« 富浦でボート釣り8.19 | トップページ | 日焼けが痛い件について »

江戸川の川沿いでガサゴソ

江戸川沿いを歩く時というのは、たいてい、アナジャコ釣りに行くときだったりします。
でも、たまには散歩するのもよかろうと思って、先週、てくてく歩いてきました。
というわけで、本日は、少々前の話だったりします。

江戸川放水路というのは、ハゼ釣りの釣り舟屋さんがずらりと並んでいて、ハゼ釣りの名所というかメッカというか、そんな感な場所というのをひしひしと感じることができるんです。
ちなみにハゼと言えば天ぷら、南蛮漬け、から揚げといった感じで、ひじょーに美味しい魚だったりします。
しかも数釣れるし、子供でも楽々釣れるので、釣りの入門としては最適なんです。

かくいう自分も、初めて釣りに行ったときは……
あ、ハゼ釣りじゃなくて、サビキでイワシ釣りだった。
そのすぐ後、アイナメ狙いしたりしてるんで、入門編をすっ飛ばしているんだな。

そんなことは、まあいいや。
その日は、東西線の鉄橋の辺りから江戸川の土手に行ってみて、上流の方に歩いて行ったわけです。
川沿いには、ざわざわと草が生えております。
1_69
くさいきれ。
臭い布。
違う、草いきれ。
まさにそんな表現にふさわしい、草の回廊。
しかし、立ち止まって見ると、なんとなく、風が吹いてないのにガサゴソと音がしてるような気がします。
いや、気じゃないよ。
何かが草の間で、ほんとうにガサゴソしてるよ。
しかもこの一帯、全部で。

2_62
で、よく見てみると、カニだった。
写真中央付近にいるやつ。
大きさ5cmくらい。
すごいたくさんいる。
3_56
ほらほら、真ん中。

どうやらカニは、とても目が良いらしく、こっちが動かなければ向こうも逃げない。
こっちが動くと、向こうも動く。
捕まえようとしたけれど、無理でしたねえ。
草の合間をぬうようにして逃げるんだもん。

なんだか、動物奇想天外とかでみる、どっか南の島のカニ大発生の様子みたいな景色が、江戸川放水路の川沿いで繰り広げられていると、そういうレポートでした。

|

« 富浦でボート釣り8.19 | トップページ | 日焼けが痛い件について »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 富浦でボート釣り8.19 | トップページ | 日焼けが痛い件について »