« マゴチが釣れたぞダイジェスト | トップページ | マゴチのグラビア »

念願のマゴチが釣れた!の巻

いやー、やりましたよ。
マゴチ釣れちゃったよ。憎いねちきしょー。
刺身も、あら汁も、美味いよこんちきしょー。
夢というか、今年の目標が達成できましたちきしょー。
というわけで、今年はもう終わってもいいです。明日から来年です。なんのこっちゃ。
そんな喜びの物語が、今回のお話。
マゴチが釣れた状況もあわせて、詳しいレポートといきましょう。

で、先日、いつもの富浦湾にボート釣りに出かけた次第なんです。
太平洋の南に台風14号があるようですが、富浦湾じゃ、どこ吹く風。
遠い海での悪天候も、富浦湾には対して悪影響は無し。
素敵ゾーンである富浦でのボート釣りと言えば、基本はシロギス狙い。
キスと言えば天ぷらだけれど、から揚げでも美味なことを発見して以来、我が家ではキスから揚げは主力調理の一つであります。
というわけで、いつもはキスをたくさん釣る事を狙ってるわけですが、今日は目標を別の物に絞ってみたんですよね。

だってシロギス、もうトータルで300匹は捌いてるから……。

で、今回は、竿3本で攻めてみました。
1本目、仕掛けは普通に店で売ってる、キス用仕掛け。重りは5号、片テンビン。餌はジャリメね。
餌のつけ方は、ネットで調べればいろいろ出てくるけれど、ほぼそのまんまです。特に工夫してるわけじゃないです。はい。

2本目と3本目の竿は、コチ、ヒラメ用テンビン。重り10号がテンビンにくっついてる奴です。
仕掛けは、孫針付きのマゴチ、ヒラメ用仕掛け。針17号。でかいやつですな。
これらは両方、置き竿にしとくものであります。
バケジャコと、冷凍キビナゴという餌を買ってきてまして、片方にキビナゴ、もう片方にバケジャコを付けてみました。
バケジャコはともかく、キビナゴの仕掛けの方には例外なく大物がかかってきます。
ちなみにキビナゴによる釣果は、アナゴが最も多いようです。

1_83
今日も海は綺麗ですねえ。心洗われます。
ついでに体も洗いたいところですが、あいにく海水浴シーズンは終わってます。残念。

で、この日、最初はナムヤという方面に行きました。
春先から初夏にかけては、でかいキスがいっぱい釣れた方面です。
しかしこの日は、わりと不発。
釣れたのは、ヒメジ20cmくらいのと、ニシキベラ25cmくらい。
あと、40cmはあろうかという、でっかいオキエソ。
ちなみにオキエソは、キビナゴの仕掛けに食いついてきました。
アナゴの次に実績のある奴です。
逃がそうかと思ったんですが、船にあがるなり息絶えそうだったので、料理すべく持って帰ることにしました。

ちなみに、マゴチ仕掛けの竿ですが、どうやってセッティングしてるかというと。
まず仕掛けをまっすぐ落とします。
海底に重りがついたら、まず糸を張り、ついでリールを3回ほど巻きます。
これで重りが、海底から50cmほど浮いた状態になります。
次にリールのドラグをゆるゆるにして、置いとくわけです。
何かがかかったら、糸が、びーっ、と引っ張られていくはず。
この時、ドラグを締めて、大きくあわせるという次第です。

で、あまり釣れんので、次に移動したのが、大房岬のすぐそばです。
ここは真夏のとある日、カワハギやアナゴが大量に釣れた実績がある場所なんですが……
潮の流れ、早すぎでした。
どのくらい早いかっていうと、真下に落としたはずの仕掛けが、5~10メートルは流されちゃうの。
この日は大潮だったというのが原因と思うんですが、ええい、釣りにくい、タナ取りにくいじゃないか。
キス仕掛けの方は、ちっこい鯛が釣れまくる。で、釣れたそばから逃がしまくる。だってちっこいんだもん。
で、小鯛の猛攻と格闘しているその時。
バケジャコを付けて落としていたマゴチ用の竿が、ぐぐっと曲がった! ドラグが鳴った!
おお、と思って合わせてみると、びんびん暴れる何かがいる。
でもエソに比べたら軽い!
でも元気!
釣れあがったのが、22cmくらいの立派なカサゴ!
いやー嬉しい。これくらいのサイズのカサゴって、西友で売ってるの見かけたことあるんですが、900円くらいしてたんですよ。
根魚って高いね。

でも、大房岬の脇でも、これくらいしか釣れなかったのでした。
で、ここ最近、浅瀬の方でキスが釣れてるようなので、そっちに移動。
まあ今日も、エソ釣れておしまいというパターンか。
そう思って浅瀬で再び竿を出しまた……。
が、ここからが本日のクライマックスだったのでした。

キス仕掛けは、投げれば30秒くらいでアタリあり。釣れる魚は、いわゆるピンギス。ちっこいキスですね。
それにときどき、サビハゼとメゴチが混じるという次第。
この時点で、キビナゴとバケジャコが底を尽き、ジャリメはまだ半分がのこっているという状況。
ピンギスがけっこう釣れたもんで、しからばピンギスで泳がせ釣りをしてみてはどうかと、ふと思い立ったわけです。
で、キスを針につけて投入。セッティング方法は↑に書いた通りです。
投入してから、数分後。
いきなり、強烈なドラグの鳴り音!!
エソとかが引っ張るような感じとは全然違う。
真下に垂らしていた糸がですね、真横に波たてて突っ走ったという感じ。
こいつは何!?
と思って、反射的に網を手元によせておき、リールのドラグを締め、これまた反射的にカウントを脳内でダウンさせ。
20秒数えたその瞬間、思い切り合わせてみると、ああ、なんか重いのがついてる。
引っ張れ引っ張れ、がんばれ俺。
ああ、なんか重いのが左右に暴れてる。
引っ張れ引っ張れ、がんばれ俺。
そいつが水面に見えてきた、ああ、巨大なメゴチっぽい。
メゴチがあんなに巨大なわけない。
網用意!
と思ったら、巨大な何かが暴れた!
で、なんとなく自分からボートに飛び込んでくるような格好になった!
2_74
ぐおお、マゴチだ!
44cmのマゴチだ!
高級食材のマゴチだ!
今年の目標のマゴチだ!
おおお。
思わず絶叫してしまった。

「マゴチきたー!」

その後、風が強烈に吹いてきて、ちょっと大変な事態になったりしましたが、どうにか落ち着いてきました。
そこで、ハゼつけて泳がせ釣りしていた時、ハゼにスミイカが食ってきたんですね。
針掛かりはしてなかったので、一度は逃げ出したスミイカなんですが、どうもハゼに未練があったようで、再びボートに接近してきたんです。
それを網ですくってみたりしました。
3_65

といったところで、本日の釣り終了。
結果は……

5_53
マゴチ1
オキエソ1
カサゴ1
スミイカ1
イイダコ2
ベラ1
ヒメジ1
シロギス6

6_39
マゴチの大きさ、44cmです。
100円ライターを置いてみましたんで、サイズは見てのとおりであります。

で。

この日、同じボートのお客さんの中で、私のホームページご覧になられたという方がいらっしゃいました。
大変失礼ですが、お名前、失念してしまいました。申し訳ないm(_ _)m
氷を頂いたりして、大変ありがとうございました。
この場を借りてお礼申し上げます。

|

« マゴチが釣れたぞダイジェスト | トップページ | マゴチのグラビア »

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マゴチが釣れたぞダイジェスト | トップページ | マゴチのグラビア »