカワハギ類が釣れるようですが、今回は完全にカワハギは無視して、マゴチ狙いで攻略してたのです。

で。

洋上にて、キス仕掛けを一投。
20秒でアタリあり。
釣れたのは元気なピンギス!
これをマゴチ仕掛けにつけて投下。
あとはマゴチのアタリを待つ……。
その間、暇な時間は、生き餌(キスとかメゴチとかハゼとか)集めに精を出す。

なんですけど、アタリが一向に来ないなあ。
もしやキスが逃げた?
そう思って仕掛けをあげてみると、立派なイカの歯形。
イカだ、イカがいる。
先週は、イカが水面まで餌を追いかけてきたので網で掬えたけれど、そこまで餌に執着するイカもあまり多くないわけで、たいていは餌だけ齧って逃げてしまうわけです。
いや、んなことはわかってるんですが、どうしてイカも釣れる仕掛けまで、針にかからずエサだけ食って行かれるか!?
沸き上がる不信感。この仕掛け、大丈夫? いや俺の腕が悪いのだ。

とにかく、齧られた餌には、イカもマゴチも食いつきません。
仕方がないので次の餌をつけて投下。

ちなみにキスは、この日一日中、ほぼ入れ食状態でした。メゴチも多数。

それにしても、本命のアタリが来ないよう。
仕方がない、場所を移動しようと思って仕掛けをあげる。
ついでにキスしかけも引き上げようと思って引っ張ってる途中。
ガクンと強いアタリ。
おおう、と思ってリールを巻き上げる。すると、糸の向こうで水面に何か魚が跳ねた!
あれはスズキ?
なんと、キスしかけにスズキ、のちっこい奴だから、セイゴかフッコか。そいつが食いついてきたのでした。
つまりジャリメを食ったスズキ。普通は食わんよね? 知らんけど。
で。

1_86
かっこいい魚だなあ。
これがこの日、最大の魚になろうとは。

ちなみに、似たようなパターンで、
2_77
わりと立派なサイズのイワシも釣れた。

で、そんなやりとりが一日中続いてしまったのでした。
つまり、
・泳がせ仕掛け投入
・でもイカに齧られて餌交換
の繰り返し。

ええい、イカめ、食うなら釣られろ、釣るなら食えという格言を知らんのか!
知らん。そんな格言あるわきゃない。
とにかく、イカが邪魔でマゴチ釣れんのでした。
イカも釣れるはずの仕掛けも、相変わらず。やっぱり餌だけ食われます。
役に立たんぞイカ仕掛け。いや自分の腕が悪いだけか。
しかし何とか、せめて餌取りの顔くらいは拝んでやりたい……
そう思って、終盤間際、釣れないマゴチ仕掛けを引き上げてみると。
何か、魚と違う物体が、餌のキスに抱きついてのぼってきた。

これは前回と同じパターン!

で、さっそく網で掬ってみると……。
3_68
こいつだったのでした。

4_60
サイズはこんな感じですが。
とにかく、富浦湾の場合のマゴチ釣りのエサ取りは、こいつです。

そんなわけで、結局、一日中、釣れない日だったなあ……。
と思って、成績をまな板に並べてみたわけですが。
5_55

けっこう釣れてるじゃん。
しかし、これですら貧果に思えるから、マゴチの魅力というかマゴチの呪い、恐るべし。
100匹のキスより1匹のマゴチか。

ちなみに、小さくてリリースしたキス、メゴチ等は、この写真の2倍以上おります。
むきー、次こそは、次こそは!
次は、イカ釣りをもっと勉強して挑むか。
場合によっては、完全イカ狙いでいくか。

イカって美味しいよね。

|

« 釣果ダイジェスト | トップページ | クレソンが成長してきた »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 釣果ダイジェスト | トップページ | クレソンが成長してきた »