« カワハギを求めて、またしてもボート釣り | トップページ | アボカドチップを食べてみた »

困ったもんだ、な話

日曜、月曜、火曜あたりは、どうしても台所に、ある種の残飯が発生します。
魚の頭とか骨とかウロコとかワタとかetc……
これ臭いんですよね。
臭いもんには蓋をしろと言いますので、なんとかしてビニール袋2枚重ね、もしくは三枚重ねにして、ゴミの日まで隔離しておくんですが、やっぱり臭いが出てきちゃうんですよね。
おまけにショウジョウバエが発生しはじめて、鬱陶しいのいやーん状態になりがちです。

ショウジョウバエをいかにして撃退するか?
台所ゆえ、殺虫剤はあまり撒きたくないし。
ゴミをとっとと捨てるのがベストですが、ゴミの日を待ってる間にも、ショウジョウバエは発生しはじめます。
この期間、ハエ退治に全力を注ぐことも珍しくありません。

で、いままで試した方法をいくつか。

ショウジョウバエをこの手で撃破する。
この手は、大変です。狙いをつけるのが難しいです。とった! と思ったら逃がしていたという場合が多いです。多すぎます。その代わり、撃破時の喜びはひときわです。

トラップを用意する。
ハエ取り棒など、粘着系のトラップを使うと、それなりに効果がでます。気付いたある日、ちっこいハエが、粘着棒にくっついてるという次第です。しかし効果が出るまで、多少の時間がかかります。おまけに邪魔です。人間がまちがってくっついてしまうこともしばしばです。

殺虫剤を噴射する。
効果抜群ですが、臭いがいやだし、台所で噴射するのはどうかと思います。

こうしてみると、どの手段も一長一短で、完璧な決め手が無いですねえ。
そんなわけで、今日も、この手でショウジョウバエ撃破をする日々であった。

|

« カワハギを求めて、またしてもボート釣り | トップページ | アボカドチップを食べてみた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワハギを求めて、またしてもボート釣り | トップページ | アボカドチップを食べてみた »