« 浜離宮恩賜公園をゆく | トップページ | 白いカレーを食べてみた »

浜離宮から水上バスで浅草へ行く

で、前回の続き。
浜離宮から水上バスに乗り込んだんですけれど、水上バス乗り場の桟橋からも、水面が見えるわけです。当然。
で、魚の群れが泳いでるんですよねえ。
ボラです。ボラ。
臭いから嫌ってんで、誰も釣らないんですよ。
かくいう自分、一度、九十九里のどっかの港の近くで、30cmくらいのボラを釣り上げた経験があるんですよね。
で、臭い臭い言うから、どんなもんかと思ったけれど、その時のやつは全然臭いがしなかったんです。
近所のおばちゃんが、「え~、そんなんもって帰るつもり!?」と言ってたけれど、臭くないんだからいいじゃん。
で、もって帰って三枚におろして食べたら、まあこれが美味いってのなんの。
釣り場によるってことですかね。

1_74
で、水上バスから望む大都会の景色。
風がお肌に心地よいなあ。
海水、黒いなあ。
富浦あたりに行くと綺麗なのにねえ。
いつかこの辺りの海も、綺麗になることを心から願います。

2_67
行く手には、レインボーブリッジが見えてきましたです。
この橋は素敵な景観で、かなり好き。
というわけで、↓↓の写真は、クリックすると、大きくなります。
3_59
じつはこの橋、私が元いた会社の親会社が作っておりました。
ほんとだよ。

4_51
それからしばらく船に揺られて、次第に浅草も近くなってまいりました。
橋の下から、橋桁を撮影すると、こんな感じです。
どーでもいいけど、水上バスとはいえ、船に揺られていると、ほんのり眠くなってきちゃうんですよねえ。
ボート釣りの時は眠くならないのにねえ。

5_49
さて、浅草の水上バス乗り場に近づいてまいりました。
ほどよく眠かった水上の旅も、これにて終了。
で、水上バスで浅草といえば、これ。
いわゆるあれです。
みる人によって、いろいろなイメージを思い浮かべるであろうこのオブジェ。

私の場合、文句なしに、うん○を思い浮かべます。
黄金の、う○こ。
いやー、誰だって○んこを思い浮かべるでしょう。
黄金の、う○こを頭上に抱きつつ仕事をしているアサヒビール社員の思いや如何。

6_36
で、結局この日は、浅草をぶらぶら歩き回って、家に帰りましたとさ。
たまには狩猟以外の行事があったっていいよね。

|

« 浜離宮恩賜公園をゆく | トップページ | 白いカレーを食べてみた »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浜離宮恩賜公園をゆく | トップページ | 白いカレーを食べてみた »